2010年06月17日

菅政権を無理やり支持するマスコミにだまされるな!


画像はこちらからお借りしました。
民主党政権が鳩山から菅へ交代した。
今回の政変劇については本ブログでも様々な分析を試みているところだが、政変劇に伴い注目すべき点のひとつにに、あれほど鳩山を批判してたマスコミが、手のひらを返したかのように菅を支持していることがあげられる。
例えば、米軍普天間問題について、菅は日米合意を踏まえて対応するとしてるが、あれほど批判していたマスコミは、この事をほとんど問題視していない。
そもそも首相は菅に代わったとはいえ、主要閣僚はほとんど変わっていないし、そもそも菅自身が鳩山内閣の主要ポストにいたにもかかわらず、かれへの責任は一切ないとでもいうのか?
つづきを読む前に応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 政治ブログへ


極めつけは、菅政権への後新閣僚発表後に行われた大手マスコミによる支持率調査だ。
菅政権を支持すると答えた人の割合は6割強と、鳩山政権末期から4割以上も上昇している。(時事通信のみ4割)
大手マスコミ菅政権の支持率調査結果
()内は鳩山政権時代(5月)からの変動

共同通信 61.5% (+42.4%)
毎日新聞 66.0% (+46.0%)
読売新聞 64.0% (+45.0%)
朝日新聞 60.0% (+43.0%)
時事通信 41.2% (+22.1%)

しかし6割以上の国民が本当に菅政権を支持しているのだろうか?
質問の仕方などで世論調査の結果などどうにでもなる。
マスコミは、今回も高支持率を捏造している可能性が高い。
マスコミの菅内閣の高支持率は捏造では?

街行く人にヒアリングしてみると菅内閣に期待している人は少ない。
大手マスコミの報道と断絶があるのでネットでの世論調査を調べてみた。
ネットリサーチ 菅内閣支持率調査(6/8~6/14)
菅内閣不支持 77.9%
菅内閣支持 17.8%
その他・判断保留 4.3%
世論調査ネット「菅総理の支持率は?」
0% 21.78%
0~20% 41.58%
20~40% 15.84%
40~60% 9.9%
60~80% 1.98%
80~100% 0%
白紙票 8.91%
どちらかといえば上記の世論調査の方が実感にあう。
大手マスコミの菅内閣の高支持率報道は捏造ではないか。

しかし事実はどうあれ、マスコミ報道の影響は計り知れない。
マスコミの嘘を見抜き、今回の政変劇裏側の構造追及が欠かせない。
嘘の世論調査や報道に同調してしまうという間抜けだけは、絶対に避けなければならない。

List    投稿者 kichom | 2010-06-17 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2010/06/1668.html/trackback


Comment



Comment


*