2020年09月25日

日本を支配しているのは日本人ではない 2 ~朝鮮の支配階級が幾層にも逃れてきた~

日本を支配しているのは日本人ではない の続きです。

明治維新はロスチャイルドを元に、朝鮮人部落の田布施、南朝派の公家・水戸藩などの合作。
明治維新の裏側「ロスチャイルドと田布施の関係」
市場論・国家論19.明治維新と日本の闇勢力

★では、明治維新とその後の政治家(岸家や佐藤家、小泉家)を輩出した田布施村というのはどのように形成されたのか?

【田布施システム】朝鮮系に乗っ取られた日本の裏歴史! より以下引用します。
■岸家、佐藤家の秘密

奈良平安の頃から瀬戸内海沿岸は朝鮮半島から渡ってきた人たちが多数移り住んできた土地なので、彼らの集落があっても別段珍しいことではないのです。彼らは皆、陶工であったり、刀鍛冶であったり、特殊技能を持った職人の集団として活躍していました。
ですから、彼らは自らの出自を恥じてはいませんし、地名や家名に半島の名残りを示す名や縁のようなものを残しています。
(中略)
半島から渡ってきた人たちが名前をつける場合、例えば、金さんであれば、金田など、わりとわかりやすい日本名をつけます。

ところが、岸家も佐藤家もそういった半島らしさがありません。ですから、多くの人は「朝鮮系の人たちが多く住む田布施」と言われてもピンとこないのです。しかし、それは私たちが日本の歴史と半島の歴史をしっかり理解していないからです。

まず、近代の半島を語る上で李氏朝鮮を理解しないといけません。李氏朝鮮は1392年から高麗の武将、李成桂が興した王朝で、中国冊封体制の下、王朝内で多くの内紛が起こっていました。いまの韓国を見ていてもわかると思いますが、選挙で負けた大統領は罪に問われてほとんどが監獄に放り込まれています。李氏朝鮮王朝時代はさらにそれが徹底されており、内紛で負けた派閥は殺されたのです。

とはいえ、負けたほうも黙って手をこまねいているわけではありません。当然、逃亡を図るわけで、そのほとんどが海を渡って日本へと逃げてきていたのです。

勘のいい方ならもうおわかりですよね。彼ら政争に負けた朝鮮の人々は日本の瀬戸内海沿岸まで逃げてひとつの集落を作っていったのです。田布施はそういった町の一つでした。

そして、岸家も佐藤家も地位の高い両班(李氏朝鮮における貴族階級)であり、もっと言えば、岸家は李氏王朝の血を引く一族で、その証拠が「岸」という家名なのです。

岸と李氏のなにが関係しているのか?

たぶん、皆さんは不思議に思うでしょう。しかし、李=岸なのです。
(中略)

200px-Nobusuke_Kishiそうです。李という文字はキとシの文字から成立しており、だから「キシ」=「岸」なのです。

岸家は李氏朝鮮を興した李氏に直接つながる王家の一族だった可能性が極めて高いのです。

どうですか? 多くの朝鮮集落が存在する瀬戸内で田布施だけが特別なのは、こういう理由だからです。

これは佐藤家もそうです。佐藤の佐は補佐の佐を意味します。藤は藤の花の藤ではなく、朝鮮語で舟を意味する藤になります。佐藤家の祖先は李氏朝鮮時代の海軍の将軍補佐のような役目をしており、佐藤とは舟の補佐という役職を表す家名だったのです。

実はこれが田布施システムの大元になっているのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
引用以上

注目するのは、半島での激しい政争に敗れた支配層が、古代以降も日本にやってきていたという点。李氏朝鮮は1392年から1910年まで500年以上存続するが、その間激しい派閥抗争と、中国の王朝が変わる度に屈辱的な服属劇を繰り広げている。

ウィキより リンク
>李氏朝鮮は成立から併合されるまで、政治的な派閥抗争が常に絶えなかった。
>妥協がないために政権交代は対立する派閥に関する虚偽の謀反誣告を受けた王による粛清か権力を握った派閥による粛清という形が多く、多くの獄事が起こった。このように、反対派の芽ごと摘んでしまう士禍を繰り返した朝鮮王朝の政治を「朋党政治」という。

日本の古代において、天皇制は古代に流入してきた百済系の朝鮮族が握った。
古代朝鮮からの侵略部族が、一貫して日本を支配してきた
天皇制国家の源流3~朝鮮半島発の支配階級はどのようにして入ってきたのか?~

その後も政争の度に朝鮮半島から何度も支配階級が逃れてきていたということを示している。
とりわけ後世に逃れてきた人達ほど、中国(大国)への属国意識と宮廷での政争、両班=庶民に対する支配意識の強さを合わせ持っていることを想像させる。次回この李氏朝鮮の状況と朝鮮支配層の意識構造について扱いたい。

by Hirhosi

  投稿者 nihon | 2020-09-25 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

市場論・国家論14.戦後の東西冷戦を作り出したロックフェラーの世界主義と共産主義

米大統領選が近づき米中の攻防が激しくなる中、ニューヨークダウの値動きも激しくなってきています。

また、再びコロナ感染者数の拡大が報じられるなど、きな臭さがますます増してきているように感じます。

引き続きるいネットより、奥の院の起源と支配の歴史を投稿します。

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-09-24 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造No Comments » 

日本は最小限の経済混乱で新経済体制へ移行か

安倍が首相辞任を発表した8月28日。実はに政府からはもう一つ重要な発表がなされていた。それは、新型コロナウィルスにおけるこれまでの対策を見直すというものだ。その中で注目されるのは、感染症法における新型コロナ対策の運用の見直しである。

(さらに…)

日本を支配しているのは日本人ではない

今後数年で大転換期を迎える。日本人が真に独立し、自主管理体制を構築しようと考えるなら、現在の支配構造を掴んだ上で、その総括の上に、新たな体制を築く必要があると考える。

歴史的に日本を支配してきたのは、日本人ではない。 (さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-09-22 | Posted in 04.日本の政治構造, 05.染脳国家日本No Comments » 

トランプの米中分離・・・鎖国政策に向かう世界

トランプ米大統領は9月7日の記者会見で、中国と経済面で「デカップリング(切り離し)」を進めた方が米国が被る損失は少ないとの見解を表明。トランプは米中分離を進めているが、再選されれば、さらに強力にすすめるという。米国は、既存のアメリカ中心の国際ネットワークから中国を徹底的に除外していくつもり。しかし、中国はユーラシアを取り込んで大きなネットワークを構築しつつある。

★市場拡大のラストリゾートを失う欧米資本 (さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-09-18 | Posted in 06.経済破局の行方No Comments » 

安倍の逮捕寸前の辞任劇

9月7日。アストラゼネカが治験中のコロナウィルスワクチンに副作用が出たため、治験中止を発表した。この発表を受けて、アストラゼネカに1億2千回分の発注をしていた日本政府は9月8日、6714億円のワクチン確保予算を閣議決定した。なぜなら、この発注は「副作用が出た場合は日本政府が責任を負う」という契約で結んでいるからだ。

この閣議決定をもみ消すように、またもや芸能人が麻薬疑惑で逮捕された。国民に知られては都合が悪い事実は、このようなスキャンダルによって無かったことにするのが、政府とマスコミの常套手段だ。

(さらに…)

世界規模の企業倒産。ドル・中銀崩壊から新秩序移行への序章

8日に内閣府が発表した4~6月期のGDPは前期比−7.9%、年率換算値で−28.1%。3四半期連続のマイナス成長となっている。

また、厚生労働省は東京都内の有効求人倍率が0.97倍となり、7年2ケ月ぶりに1.0を割ったと発表。

(さらに…)

市場論・国家論13.1次・2次世界大戦(欧州編)~1・2次大戦はロックフェラーによるロスチャイルド潰しの謀略

先日一時NYダウ1000ドル超下落があり、いいよいよ次なる株式暴落が始まったかと思わされました。フランスでのコロナ感染者急拡大の報道などもあり、奥の院の作戦の第2弾発動も近いように思われます。引き続きるいネットより、奥の院の起源と支配の歴史を投稿します。

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-09-08 | Posted in 06.経済破局の行方No Comments » 

マスコミの大転換

今日の日曜日も、都内は自粛しているせいか、電車はガラガラ、人が少なくていい。これもマスコミがコロナを煽ってくれているから。各地の観光地もガラガラ。
なにより有り難いのが、やかましい外人や中国人の観光客などの大群が消え失せたこと。

それから、台風10号が九州に近づき、NHKなんかはそればっかやっている。そういえば、マスコミはやたら危機を煽る報道が増えてきたように思える。 (さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-09-06 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

市場経済破壊後の、社会・産業構造とは? ~力の原理と国家の消滅から創造競争へ~

人類最大の危機は、人工物質と環境破壊。それを防ぐためには、それを引き起こしている市場経済・グローバル経済を破壊・縮小する必要がある。
そのために、コロナ騒動を通してグローバル経済を封鎖し、経済を麻痺させているのが現在。
コロナ騒動の背後、奥の院の狙い

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2020-09-04 | Posted in 06.経済破局の行方No Comments »