2007年02月18日

六カ国協議の本質は問題の先送り

chinenews050726.jpg
ようやく混迷していた六カ国協議の合意が行われたが、その中身は?

にほんブログ村 政治ブログへ


以下株式日記と経済展望より引用

昨日の六カ国協議の合意はとんでもないもので北朝鮮が原子炉を運転したり止めたりし脅かしながら重油などをせしめる事に合意したものだ。重油なら金を出せばいくらでも買えるのに北朝鮮には金がない。北朝鮮はもはや核兵器を開発するという脅ししかない。
北朝鮮がこのような脅しをかけるのも、アメリカにはもはや武力で打って出る恐れがないと足元を見ているからですが、背後では中国が北朝鮮を煽ってアメリカを揺さぶっているのだ。六カ国協議の構図としては中露北韓と日米の対立が見えるのですが、アメリカが弱気になって重油100万トンに合意してしまった。日本はもちろんこの話には乗れない。
(中略)
91年のソ連の崩壊で北朝鮮を援助する国は中国だけとなり、中国も生かさず殺さずといった最低限度の援助しかやっていない。ロシアも中国も援助してくれないとなると北朝鮮としては西側の国から援助をもらうことを考え出した。
(中略)
今回の六カ国協議の本質は先送りであり、曖昧な合意内容は誰も守ろうとはしないだろう。むしろ重油などの援助をちらつかせながら、ぬらりくらりと六カ国会談を続けながら北朝鮮を揺さぶって、どのようにレジュームチェンジさせるか考えるべきだろう。重油の援助をちらつかせないと北朝鮮は会談に出てこないからだ。

過保護にされた子供が自己中を増大させていく姿とダブって見える
駄々をこねる子供の扱いに、周りの国々が手を焼いている
日本としては「援助は行わない」を貫徹する方針のようだが、ほっといてはドンドン自己中がはびこるだけだ
自己中を無くすためにはみんな(世界)で規範を作って「自己中は人類の敵」「自己中は許さない」という圧力をかけていくしかない
日本は傍観している場合でなく、それぞれの思惑で動いている国々を率先してまとめていく必要があるのではないか
↓↓↓ランキングUPにご協力お願いします

List    投稿者 tamio | 2007-02-18 | Posted in 10.日本の時事問題3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/02/194.html/trackback


コメント3件

 さち | 2007.04.03 20:45

>米国は現地時間の4月6日未明にイランに対する「外科手術的攻撃」を開始することを決定した模様とロシアのマスコミが相次いで報道。
・・・4月6日って、明後日じゃないですか?!!
のほほんと、お花見している場合じゃない!!
確かに、最近のアメリカの行動をみると、焦っているのがわかりますね。

 hermes handbags new zealand | 2014.02.02 7:25

hermes bags glasgow 日本を守るのに右も左もない | イラン開戦 間近か!①

 mbt schuhe shop basel | 2014.02.22 7:31

mbt shoes for kids 日本を守るのに右も左もない | イラン開戦 間近か!①

Comment



Comment


*