2020年12月03日

トランプ「これは私が今までしたスピーチで最も重要だ」

「これは私が今までしたスピーチで最も重要だ」

そう言ってスピーチを始めたのは、トランプ大統領だ。

(さらに…)

奥の院、革命勢力とコロナ6 ~家畜化か? それとも覚醒か?~

コロナ騒動の背後、奥の院の狙い
奥の院、革命勢力とコロナ
奥の院、革命勢力とコロナ2 ~帝国・国家の解体~
奥の院、革命勢力とコロナ3 ~どこまで破壊するのか?~
奥の院、革命勢力とコロナ4 〜産業群をどうする?~
奥の院、革命勢力とコロナ5 ~反支配・反権力・反市場~
の続きです

コロナ騒動を世界革命の一環と考えた場合、奥の院は最終的に何を狙っているのか? (さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-11-29 | Posted in 06.経済破局の行方No Comments » 

鎖国の狙いは、商業勢力の力を削ぐことにあった?~戦国時代、商業勢力の国際的なネットワーク~

ヨーロッパ列強は大航海の時代に南米大陸に次いでインド・東アジアに進出する、それに伴って東アジアは争乱の時代に突入していくが、鎖国はそれに対応して国内外の情勢を冷静に抑えたうえで実施された政策である。教科書ではあたかもキリスト教対策をその主要な狙いとして挙げているが、教科書はその奥にあった国内外の情勢変化を捨象していると言わざるを得ない。

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-11-27 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

お金第一に代わる新たな価値観(観念)の登場へ

このコロナ騒動も、大統領選挙のバイデン勝利の報道(大統領就任は来年1月。選挙もまだ終わていない)も、NYダウの異常な高騰も、全てはグローバリズムによる大国支配から、民族自決による小国の独立とBIの世界への布石。

おそらくは80年代の東京バブルの頃から、奥の院もロスチャ等金融寡頭勢力も、中央銀行制度の限界を察していたに違いない。(故にバブル経済と呼ばれる実態とかけ離れた架空経済が手を付けられないほどに肥大した)

(さらに…)

民族派が作りつつある世界

米大統領選が面白い。(選挙人の投票は12月14日、大統領の正式発表は1月6日。まだ選挙中だ。)
バイデンが大統領と言っているのはマスコミだけ。いままでの選挙はマスコミがそういえば、そうなった。今回はそうなっていない。マスコミ報道に関わらず、アメリカの半数以上のトランプ支持者が確信しているからだ・・・。

トランプと米軍が、民主党の不正・マスコミの動き、全てを予測して仕掛けた罠という可能性が高い。
民主党の不正投票を暴くためのトランプによるおとり捜査・証拠集め  (さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-11-23 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造, 06.経済破局の行方No Comments » 

ロスチャが恐れているのは、「銀行システム自体」を失うことでは

金利の低下、投機市場の行き詰まり中で、ロスチャは収益源を失ってきたが、さらに国家紙幣が発行されることで、牙城の中央銀行自体を失うことになっていく。

その中で、ロスチャは抵抗することなく、むしろコロナをあおりベーシックインカム→国家紙幣の、奥の院の動きに積極的に加担しているように見える。

中銀を失うこと以上にロスチャが恐れているのは何か。もちろん、ロスチャは金主=奥の院に頭が上がらないという事情もある。加えて、銀行システム自体は死守したいという焦りから、奥の院の言いなりになっているのではないか。

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-11-19 | Posted in 06.経済破局の行方No Comments » 

「鎖国」とは武器と傭兵輸出の禁止令でもあった 

日本は海外の門戸を閉ざしていたがゆえに近代化に立ち遅れ、開国によって近代化を果たしたかのような理解が一般的である。

そのような中で、今日、グローバリズムを考えるうえで、江戸時代に行われた対外貿易制限(俗にいう鎖国)はどのような内外の情勢判断に基づいて行われたかを理解することは今後の日本の進むべき方向を考えるうえでも重要だとわれる。

■海を渡った日本人傭兵部隊
16世紀末から17世紀にかけて数多くの日本人が海外に渡っていった。その数は東南アジアを中心に約10万人に上る。その中の相当数が海外で傭兵となって活躍していた。
彼らはポルトガル・スペインの奴隷貿易によるものもいるが、自ら志願して(売り込んで)傭兵となったものも数多い。時代は秀吉から徳川への転換期で、戦場を糧にしていた者達の居場所が少なくなっていた頃だ。以下幾つかの具体例を挙げる。
・ポルトガルによって占領されたインドの当時の最大都市ゴアの要塞では、特に勇敢で好戦的ということで、度々襲ってくる原住民と戦う傭兵として多くの日本人が戦闘を行っていた。ゴアは一時期白人より日本人が多く居住するような状況であったという。
・1603年にはスペイン人数名が日本人傭兵400人を引き連れて、フィリピンにおける支那人1500人以上の暴動の鎮圧に成功し、さらに支那人への攻撃を続けている。
・シャム(タイ)では、国王の傭兵として山田長政の率いる日本人800人がスペインを撃退している。
(さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-11-18 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

奥の院、革命勢力とコロナ5 ~反支配・反権力・反市場~

コロナ騒動の背後、奥の院の狙い
奥の院、革命勢力とコロナ
奥の院、革命勢力とコロナ 2 ~帝国・国家の解体~
奥の院、革命勢力とコロナ3 ~どこまで破壊するのか?~
奥の院、革命勢力とコロナ4 〜産業群をどうする?~

・・・の続きです。
奥の院・・・元海賊にして、反支配・反権力。コロナ騒動の背後、奥の院の狙い
現代の力の頂点・世界の支配勢力の頂点にいるはずの勢力が、反支配にして、反権力。この不整合感・・・。 (さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-11-15 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

混迷の米大統領選、異様な株価の上昇、コロナ感染者の急増~我々は革命の入口にいる

マスコミはこぞってアメリカ大統領選挙が終わり、バイデン勝利のような報道をしているが、実はまだ決着はついていない。そして不正選挙の疑いが極めて濃厚な中、トランプは次なる動きに移っている。

2020大統領選は、民主党の不正投票を暴くためのトランプによるおとり捜査・証拠集め

選挙のミステリーは続く : アメリカ大統領選は「州ではなく郡ごとに見るとトランプ得票率が圧倒」

一方、バイデン勝利という既成事実に乗っかり、様々な事態が急速に動き出した。

(さらに…)

日本経済が優位になる時代

コロナ後の(混乱期を経た後の)世界経済はどうなるのか、以下、「週刊事実報道」275号より転載です。

新型コロナ以後の時代について新自由主義やグローバル資本主義にかわる新たな価値観が登場すると予測するエコノミストは少なくない。「2000年代に入り加速した、株主の近視眼的な利益だけを過度に重視する「新自由主義・グローバル資本主義」が大きな転換点を迎え、中長期的により持続性が高い、従業員や顧客、取引先、地域社会、地球環境、将来世代など様々な側面にバランスよく目配りをした「ステークホルダー(利害関係者)資本主義」が主流になると考えている」。こう予測するのは、大和総研チーフエコノミスト熊谷亮丸氏だ。

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-11-12 | Posted in 06.経済破局の行方No Comments »