2006年11月07日

イラクの悪夢

「暗いニュースリンク」ティルマンは戦場へ行ったを読んだ。

ケビン・ティルマン氏の兄、パット・ティルマンはNFLのスター選手で、911テロ事件後に愛国心に駆られ、プロ選手としての高額年収を蹴って、弟ケビンと共に陸軍に入隊。米陸軍レンジャー部隊兵士としてイラクに派遣された後、2004年4月22日にアフガニスタンで戦死した。ケビン・ティルマン氏は2005年に除隊している。
パット・ティルマンの戦死について、当初陸軍側は「敵との交戦で殺害された」と遺族に説明していた。しかし2年経過した現在では、友軍の誤射で死亡した事実が明らかになっている。その後、戦死した兵士の遺族達の追求により、米軍が友軍の誤射による死亡例を隠してきた事実が少なくとも7件確認されており、米軍の公式戦死報告への信頼性はさらに低下しつつある。

 イラク戦争は開戦以来の米兵累計戦死者が、3000人に達するのも時間の問題となった。上下院選挙を控えた先月の戦死者は100人の大台を超えたと発表された。
 ブッシュ政権の戦争続行政策の正面の敵が、国内の厭戦世論となって愈々見えてきた。ベトナム戦争末期のテト攻勢を思い起こすまでもなく、イラクの国内情勢次第では敗北撤収止むなしの瀬戸際に来た。クルド、スンニ、シーア各派の内戦の深刻化に伴い、内乱の激化が米兵の戦死数を際限なく増大させる。
 パット・ティルマン氏の戦死のように、獅子奮迅の戦いぶりとは程遠い「犬死報道」は厭戦世論を沸騰させる。ケイリー上院議員は(失言として)今回は取り下げたが、戦死兵士の多くは下層・貧困層出の若者であることは事実であって、先進国の戦争は国内厭戦世論のたかまりが引き金となって敗北する。イラク戦争の米軍敗北撤収と、これから米国社会が半世紀以上にわたって背負う事となるイラク侵略の後遺症が、世界の人々の前に見えてくることとなろう。
(持国天)

↓応援よろしくお願いします。
  

List    投稿者 postgre | 2006-11-07 | Posted in 10.日本の時事問題8 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2006/11/66.html/trackback


コメント8件

 カカロット | 2006.11.16 22:13

http://yasz.hp.infoseek.co.jp/log2/president-usa.htm
に日本とアメリカの2大政党との関係がうまく書かれていたので、ちょっと拝借。
>歴史的に見て、日本に不利益を及ぼす政策決定をするのは民主党。
>戦後の日米同盟重視するのが共和党。
>中国朝鮮に甘く、日本と競合する(日本を商売上のライバルと見なしている)ことが多いのが民主党。
>中国朝鮮ににらみをきかすことが多いのが共和党。
>戦争を始めるのは共和党、収拾を付かなくするのが民主党。
>日米戦争は初めから終わりまで民主党。中国・蒋介石にのせられてハルノートを突きつけたのも民主党。
>ケネディは馬脚を現す前に暗殺されちゃいました。が、キューバ危機の当事者であり、ブラフを読み切れなかったなど、現状認識の甘さという意味では伝統的な民主党員だったかな、と。
>80年代に日本と製造業の派遣を争い、ジャパンバッシングの先頭を突っ走り、日本車をハンマーで壊しまくってたゲッパート下院議員は、ケリーを担いで民主党。
>次期大統領候補ケリーは民主党。
>親イスラエル・パレスチナ強硬派で、日本嫌いで、対日スーパー301条適用をすでに検討中で、ゲッパートに担がれて、対企業因縁吹っかけ賠償金ふんだくり訴訟のエキスパート・エドワード上院議員を副大統領に据える、民主党。
この流れからすると、北朝鮮からだけではなく、アメリカからも日本要らない論が出てきそうな気配。
絞るだけ絞って、後はポイッ!どーする、日本!
右だ左だ、言ってる場合じゃない!

 yukarin | 2006.11.16 22:15

実は色んな場面でこんな風にアメリカの言いなりになっているんだってことを、一体どれぐらいの人が認識出来てるんだろう・・・?(>_実は色んな場面でこんな風にアメリカの言いなりになっているんだってことを、一体どれぐらいの人が認識出来てるんだろう・・・?(>_<)
ただマスコミなどの情報を受信するだけで、実はそれはほんの一面しか見ていないんですね。
これって、すっごくヤバイかも!!o(*≧□≦)o

 ミサイルマン | 2006.11.16 22:20

民主党か共和党かでアメリカの戦略が大きく変わると思ったら大間違いなのかもしれない。
むしろ二大政党制を使って、表向きの与党を民主⇔共和で交代していくことで、世界世論を巧みに交わしつつ、大きな利益に向かってまっしぐらというのが実態か?

 パンダマン | 2006.11.16 22:26

 表面上はパートナーといいながら、実質は「手下」としての扱い。この扱いは、与党が変わろうとも、大統領が変わろうとも、アメリカが自国の国益を第一とする限り変わらないんだと思う。
 逆に、日本の与党と野党が入れ替わったとしても、日本の外交政策に劇的変化がおきるとも思えない。右・左・与党・野党関係なく、どうする?を考えていかないと、アメリカと一緒に、どんどん世界から孤立しちゃうんじゃないでしょうか。

 匿名 | 2006.11.16 22:33

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E6%94%BF%E5%85%9A
アメリカには民主党と共和党の他にも色々政党があります。(共産党もある!)
しかし、これらの政党が顧みられることはほとんどありません。
このまま小選挙区制が続けば、日本もいつの間にか選択肢が失われ、誰かに操られた2大政党制になりかねない。
2大政党制が良き政治体制である保証などどこにもないのに・・・

 ぴんから体操 | 2006.11.16 22:41

>沖縄の米軍基地は、「世界平和のために」拡大されかねません。
確かにそれってありえる話ですね。
「正義のために」「平和のために」といって他国にミサイルを落としまくるヤラセ・八百長・自作自演のアメリカ
アメリカの政党がいかに変わろうとも、アメリカに追従する路線を変えない限り、日本の未来は本当に危うい気がしてきました。(-_-#)

 ireland hermes | 2014.02.03 6:41

hermes discount outlet 日本を守るのに右も左もない | 米国中間選挙で共和党敗北 ~日本はどうする~

 any problems with mbt outlet | 2014.02.22 6:56

mbt m.walk shoes 日本を守るのに右も左もない | 米国中間選挙で共和党敗北 ~日本はどうする~

Comment



Comment


*