2009年05月25日

インフルエンザ騒動総括③~「特権階級=無能」という共認が広がっていく

%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6.jpg
しかし、現在、猛威を振るっていようとも特権階級(政治家・官僚・マスコミ)による支配は遠くない将来崩壊する。彼らが無能そのものであることが白日の下に曝されるからだ。
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 政治ブログへ


20~30年前までは政治家も官僚も確かに優秀だったし、マスコミは政府に対して真正面から反論していた。ところが、約10年前から政界も財界も官僚もマスコミも、みんな無能そのものに成り果てた。なんでこうなったのか?
⇒試験制度発の「合格」という無機的な目的意識⇒枠組みそのものを疑うという発想が極めて貧弱⇒既存の制度の枠組みの中で走り続けるしかない⇒制度によって与えられた権力行使・世論支配の快感⇒特権階級の自家中毒『るいネット』「特権階級の自家中毒」
この思考回路からは、日本の社会や民族をどうする?という発想は全く出てこない。
制度によって与えられた特権の中核は、官僚の裁量権である。3000年に亙る私権時代を通じて支配階級が握っていた権力であり、近代~現代でも同じである。その構造は、ほぼ100%の人間がひっかかるような法制度を作っておいて、その中で誰を捕まえるかは警察・検察の裁量権、つまり恣意的な判断次第である。刑法における交通違反然り、小沢秘書逮捕然りである(キズを持たない政治家はいない)。マスコミも同様に「編集権」という特権を盾に本来報道すべき事実を隠蔽し、思い通りに世論誘導している。
現在、最も怖ろしい問題は①大本営発表による大衆の洗脳と②日本の警察国家化である。
加えて、次の説も興味深い。『るいネット』「特権階級が自家中毒に走る必然構造~日本に愛着を持てない高学歴者達」
全社会的に勉強意欲が衰弱する中で、東大・京大生は脇目も振らず勉強してきた。当然イジメやシカトの対象となる。彼らは「今に見ておれ」と周りに対する憎しみ一色になる。彼らに民族意識などない。逆である。日本人に対して復讐したいのだ。かつて苛められた日本人を痛めつけることに快感を覚えているのだ。だから簡単に売国奴になるというのだ。
事例をもう一つ挙げる。霞ヶ関を流しているタクシー運転手が、乗車した官僚に「売上が下がって、このままでは生きていけない。どうにかしてほしい」と訴えたらしい。その官僚はなんと答えたか。「君は子供の頃勉強しなかったんだろ(だから自業自得だ)」。この傲慢さ、これが特権階級の姿である。
これが合格だけを目的とした詰め込み教育の末路である。しかし、ペーパーテストである以上、頭の出来が同じなら成果は勉強量に比例するので、スパルタ・詰め込み方式が勝つのも残念ながら事実である。その末路が、現在みられる特権階級の無能さと権力中毒である。今や、ペーパーテスト体制ではこういう人材しか生み出せないのだ。
市場の終焉とは、金貸し支配の終焉である。現在の特権階級、政治家・官僚・マスコミ支配もおそらく10年後には全面崩壊する。要は私権の終焉であり、私権獲得制度であるペーパーテスト体制も終焉を迎える。今後、大学や塾へ行く意味はあるのか?と疑問視する層がどんどん増えてくる。
●一方で、大衆の意識はどうなるか? 1970年以降の意識潮流を俯瞰すると、
’70年代~貧困の消滅に伴い私権が衰弱し始める。
’80年代~仲間収束の潮流(当時子供の間で流行ったイジメは、実は仲間が絶対化したことの表れ)。
’00年代~課題収束(大学生が授業に出る。資格志向。いずれの目先収束性が濃厚だが・・・)。
’08年~ 世界経済危機を契機に、本源収束が顕在化。例えば、農業への関心の高まり。もっと広範な大衆意識として「もったいない」という意識。近代200年間は金貸し支配・マスコミ支配によって不必要な物欲が肥大させられてきたが、物欲の縮小が顕在化したのだ。「もったいない」という意識はその表れで「これ以上の物的生産は要らない」ことの意思表示だ。
それに加えて、社会収束⇒認識収束の潮流。「世の中がおかしい」ことは既に誰の目に明らかである。しかも、世界経済危機は年を追うごとに深刻さを増してゆくからである。そこから「社会はどうなっている?」「社会の仕組みを摑みたい」、つまり答え欠乏が年々強まっていく。これが認識収束の潮流だ。
この本源収束・認識収束の潮流こそが、政・官・マスコミ一体となった大本営発表による世論(共認)支配を覆す最大の大衆的基盤である。
例えば、「今回のインフルエンザ騒動と休校命令は一体なんだったのか?」という不信感や反感はすぐさま顕在化しないにしても、中期的には自民党政権や大阪府橋下体制にはマイナスに働く。そして、政・官・マスコミが一体となった異常事態と無意味な対策が繰り返されるたびに、「日本のエリートはいかに無能か」が大衆の意識に徐々に刻み込まれていく。その意識はいずれ顕在化し、大衆共認となるのは間違いない。そして金貸し⇒特権階級支配は終焉の時を迎える。それはそんなに遠くない先の話である。それは5年後か、10年後の話である。
(本郷猛)
るいネット
メルマガ

List    投稿者 hongou | 2009-05-25 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配10 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2009/05/1158.html/trackback


コメント10件

 Hiroshi | 2009.09.05 1:58

鳩山さんが面白いと思ったのは、自分のことばでアメリカへ引導を渡していることです。日本の政治家にしては珍しい、世界の反響が物語っている!
ブロガーもそうありたいですね。
引用記事でもキチンと分析するとか・・・。

 匿名 | 2009.09.05 19:46

アメリカとグローバリズムの恩恵を受けてきたのは日本だろう!という海外からの冷笑の声が聞こえてきそうです。
日本人はそうは思っていないのでしょうが・・・

 のだおじさん | 2009.09.05 22:32

鳩山さんが、市場原理主義を否定していることは、知りませんでした。マスコミはちゃんと報道しているのでしょうか。
市場原理主義を否定して、どんな日本を創るのか、具体的な政策がまだ見えてこないことは残念です。今後に期待。

 米流時評 | 2009.09.06 10:00

ハトヤマ・ショック!米国の見る日本の政権交代

    ||| 米国のハトヤマ・ショック |||
 日本初の政権交代で、前代未聞のハトヤマエッセイが米国政府に与えたショック
 
 光陰矢の如し…

 にいる | 2009.09.07 11:48

日本を守るのに右も左もない
といいつつ結局民主支持ですか。失望しました。
中国にすり寄る方が危険かと思いますけどね。

 ほり | 2009.09.07 22:52

こんなことを言ってたんですね。
グローバリズムを批判しているならその部分は支持したいと思います。
ですが「東アジア共同体」とは具体的には一体どんなことなのでしょうかね?
まさかとは思いますが、安い中国製品や農産物をこれ以上に輸入して国内産業に打撃を与えたり、
中国やその他賃金の安い労働者を奴隷として引っ張ってきてただでさえ少ない国内の雇用を奪い合わせようとするわけではないでしょうね?
鳩山氏が反米=グローバリズム反対と勘違いしていないことを希望しますが、
正直あまり期待していません。

 ホシノ | 2009.09.08 20:18

グローバリズムを批判する鳩山さんの認識は支持できるけれど、それがあまり表に出てきませんでしたね。TVメディアなどは、体制側だから保身を危うくする報道はあまりしないということなんでしょうね?

 テッツロウ | 2009.09.10 22:34

鳩山論文のような本人の言葉をしっかり残したものって最近の政治家では珍しいのかなと思いました。
グローバル化や、市場主義批判等の発言などもまずアメリカを直接批判するのではなく、日本国民の意思を代弁しているのだ、というスタンスでいって欲しいと思います。
宇宙人とも呼ばれるのは、予想外な動きに出ることもあるからでしょうか?先がどうなるか心配ですが、一方で宇宙人的な奇策があったら、と期待もできます。

 米流時評 | 2009.09.10 23:22

エイリアン鳩山+プーチン小沢=デンジャラス・ジャパン

    ||| 転機か 破局か、明日の日本 |||
 エイリアン鳩山 + プーチン小沢 = 転機か、破局か、デンジャラス・ジャパン
 
国を守る…

 hermes handbags norway | 2014.02.03 10:57

hermes bag online store 日本を守るのに右も左もない | 私の政治哲学-祖父・一郎に学んだ「友愛」という戦いの旗印(民主党代表:鳩山由紀夫)

Comment



Comment


*