2007年05月19日

アメリカの先棒を担ぐ朝日

%E6%9C%9D%E6%97%A5%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB.jpg
かつて、朝日新聞は親米保守の自民党を批判することで、大衆の味方であり反米であるとイメージされていた。現在でもそう思っている人は多いだろう。しかし今や、事実は逆である。マスコミ各社の中で最もアメリカべったりなのが、朝日新聞とテレビ朝日なのではないか。

にほんブログ村 政治ブログへ


「直言極言」(田英夫とジャーナリストの会)の第19号「日米同盟の呪縛を解き放とう」によれば、

朝日新聞コラムニスト、船橋洋一氏の1面を使った米軍再編への全面的な旗振り報道には驚かされた。あれは朝日新聞の見解なのか? 最近の船橋氏はまるで国務省の代弁者のような筆致だ。米軍再編に対する日本政府の優柔不断が日米同盟を危うくしていると言わんばかりだ。

象徴的なシーンが8月の「朝まで生テレビ」(テレビ朝日)であった。「日米同盟は本当に必要か」というタイトル。沖縄の米軍ヘリ墜落を受けての番組で、パネリストは糸数慶子(無所属・参議院議員)、岡崎久彦 (岡崎研究所所長)、姜尚中(東京大学教授)、小林よしのり(漫画家)、田岡俊次(軍事ジャーナリスト)、長島昭久(民主党・衆議院議員)、宮崎哲弥(評論家)、村田晃嗣(同志社大学助教授)らだった。パネリストの間では日米同盟があたかも既定の前提といった感じで、姜尚中氏も同調していた。「中国も安保条約は認めている」
沖縄選出の糸数慶子氏だけは一人「私は日米同盟に反対です」と発言した。これに対し司会の田原総一朗氏が「えっ、反対なの。それじゃあ、安保条約にも反対、自衛隊は憲法違反というわけね」といった調子で畳み掛けて、まるで彼女一人が「異星人」のような雰囲気にされた。日米同盟に異を唱えることが「話にならない時代遅れの少数派」として、村八分にされる空気が充満している。

「JANJAN~朝日新聞よ、どこに行こうとするのか?」によれば、

朝日新聞の憲法記念日の社説「地球貢献国家をめざそう」(5月3日付・若宮敬文論説主幹)には共感できません。 同紙の社説(1面)で若宮氏は朝日新聞を代表して次のように書きます。
 「『戦争放棄』の第9条を持つ日本の憲法は、そのための貴重な資産だ。だから変えない。これも私たちの結論だ。/ただし、準憲法的な『平和安全保障基本法』を設けて自衛隊をきちんと位置づけ、『専守防衛』『非核』『文民統制』などの大原則を書き込んではどうか。憲法の条文から自衛隊が読み取れないという『溝』を埋めるための工夫である。/国連主導の平和構築活動には、一般の軍隊と異なる自衛隊の特性を守りながら、より積極的に加わっていくことも、基本法にうたうのがよい
ただし書きの部分が私には共感できないのです。

↑国連主導がアメリカ主導を意味していることは言うまでもない。

さて、朝日新聞は憲法記念の日に上記のような社説を掲げたのですが、同時に「『社説21 提言・日本の新戦略』として、一挙に21本の社説を掲げ」ました。そして、自画自賛するのです。「新聞を開いた読者は驚かれることだろう。8ページにわたって社説を並べたのは前代未聞の試みだ。新聞がもつ言論の役割を深く自覚したい。そんな決意の表れと受け止めていただきたい」(同紙、5月3日付社説)と。  しかし、その「社説21」の4つの柱の3番目の柱「憲法9条と平和・安全保障」の1ページ1段分を使った大見出しは、「日米同盟を使いこなす。しなやかな発想」。その大見出しのもとに日米安保を「使いこなす」3つの社説を掲げて恥を知らないのです。

喜八ログ~テレビ朝日の世論誘導疑惑」によれば、

『テレビ朝日』さん、「サンデープロジェクト」において関岡英之氏の指摘を妄想呼ばわりしましたね?そして米国公文書「年次改革要望書」の存在も事実上否定しましたね。あの放送映像は今見返しても腹が立つ限りです。訂正放送をしていないって事は捏造と同じですよ。
『朝日新聞』さん、「ジャーナリスト再々宣言」したあなた様は郵政解散総選挙を手放しで礼賛しましたね?過去の縮刷版を今読み返すと、「よくもまあ、あそこまで書けるな」とつくづく思いますよ。

朝日は決して「大衆の味方」ではない。日本の国益をアメリカに売り渡して恥じない、それが朝日の実態なのではないか。
(本郷)

List    投稿者 hongou | 2007-05-19 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配2 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/05/263.html/trackback


コメント2件

 2310 | 2007.06.27 12:28

「郵政民営化反対か否か。」
ちなみに、ワンフレーズを提唱したのは、電通の自民党プロジェクトチームだそうです。
電通も同じ孔の狢でしょう。

 hermes handbags italy | 2014.02.01 22:08

hermes uk rubbish 日本を守るのに右も左もない | 2005年の衆議院選挙(小泉選挙)を振り返る

Comment



Comment


*