2008年04月09日

聖火リレー妨害→中国での反応はどうなっている?

3月24日にアテネからスタートした聖火リレーが世界各地で受けている妨害工作について、やはりというべきか、中国国内では国民の怒りが爆発しているようだ。
状況が知りたい人、ポチッと押してからよろしく。
seika.jpg

にほんブログ村 政治ブログへ


特にパリやロンドンで起こったリレー妨害の報道について、中国ネット界では過激なコメントが渦巻いている様子。
中国の大手ポータルサイト・網易(NETEASE)に寄せられたコメントまとめた記事を紹介します。
Record China 4月8日記事 より引用。

1)チベット独立勢力への批判
・彼らは卑劣な本性を世界にさらした
・このような恥知らずの集団には未来はない、近く必ず消滅するだろう
2)西側諸国への批判
・イベントの保安体制、国家の治安に問題あり。これはフランスの恥だ
・中国の面子を潰した西側諸国とは断交すべき
・西側諸国での聖火リレーを取りやめよう
3)愛国心の鼓舞
・諸国は中国の強大さ、偉大さに嫉妬している
・この程度でわが祖国の勢いを止めることはできない
・この機会に国民は一致団結、奮起し国家の威容を示そう
4)冷静な分析・指摘
・五輪精神を汚す行為に平和を愛する市民は落胆している
・スポーツと政治を混同すべきではない
・「何故、こうなったのか?」を誰も分析しないのだろうか? 

最後のコメントが最もまとも。というか、非常に可能性を感じた。
いがみ合っているだけじゃ、何も解決しないよね。

List    投稿者 ohmori | 2008-04-09 | Posted in 09.国際政治情勢の分析7 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2008/04/680.html/trackback


コメント7件

 平和への結集ブログ | 2008.07.29 17:32

借金・多重債務の解決方法

2008年7月19日に千葉県柏市内の私立高校で行われた弁護士・宇都宮健児氏講演会の要旨(ビデオあり)です。印刷用ファイルを用意していますので、皆さんの周り…

 平和への結集ブログ | 2008.07.29 17:33

小選挙区制の廃止へ向けて

 小選挙区制の致命的な問題点、「神話」は、すでに1993年の時点で故石川真澄氏などが明らかにしていたが、1994年、小選挙区比例代表並立制が導入されてしま…

 ぐらんまはキリシタン | 2008.07.30 12:42

 メディチ家からローマ法王を輩出していたので一体であるという事はなんとなく認識していましたが、。金貸しとキリスト教との関係が整理できました。面白かったです。
 ユダヤといい、キリストといいやはり宗教という名の洗脳は現代問題においても非常に重要なファクターである事を再認識しました。

 帝国ブログ | 2008.07.30 18:07

白熱する竹島問題を出来る限り軍事的に考えてみる。

保守系のブログを巡回していますと竹島問題についてのエントリーが多いですなあ。
教科書の記述で問題になっているのは分かりますけれどもどうも過熱気味な様な気…

 本郷猛 | 2008.08.01 22:43

ぐらんまはキリシタンさん、こんにちわ。コメントありがとうございます。
金貸しと宗教の親近性は日本でも見受けられます。
江戸時代の日本でも、井原西鶴の『日本永代蔵』によれば、水間寺という寺も金貸しみたいなことをしていたのですが、とんでもない高い利息をとっていたとのことです。この寺では二月に参詣者にお金を貸し出していたのですが、「仏様のお金」でそれだけご利益があるということで、借りた人は来年に倍返し(年利十割)していたとのことです。

 投資一族のブログ | 2012.03.29 21:11

金融史がわかれば世界がわかる 2/6~大航海時代と貿易

英国の経済発展の特徴は、貿易と共に金融の覇権を確立したことにあった。世界を股にかけて稼ぎまくった金融覇権の創始者は、後述するロンドンにおけるマーチャントバ…

 famfatal Pandora Charms | 2014.03.13 20:43

日本を守るのに右も左もない | 金貸しは教会と結託して、国家を支配した

Comment



Comment


*