2021年02月25日

プーチン「ロスチャイルドが支配する米ドルからの完全な独立」を2021年2月13日発表

ワシントンDCでは議事堂で2月23日、画像のような状況にあった。地下トンネル等のDS地下施設が爆破されたのではないか、との見方が強い。またなぜか国旗が半旗になっているのも何かを意味していると考えられる。

アメリカでDSの掃討が継続されている一方、プーチンはロシア国内で「ロスチャ支配からの完全な独立」を発表。金貸し勢力との決着が近い。

にほんブログ村 政治ブログへ

以下、こちらより引用します。

 

見出し画像

プーチンは「ロスチャイルドが支配する」米ドルからの完全な独立を2021年2月13日発表

このニュースについての声明で、プーチン氏は、自国がロスチャイルド銀行カルテルと新世界秩序の「氷のグリップ」からようやく解放されたと述べました。

2年前、プーチン大統領は、ヤコブ・ロスチャイルドと新世界秩序銀行カルテルが、”いかなる状況下でも “ロシア領土で活動することを禁止しました。

現在、プーチン大統領は選挙の成功を受けて、グローバル化が進む世界でロシアの主権を保証するために、ロシア経済を米ドルの危険な独占状態から「解放」し続けることを誓っています。

プーチン氏は就任後、ロシア議会で演説し、世界的な銀行カルテルとロスチャイルドの世界的な資金提供組織からの「完全な独立」を表明することが、将来の世代への「最大の贈り物」になるだろうと述べた。

“私たちはかつてはナイーブに振る舞っていたが、今ではWTO(世界貿易機関)のルールがあまりにも頻繁に破られ、政治的な理由で制限が課されていることを目の当たりにしている。さらに、そのような制限は、自分たちの好きな競争上の優位性を確保するためにますます多く課せられている」とプーチン氏は述べた。

彼は、世界貿易の原則を破って、ブランドの新しい “制約 “は、世界が米国ドルの独占が多くの地域のために脅かすことを確認させると述べた。

ロシアの指導者によると、国の主権を守るためには脱ドルを原則として推進する必要があるという。

ロスチャイルドが支配する米ドル
プーチン氏は代替通貨を求めてはいないが、彼はどのような通貨も準世界通貨になることに反対していると考えられており、特にロスチャイルドの国際通貨基金やWTOに押されている場合には反対している。

“プーチンは昨年のイベントで、人事や幹部に「我々の未来の世代は、それがなければ生まれてこない」と語った。

“我々の未来の世代は、手首と足首にロスチャイルドの鎖がなくても生まれてくるだろう。

「これは我々が提供できる最高のプレゼントだ」と語った。

ロシアのアレクセイ・クドリン財務大臣も同様に講演し、ロスチャイルド家を国外に追いやったプーチンの功績を称賛しました。

“彼らはすぐには出て行かない」とクドリンは述べた。

“しかし、我々はそれが可能であることを示した。

“あなたの子供や孫に伝えることができる最大の伝統は、現金やその他の物質的なものではなく、むしろ奴隷からの解放の伝統である」と述べた。

旧ソビエト共和国の全債務を世界の中央銀行に最後の支払いをすることで、ロシアは新世界秩序の銀行システムの圧迫的な支配から完全に自由になった最初の国となりました。

ロスチャイルド銀行は、ロシア経済の首に縄をかけていたと理解されている。

結び目が締め付けられると、経済は苦戦して窒息してしまいます。

国際通貨基金(IMF)と世界銀行は、1944 年に設立されて以来、世界の金融界の主要な担い手となってきた。

これらの国際的な銀行組織は、悪名高いロスチャイルド一族によって独立して管理されており、まず各国に金融部門の統制を解除するよう圧力をかけ、民間銀行が経済を略奪することを許可します。

政府が規制緩和された金融部門を救済せざるを得なくなると、IMFや世界銀行は、中央銀行や財務大臣によって秘密裏に構成された融資パッケージを作成し、国家主権を弱体化させ、従業員や家族、環境にダメージを与える緊縮政策を採用するように要求します。

この策略にいち早く気づいたのはロシアだった。

実際、彼らは貨幣の自立に向けて懸命に努力し、その後、ロスチャイルドが経営する銀行を国から追い出すプロセスを終えている。

プーチンの計画
プーチンは大統領就任当初、ロシアを社会的、精神的、経済的に統一することを優先した。彼は、実際にロスチャイルド、ヘンリー・キッシンジャー、アーサー・ハートマンをオープン・ロシア財団の理事にしていたロスチャイルド支持の寡頭家ミハイル・ホドルコフスキーの逮捕を命じた。

昨年、プーチンは、ロスチャイルドとグローバリストの銀行家を “首の後ろから掴んで、ロシアの裏口から追い出す “ことで対処していると内閣に進言しました。

“彼らは世界を所有していないし、何をしてもいいという独断的な権限もない

“彼らに挑戦しなければ 他にも問題があるだろう “我々は彼らにいじめられない”

>>真偽不明・・・中央銀行についての記事はあるが・・・

ここ数日間モスクワでロスチャとロックフェ支援の暴動があり混乱中です。

 

またロシア国内では、公共放送を通じて、コロナを仕掛けた真犯人がビル・ゲイツであることを放送した。

 

世界は今、とてつもないスピードで転換している。

 

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2021/02/11528.html/trackback


Comment



Comment


*