2016年05月27日

日本には究極の“なりすまし”がいる、・・・天皇一派

まず以下の文章を読んで見てください。そして誰が当てはまるのかよく考えて欲しい。

内部から日本を侵食するなりすまし  (リンク  より)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本人にはひとつの大きな美点がある。とても大きな美点だ。

それは「身内」「仲間」「会社」「社会」「国」という共同体と密接に協調し、引き立て、信じるという点である。・・・日本人は、時には自己犠牲すらも伴う信じ方をする。自分の利益よりも組織の利益を優先するような希有な行動を自然にできる資質を持っている。・・・

しかし、その特質は逆に言えば、大きな弱点を抱えることにもなっていく。
それは、「内部の裏切り」に非常に脆いということである。
あるいは、「トップの裏切り」にも危険なまでに脆い。
・・・・・
「なりすまし」の人間がそこに入ると、組織を守るという意思が働いて、危険な「なりすまし」の人間を取り込んでしまうのである。
その「なりすまし」が実は最初から裏切り者だという点は意図的に考えないようにする。

それが「なりすまし」の手法である。
(さらに…)

  投稿者 nihon | 2016-05-27 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

活力を無くす現代日本・・・今と昔と。

街を歩いていて、お年寄りが増えたなあと思う一方、だんだん元気がなくなってきているようにも思います。

>『毎日がつまらない』と肩を落とす中年男性が72%、そのほとんどが『どちらかというと守り』=変わることへの不可能視。
リンクより

>最近では「仕方なく生きてる」若者が増えていると聞きます。
1990年代の「自分探し」から、2000年代の「やりたいことが見つからない」という意識潮流から時を経て、現代では「仕方なく生きてる」という、若者がまるでゾンビ化しているようです。
リンクより

・・・では、活力のある人のイメージって!?

●田中角栄の活力
まず思い出したのが、角さん。最近田中角栄の人気が復活しています。
今の政治家にないものがあるし、日本の政治家の中でも突出して活力に溢れていたのではないでしょうか?
彼の活力源は?
d5069-252-827134-4

 

 

人々との対話、特に地元でのカアチャンやジイさんとの対話は、実に楽しそうにやっていたらしい。
彼の活力源は、人々の期待(特に地元)に応えること。
・・・それに応えて列島改造論や地方への新幹線を創ったのでしょう。日本のエネルギー自給・中国外交などの独自路線も民族の存続を考えてのことでしょう。
(そのために米金貸しに潰された。)

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2016-05-19 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配, 12.現代意識潮流No Comments » 

日露対話は今、復活しつつある

先日の日露首脳会談は、途切れた日露関係を復活へ導くものになるのでしょうか。

日露関係は、これまでアメリカの圧力で途切れたままでしたが、ロシアのメディアが、その関係が復活の兆しを見せていると報じています。

(さらに…)

今やアメリカはロシアに攻撃されてもおかしくない状況~プーチンによる世界の共認形成が進行中~

オバマのシリアに対する外交政策の失敗で、アメリカの歯車が狂いだしています。

プーチンは、ISISをシリアから追い出すために米軍に対してロシア軍に加わるよう招き入れる一方で、シリアで活動しているアメリカの悪者を暴いています。

こうした状況から、米議会はオバマがプーチンの政略に負けていることも知り、さらにはロシアに攻撃されてもおかしくない状況であることを知りました。

しかしオバマも米議会も、軍事力ではアメリカがロシアに勝てないことは認識しているのです。彼らはプーチンの圧力から逃亡する準備をしているようです。

(さらに…)