2020年01月07日

ゴーンの逃走劇から見える世界情勢

かつて、日産の軍事技術を取り込むためにロスチャイルドが送り込んだエージェントが、カルロス・ゴーンだった。それを阻止するためにアメリカのネオコン勢力が反撃をしたのが、2018年の逮捕と社長交代だ。(2019年には代わった西川社長も辞任したが)

そのゴーンの巧妙な映画顔負けの逃走劇は、単独で出来るものではない。「私は今レバノンにいる」と公表できるだけの後ろ盾を得たと考えてよい。8日にはゴーン本人の会見が開かれる。その前にゴーンをめぐる世界情勢について仮説を提示してみたい。

にほんブログ村 政治ブログへ

◆ゴーンは日本の司法がCIA・ネオコンの強力な勢力下にあることを知っている

以下をこちらより引用。(少々長いですが)

私の依頼人カルロス・ゴーン氏は、2019年12月29日、保釈条件を無視して、日本を密出国した。同月30日付けワシントン・ポストによると彼は次の声明を出した:
私はいまレバノンにいる。もう日本の八百長司法制度の人質ではない。そこでは有罪の推定が行われ、差別がまかり通り、そして基本的な人権は否定される。これらは日本が遵守する義務を負っている国際法や条約に基づく義務をあからさまに無視するものである。私は正義から逃れたのではない。私は不正義と政治的迫害から逃れたのである。私はようやくメディアと自由にコミュニケートできるようになった。来週から始めるのを楽しみにしている。

彼が日本の司法制度についてこうした批判を口にしたのは今回が初めてではない。東京拘置所に拘禁されているときから、彼は日本のシステムについて様々な疑問を懐き続けた。彼は日本の司法修習生よりも遥かに法律家的なセンスのある質問をいつもしてきた。

「そんなことで公正な裁判(a fair trial)は期待できるんだろうか?」

彼はなんどもこの同じ質問をした。そのつど私は日本の実務について、自分の経験に基づいて説明した。憲法や法律の条文と現実との乖離についても話した。

「・・・残念ながら、この国では刑事被告人にとって公正な裁判など期待することはできない。裁判官は独立した司法官ではない。官僚組織の一部だ。日本のメディアは検察庁の広報機関に過ぎない。しかし、多くの日本人はそのことに気がついていない。あなたもそうだ。20年間日本の巨大企業の経営者として働いていながら、日本の司法の実態について何も知らなかったでしょ。」

「考えもしなかった。」

「逮捕されたら、すぐに保釈金を積んで釈放されると思っていた?」

「もちろん、そうだ。」

「英米でもヨーロッパでもそれが当たり前だ。20日間も拘束されるなんてテロリストぐらいでしょう。でもこの国は違う。テロリストも盗人も政治家もカリスマ経営者も、みんな逮捕されたら、23日間拘禁されて、毎日5時間も6時間も、ときには夜通しで、弁護人の立ち会いもなしに尋問を受け続ける。罪を自白しなかったら、そのあとも延々と拘禁され続ける。誰もその実態を知らない。みんな日本は人権が保障された文明国だと思い込んでいる。」

「・・・公正な裁判は期待できないな。」

「それは期待できない。しかし、無罪判決の可能性は大いにある。私が扱ったどの事件と比較しても、この事件の有罪の証拠は薄い。検察が無理して訴追したことは明らかだ。われわれは他の弁護士の何倍もの数の無罪判決を獲得している。弘中さんも河津さんも、著名なホワイト・カラー・クライムの裁判で無罪を獲得している。だからわれわれを信頼してほしい。必ず結果を出してみせる。」

私は思っていることを正直に伝えた。彼は納得してくれたように見えた。

しかし、手続きが進むにつれて、彼の疑問や不安は膨らんでいったようだ。一向に進まない証拠開示、証拠の一部を削除したり、開示の方法に細々とした制限を課してくる検察、弁護人に対しては証拠の目的外使用を禁じる一方で、やりたい放題の検察リーク、弁護人の詳細な予定主張を真面目に取り上げないメディア、「公訴棄却申し立て」の審理を後回しにしようとする公判裁判所、いつまでも決まらない公判日程、嫌がらせのようにつきまとい続ける探偵業者などなど。彼は苛立ちの表情を見せながら私に質問してきた。しかし、徐々に質問の頻度は減っていった。

とりわけ、妻キャロルさんとの接触禁止という、国際人権規約に違反することが明白な保釈条件が、どんなに手を尽くしても解除されないことに、彼は絶望を感じていた。

「これは刑罰じゃないか。一体いつになったらノーマルな家族生活を送ることができるんだ。」

この正当な問いに私はきちんと答えることができなかった。「努力する」としか言えなかった。

弁護人の事務所で弁護人立ち会いのうえでわずか1時間Zoomでキャロルさんと会話することすら認めないという裁判官の決定を知らせたとき、彼は力なく「オーケー」というだけだった。怒りの表情すらなかった。

それが12月初旬のことだった。

クリスマス・イブの昼下がり、島田一裁判官が1ヶ月ぶりに認めた妻との1時間のビデオ面会に私は立ち会った。二人はお互いの子どもたち、親兄弟姉妹その他の親族や友人、知人ひとりひとりの近況や思い出話を続けた。話題が尽きない。そろそろ制限時間の1時間が経とうとするとき、彼はノート・パソコンの画面に向かって言った。

「君との関係は、子供や友人では置き換えることはできない。君はかけがえのない存在だ。愛してるよ、Habibi。」

私は、日本の司法制度への絶望をこのときほど強く感じたことはない。ほとんど殺意に近いものを感じた。

「カルロス、とても申し訳ない。本当に日本の制度は恥ずかしい。一刻も早くこの状況を改善するために私は全力を尽くすよ。」

返事はなかった。彼は私の存在などないかのように、次の予定を秘書と確認していた。

その1週間後、大晦日の朝、私はニュースで彼がレバノンに向けて密出国したことを知った。まず激しい怒りの感情がこみ上げた。裏切られたという思いである。しかし、彼がこの国の司法によって扱われてきたことを思い返すと、怒りの感情は別の方向へ向かった。実際のところ、私の中ではまだ何一つ整理できていない。が、一つだけ言えるのは、彼がこの1年あまりの間に見てきた日本の司法とそれを取り巻く環境を考えると、この密出国を「暴挙」「裏切り」「犯罪」と言って全否定することはできないということである。彼と同じことをできる被告人はほとんどいないだろう。しかし、彼と同じ財力、人脈そして行動力がある人が同じ経験をしたなら、同じことをしようとする、少なくともそれを考えるだろうことは想像に難くない。

それは、しかし、言うまでもなく、この国で刑事司法に携わることを生業としている私にとっては、自己否定的な考えである。寂しく残念な結論である。もっと違う結論があるべきである。

確かに私は裏切られた。しかし、裏切ったのはカルロス・ゴーンではない。

*これは私の個人的な意見であり、弁護団の意見ではありません。

ゴーンは、日本の司法制度のおかしさを世界に向けて発信しようとしている。日本の司法は「人種差別」だと言っている。なぜ同じことやって、日本人社長は無罪放免なのか(司法取引により不起訴)。また、自分自身を逮捕した東京地検特捜部がCIA・ネオコン勢力の強力な支配下にあることも、すでに知っていよう。この監視下からの脱出を目論んでいたに違いない。

 

◆ゴーンを受け入れたトルコは脱米親露

トルコはNATO最大の軍事基地が置かれている国家だが2017年、エルドアン大統領がロシア製の最新鋭ミサイルS400を購入。これによりNATO諸国とりわけアメリカとの関係が悪化。昨年末にトランプはトルコを新型F35戦闘機の開発事業から除外する経済制裁に署名するなど、あからさまにトルコを敵視し始めている。

そんな親ロのスタンスに立つトルコに日本から脱出したゴーンは降り立ち、その後レバノンへ飛んだ。ゴーンが搭乗していたプライベートジェットを受入れ、巧みに入国出国手続きを済ませられたのは、新ロ勢力のエージェントだろう。ゴーンを逮捕したのがネオコン勢力ならば、決して国外へ出さないはずだからだ。

 

◆ロスチャは新勢力に取り込まれた

かつてはロスチャのエージェントとして送り込まれたゴーンだが、そのロスチャは今や完全に力を失っている。ルノーのご当地フランスでのデモ、イギリスのEU離脱など欧州でも脱金貸しの潮流は拡大の途を止めない。そんな中、ゴーンを出国させる手筈を整えられる可能性は極めて小さい。また逃走先がトルコ→レバノンなのも、それを意味している。

ゴーンはロスチャよりも強力な後ろ盾を得たと考えられる。

 

◆ロシアら新勢力がルノー・三菱・日産を狙うか

現在も日産の株式の半数近く(43.4%:2018年11月)はルノーが保有している。そのルノーも今やロスチャ勢力の影が薄れている。そんなルノー・三菱・日産を一気に取り込める機会を狙っているのがプーチンら新勢力なのではないか。ゴーンの会見を通じて日本の司法と検察→CIAのつながりを暴き、あるいはそれをチラつかせて旧勢力の動きを封じつつ。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2020/01/9577.html/trackback


Comment



Comment


*