2008年02月02日

「どうする?マスコミ支配14」 第一権力化したマスコミ~政治家の叫び『貧乏人は麦を食え!』『ばかやろう!』~

%E7%84%A1%E9%A1%8C.bmp%E5%90%89%E7%94%B0%E8%8C%82.bmp
池田勇人        吉田茂
るいネット 「政治家からマスコミへの権力移行の流れ」より政治家がまだ第一権力者であった時代の暴言を紹介します。特に有名なのが、池田勇人国務大臣の『貧乏人は麦を食え!』と吉田茂首相の『ばかやろう』の暴言ではないでしょうか!今も政治家の 【力】 の象徴として紹介されたりします。
本当 もしくは具体的にどのように発言したのか?と知りたくなったので国会議事録を調べてみました
続きの前にいつものポチっと宜しく :D

にほんブログ村 政治ブログへ


池田勇人大臣【貧乏人は麦を食え】
第009回国会 予算委員会 第9号 昭和二十五年十二月七日(木曜日)

○国務大臣(池田勇人君) 御承知の通りに戰争前は、米一〇〇に対しまして麦は六四%ぐらいの。パーセンテージであります。それが今は米一〇〇に対して小麦は九五、大麦は八五ということになつております。そうして日本の国民全体の、上から下と言つては何でございますが、大所得者も小所得者も同じような米麦の比率でやつております。これは完全な統制であります。私は所得に応じて、所得の少い人は麦を多く食う、所得の多い人は米を食うというような、経済の原則に副つたほうへ持つて行きたいというのが、私の念願であります。

労農党の木村喜八郎が、消費者米価の引き上げについて議論を挑んだ折に、池田勇人は上記のような答弁を行いました。池田勇人自身も、日頃は麦を食べていたようで、特別に貧乏人を差別するというつもりではなかったようです。池田勇人にすれば当たり前の感覚としての発言だったのしょう。ところが木村喜八郎は次の広川農相に質問する折りに、池田勇人の答弁主旨を所得の多い者は米を、所得の少ないも者は麦を食えと説明したあとに、「お百姓さんは昔のように稗でも粟でも食え」という語を口にし、あたかも池田勇人がそのような言を吐いたかのような調子で質問を続けたようです。この言葉が「貧乏人は麦を食え」という有名な言葉に転じていったようです。その背景には池田勇人に対するメディア側の反発があったようです。実際には池田は一言も「貧乏人は麦を食え」とは言っていなかった!
これも木村喜八郎の巧妙な質問テクニックによって、池田勇人は“血も涙もない非情な大蔵大臣”というレッテルを貼られたことになりました。「戦後政治家暴言録」(著者:保阪正康)参照
これって今のマスコミのやり方そのものですね。しかし、非常な大蔵大臣というレッテルは貼られたが、退陣させられなかった。今だったらすぐ終わりですが、この当時は政治家>マスコミだったことの現れでしょう。
次は、
吉田茂首相【ばかやろう】

第015回国会 予算委員会 第31号 昭和二十八年二月二十八日(土曜日)

○吉田国務大臣 ただいまの私の答弁は、日本の総理大臣として御答弁いたしたのであります。私は確信するのであります。
○西村(榮)委員 総理大臣は興奮しない方がよろしい。別に興奮する必要はないじやないか。
  (吉田国務大臣無礼なことを言うな)と呼ぶ)
何が無礼だ。
  (吉田国務大臣「無礼じやないか」と呼ぶ)
質問しているのに何が無礼だ。君の言うことが無礼だ。国際情勢の見通しについて、イギリス、チャーチルの言説を引用しないで、翻訳した言葉を述べずに、日本の総理大臣として答弁しなさいということが何が無礼だ。答弁できないのか、君は……。
  (吉田国務大臣「ばかやろう」と呼ぶ)
何がばかやろうだ。ばかやろうとは何事だ。これを取消さない限りは、私はお聞きしない。議員をつかまえて、国民の代表をつかまえて、ばかやろうとは何事だ。取消しなさい。私はきようは静かに言説を聞いている。何を私の言うことに興奮する必要がある。
○吉田国務大臣 ……私の言葉は不穏当でありましたから、はつきり取消します。
○西村(榮)委員 年七十過ぎて、一国の総理大臣たるものが取消された上からは、私は追究しません。しかしながら意見が対立したからというて、議員をばかやろうとか、無礼だとか議員の発言に対して無礼だとかばかやろうとかと言うことは、東條内閣以上のフアツシヨ的思想があるからだ。静かに答弁しなさい。(以下略)

以上国会議事録からの引用ですか、実際の議事録においては不規則発言の「無礼」と「ばかやろう」は「―――」と伏字表示となっています。
この発言を契機に、最終的には「ばかやろう解散」と命名され、衆議院解散にふみきったようです。このときの総選挙では、吉田茂を支える自由党は第一党の地位を維持したものの、過半数を割って199人の当選者を出したにすぎなかったようです。よって少数与党で吉田は第五次内閣を発足させることになり、吉田の政治力は急速に落ちていき、鳩山を盛り立てる勢力にしだいに追いつめられていくことになっていくようです。
『バカヤロー』と大声で叫んだのかと思いきや、そうではなかったようですね。さすがに...しかし、議事録を読むと、若造の西村の生意気さが、吉田茂を苛立たせたのは、ある意味当たり前のようにも思えるが...いずれにせよ、解散までしたが、第一党の地位が維持できたことは、やはり政治家>マスコミの関係になっていたことの現われですね。
よく耳にする暴言ですが、実際はかなりニュアンスが違い、マスコミによって未だに曲がって伝えられていることがよく分かりました。
by 復讐の叫び

List    投稿者 gabor | 2008-02-02 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配6 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2008/02/613.html/trackback


コメント6件

 がんばれ城内実(きうちみのる) | 2008.05.15 21:07

「城内みのる 村上正邦」動画

「YouTube」の城内実さん・村上正邦さん対談動画を紹介します。
「城内みのる 村上正邦 (1/4)」
「城内みのる 村上正邦 (2/4)」
「城…

 たぬき | 2008.05.16 18:45

本郷さんの記事いつも楽しみにしています。
反中プロパガンダとのことですが、たしかにそういう動きはあるかもしれませんが、多くの日本人や世界の人はチベット人への弾圧に怒りを覚えているんだと思います。
わたしも中国に一時期いましたが、中国における反日ファシズムは日本の比ではありません(あまり日本人には知られていませんが・・)。正直、子供時代からの洗脳を考えたとき、日中友好はありえないなと思いました。日本における反中プロパガンダは支持しません。ただ、中国における反日教育は絶対やめるべきだと考えますし、反日を政治的に利用することを支持しません。もう少し、未来志向でできないものか?と思いますが共産党一党支配の間は期待できないと思います。

 ao6 | 2008.05.16 23:38

>たぬき
2chやネットにしがみついていると世の中は反中国一辺倒に思えるだろうが
殆どの日本人はチベットにも中国にも興味なんて無い
中国もそう、中国で一度でもいやな思いをすると
中国人は皆反日だと思えるだろうが
殆どの中国人にとって反日は単なる建前で
それほど反日に執念なんか持っていない
現在の中共は大雑把にいうと胡錦濤派と旧江沢民派に別れている
胡錦濤は反日政策ではない
反日政策にこだわっているのは江沢民派の連中だ
だから日本は胡錦濤を出来るだけ支えなければいけない
だからと言って日中は別にベタベタする必要はない
クールで覚めた関係を続ければそれで良いのだ
お互いの利益だけを考えて付き合えばいい
いずれにしろ中国の反日も日本の反中も
それを裏からメディアを使って煽っている勢力が居る事を
お忘れなく

 にほん民族解放戦線^o^ | 2008.05.17 0:36

五輪聖火リレー妨害、チベット問題をどう見るのか(政治的意図で紛争を創りだすNED)

世界中が反中国キャンペーンの花盛りである。
個人的には、ダライ・ラマは映画を見に行ったしDVDを持っているくらいである。この状況下で北京五輪を公式に支持…

 本郷猛 | 2008.05.18 0:43

たぬきさん、ao6さん、コメントありがとうございます。
私も、ao6さんの見方に同意です。
私の知人(中国在住の日本人)によれば、中国内での日本に対する意識は全体としては親日であり、決して日本を敵視したり特別視したりするものではないようです。確かに、戦争体験のある高齢者は反日感情をもっている方が3割程度はいるようですが、中年層は学校教育の中で反日を教えられている割には反日感情はあまりないそうです。
学生にいたっては殆ど親日ではないか、とのことです。
一方の日本の庶民も、マスコミのプロパガンダにはそれほど踊らされてはいないように感じています。これが3年前の郵政選挙の時と大きな違いです。いずれ記事として投稿するつもりですが・・・
ao6さんがおっしゃるように、マスコミを操る勢力、どのように操っているのか?それが問題です。これも近いうちに記事として投稿しますから、お楽しみに。

 mbt outlet | 2014.02.22 5:22

best mbt shoes cheap 日本を守るのに右も左もない | 朝日が扇動する、露骨な反中プロパガンダの狙いは?

Comment



Comment


*