2009年12月09日

素人が「半専任・半事業」で社会を創っていく

特権階級の暴走が止まらない。
特権階級とは、試験制度を勝ち抜き、権力を手に入れた人のこと
(官僚などですね
しかし、たとえ試験で100点をとれたとしても、現実の社会に出ると教科書では答えは出ません・・・ それに加え、官僚等特権階級の世界は評価圧力が働かない無圧力空間なので、現実に対峙する能力もつかない
つまり、どんどん無能化していくということです
そして、無能だけれども権力は保持しているというとっても恐ろしい特権階級が誕生。さらに怖いのが、無圧力ゆえに権力行使の麻薬に溺れ、暴走していくということなんです :x
             %E6%9D%B1%E5%A4%A7.jpg
その事例は、
検察とマスコミが一体となって、鈴木宗男、佐藤優、植草一秀、小沢秘書etcの政敵を失脚させたり(参考:「るいネット」『潮流7:暴走する社会(特権階級の暴走と下層階級の暴走)』)、日本の裁判官は事実などどうでも良く、派閥争いで判決を覆したりしている(参考:「オルタナティブ通信」『日本の裁判官達の生態』)・・・・・・・・・・・
、などなど枚挙に暇がありません
 %E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%AE%97%E9%9B%84.jpg  %E4%BD%90%E8%97%A4%E5%84%AA.jpg  %E6%A4%8D%E8%8D%89.jpg  %E5%B0%8F%E6%BE%A4.jpg
現実(みんな)に立脚してないだけでなく、”暴走する特権階級”どうする

にほんブログ村 政治ブログへ


その突破口となる投稿が「るいネット」にありました★★★
『官僚制の突破口は「半専任・半事業の社会統合ネットワーク」』より引用します :D

>集団を超えた次元に存在する社会を統合(もちろん変革も)する為には、単独の集団原理とは全く異なる原理の統合組織が必要なんだという事に、未だ誰も気付いていない。しかし、万人が参画できる、社会統合組織の条件は簡単で、二つだけである。
>社会統合は、全員が担うべき当然の役割=仕事だとすれば、その仕事に対してそれなりの収入が保障されなければならない。しかも誰もが何らかの専業に就いているとしたら、この組織は誰もが副業として担うことができる半事業組織でなければならない。
>収入保障は万人が社会統合に参画する為の不可欠の条件であって、私益追求の為の仕事は収入になるが社会統合の為の仕事は収入にならないというのでは、特殊な思想・信念に固まった人しか動かないのも当然である。それに、全員の社会を、特定の思想に固まった集団が動かすというのは、大きな間違いである。万人の属する社会を導くことができるのは、万人が認める事のできる事実に基づく理論体系(=科学)だけであって、特定の思想などに社会を統合する資格はない。これが社会統合組織の、もう一つの条件である。
>これらの条件を充たす、集団原理を超えた社会統合システムの原型となるのが、半専任(副業)の人々で組織されたネットワーク集合である。
>このネットワーク集合なら、皆等しく半専任なので官僚化(=専任特権化)の危険を完全に無くすことができるし、常に強い成果圧力が働いているので、公務員に見られる様な「親方日の丸」に陥る危険も完全に払拭できる。
「実現論」

 

現在、政治主導による官僚組織の改革が進んでいるが、アメリカの二大政党制が見せかけであることが証明しているように、エリートが交替するだけの政治改革など、所詮、見せ掛けの改革に過ぎない。民主党の仕分けが証明しているように、その一見、華やかな体制改革の中に、エリート世界しかしらない市場原理主義者が跋扈している。庶民の現実を背景に闘っているのは、亀井大臣ら少数である。
勿論、事業仕分けが一般公開され、多数の傍聴人がその場に居合わせ、「必要か否か」を考えるようになったという現実は、大きな進化でもある。こうした試みを「半専任・半事業の社会統合ネットワーク」へと発展させていく、そのような世論を作っていくことが、この時代を生きる私たちの仕事である。そして、そうした社会組織理論を構築すべく歴史に学び、自然に学ぶことも重要な仕事である。
   %E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%9E.jpg     %E6%98%9F%E6%9D%A1%E6%97%97.jpg     %E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5.jpg

ポイントは、
>単独の集団原理とは全く異なる原理の統合組織が必要なんだという事に、未だ誰も気付いていない。
ということですね。
そしてその答えは、「万人が参画できる社会統合組織」にあります。
その実現基盤は、
 万人が認める事のできる事実に基づく理論体系(=科学)
 半専任・半事業の社会統合ネットワーク
の二つです。
この社会統合ネットワーク実現の基盤となる大衆の意識潮流は、この間の特権階級の無能さ(暴走)を目の当たりにして、どんどん危機意識が高まっていってる
そして、「もうプロには任せていられない!」ってところまできたら(もうそろそかな^^)いよいよ「半専任・半事業の社会統合ネットワーク」実現への大きな一歩!
プロではなく、素人が「半専任・半事業」で社会を創っていく時代へ向けて、このブログからもさらに、事実の追求と、政策提言までを視野に入れた世論形成に力を入れていきますので、応援よろしくお願い致します :D

List    投稿者 pingu | 2009-12-09 | Posted in 04.日本の政治構造11 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2009/12/1474.html/trackback


コメント11件

 G2 | 2010.07.05 20:20

こわいです。
この先どうなるのでしょうか?

 member | 2010.07.05 20:53

G2さん、大丈夫です。安心してください。
戦争屋をはじめとする金貸し支配階級やそれに従う特権階級が追い詰められつつあるのは、未だ(無意識ではありますが)大衆共認によるものです。
これまで、彼らは大衆共認を騙しによって操作してきましたが、ボロが出始めた。そこで露骨な手段を行使していますが、そんなことをすればするほどボロが出てきます。ますます彼らの支配(脅迫と騙し)が大衆共認の目に明らかになります。
そして、大衆共認の力に抗することは何人たりともできません(これは歴史的普遍的な事実です)。

 喜八ログ | 2010.07.06 12:39

「ITユニオン」結成と記者会見(2010-07-07、厚生労働省記者クラブ)

「ITユニオン」結成と記者会見(2010年07月07日午後2時~、厚生労働省記者クラブ)のお知らせです。

 unimaro | 2010.07.07 21:09

お疲れ様です。
ここんところ戴いたTBにお返しできなくて済みませんでした。
新エントリ建ててもTBできないので、私側にウイルスでもいるのかもしれません。
さて、今回も大変重要なエントリですね。
でも大衆はそういったことがらを「信じたがらない」癖があり、それを治すことはできません。
唯一大手マスコミたちが一斉に大々的に報道する以外は。
悪の元締め電通を乗っ取り、マスコミを逆に牛耳るしか、今の「民主主義」においてはどうしようも無いのが現状ではないでしょうか。
政権がマスコミによって崩壊させられたのを何度も見て、聡明な方々は何度も実感していることと思います。
マスコミと司法、これが最も実用的な力を持つ者たちです。
ただ、後進国においてはタイを例に「陸軍」が最強です。
もっとも、まともな軍人は「超現実的思考」を基本としているので、”騙す奴らがいないかぎり”まともな政権を作れるとも思いますが。
ただ日本には世界に無い良いシステムがその国の誕生からありますから、それを再起動させるだけでいいのですが、大衆がこれだから無理でしょうけど。

 member | 2010.07.07 22:45

unimaroさん、お久し振りです。ありがとうございます。
>悪の元締め電通を乗っ取り、マスコミを逆に牛耳るしか、今の「民主主義」においてはどうしようも無いのが現状ではないでしょうか。
マスコミ支配をどのようにして覆すか?それがカギを握るという点については全く同感です。
そして、その可能性の基盤は既に登場しつつあると思います。6月30日の記事「本能的な秩序収束⇒課題収束⇒草の根共認⇒ネット収束」http://blog.trend-review.net/blog/2010/06/001678.html
そこで、ネットの共認形成力がマスコミの共認形成力を凌駕することができれば、マスコミ支配は覆すことができるでしょう。そういう意味では私達は状況を悲観していません。現に、unimaroさんのような方々が数多くネット世界には存在しているわけですから。
これからもよろしく御願いします。

 ほんまかいな~。 | 2010.07.22 22:44

>中川昭一財務大臣も暗殺されましたが、
他のブログ記事などでも、見受けますが、中川さんが“暗殺された”というのは、本当なのでしょうか?
公的には、暗殺にはなっていない。
もし、本当に暗殺ならば、ああいう殺し方をしても、今の日本では、暗殺にはならないということです。
とんでもない国であると言えます。
911も同じで、自作自演であるとか、バレバレであるとかよく言われますが、現状公的には“テロの仕業”となっている。
ということは、あの程度のことをやっても証拠も捕まれても、何となくもみ消せる“世界”でもあるということです。
そのことの方が恐ろしいです。

 member | 2010.07.23 10:26

「ほんまかいな~。」さん、そうなんですよ。 
この社会はマスコミや官僚たちによって情報操作されている。つまり、支配に不都合な情報は隠蔽されていると考えるしかありません。実はこれが支配の要であって、「そのことの方が恐ろしい」というご意見には全く同感です。
但し、かつては隠蔽され続けてきた情報(例えば岸元首相がCIAのエージェントだったとか)が、インターネット上で明らかにされつつあるというのは、その支配が崩れつつあるということを意味しているのだと思います。

 匿名 | 2010.07.23 10:27

参考までに・・・
「清和会に対立した経世会の末路」http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=216679
「経世会志向の民主党への妨害工作激化の兆し」http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=217374

 R2 | 2010.09.23 18:25

日本は対米追従していると?
日本国民がそれに屈辱を覚えないのならそれはもう属国的立場は変わらないのでは?
戦後、国の独立や愛国心といったものを否定してきたのが日本です。それで独立国になるのは困難でしょう。

 member | 2010.09.25 20:58

R2さん、コメントありがとうございます。
国の独立や愛国心といったものを否定してきたのは、アメリカとそれに盲従する日本の特権階級です。しかも、アメリカ支配と特権階級支配は終焉を迎えつつあります。ということは脱米の実現基盤は開かれていると思いますよ。
後は、国民大衆がいつ動き始めるか?
それが今後の焦点ですね。

 hermes handbags danmark | 2014.02.02 10:49

hermes bags buy online 日本を守るのに右も左もない | 民主党の尋常ではない従米転向の理由⇒追い詰められた戦争屋の最終手段

Comment



Comment


*