2021年05月02日

3.11福島原発メルトダウンの嘘/マグナ社(イスラエル・DS)/アドレノクロム

この状況下において、東京オリンピックは開催するらしい。

ところで、この東京オリンピックの警備をするのが、警察庁ではなくイスラエルのマグナBSP社だと言われている。警備をこの会社に外注するということかと思いきや、警察庁がこのマグナ社の指揮下に入るという。(以下はリンクより)

今回のオリンピック警備はイスラエルの警備会社が警察庁も指揮下に置きトップになる。
マグナBSPは日本国内では原発警備(福島原発も震災の1年前から日本の警備業者と交代)・関西国際空港の警備を担当しているが日本人の社員を配置し目立たない様にして表に出てくることはない。通常は日本の警察組織が外国民間企業の指揮下に入ることなどないのが常識である。
しかし日本政府は簡単に了承したということは日本政府は日本牧場の使用人であり牧場管理者の指示に従ったことを裏付けるものである。

このマグナ社BSP社とイスラエルは、上記引用にもあるように3.11福島第一原発事故との密接な関係がある。

にほんブログ村 政治ブログへ

以下、笹原シュン氏のブログより引用します。

地震兵器4 福島第一原子力発電所事故の謎 メルトダウンは起きていなかった!?

事件の概要

東日本大震災の直後、福島第一原子力発電所の事故が発生しました。事件の概要は、ウィキペディアによると、

 

f:id:shunsasahara:20210428152001j:plain
各原子炉の配置

 

福島第一原子力発電所事故は、2011年3月11日に発生した、東北地方太平洋沖地震による地震・津波の影響により、東京電力の福島第一原子力発電所で発生した原子力事故。

地震発生当時、福島第一原発では1 – 3号機が運転中で、4 – 6号機は定期検査中だった。1 – 3号機の各原子炉は地震で自動停止。地震による停電で外部電源を失ったが、地下に設置されていた非常用ディーゼル発電機が起動した。

地震の約50分後、遡上高14 m – 15 mの津波が発電所を襲い、非常用ディーゼル発電機が津波の海水により故障し、全電源喪失に陥り、核燃料の冷却ができなくなった。

その後1・2・3号機ともに、炉心溶融(メルトダウン)が起き、溶融燃料の一部が圧力容器の外側にある原子炉格納容器(格納容器)に漏れ出した(メルトスルー)。

1 – 3号機ともメルトダウンの影響で、水素が大量発生し、原子炉建屋、タービン建屋各内部に水素ガスが充満。1・3・4号機はガス爆発を起こして原子炉建屋、タービン建屋および周辺施設が大破した。

格納容器内の圧力を下げるために行われた排気操作(ベント)や、水素爆発、などにより、大気中や土壌、海洋、地下水へ大量の放射性物質が放出された。

日本国政府は、福島第一原発から半径 20 km圏内を「警戒区域」、20 km以遠の放射線量の高い地域を「計画的避難区域」として避難対象地域に指定し、10万人以上の住民が避難した。

 

となっています。

 

元NSA職員、ジム・ストーン氏の告発

この事件について、以前の記事でも述べた、元NSA職員、ジム・ストーン氏が驚くべき告発をしています。

彼によると、なんと、原発事故はそもそも発生していないというのです。

 

www.youtube.com

 

福島第一原子力発電所の管理は、イスラエルのマグナBP社が行っていました。

事件発生1年前の時点で、福島だけではなく、日本中の原発の運営・管理は、すべて、このマグナBP社の管轄になっていました。

自国の安全保障に直結する、原発の安全管理を、外国の一企業に任せる時点でおかしいのですが、これももちろんDS の仕掛けです。

マグナBP 社は、原発の安全管理ではなく、原発事故を演出するために、DSに雇われた企業なのです。

彼らが用いたのはスタックネットと呼ばれる、コンピューターウィルスです。

このウィルスは、少なくとも4か月前から福島第一原発の制御コンピューターシステムに仕込まれていました。

このウィルスは、オペレーターの機能を学習し、実際の原子炉の状況にかかわりなく、コントロールルームに対して、偽の情報を送り続けるというウィルスです。

約1か月の学習期間のあと、スタックネットは、福島第一原発のコンピューターシステムを完全に把握しました。

その後、マグナ社の社員たちが、1~3号機の燃料棒を取り出し、原発を停止させ、1・2号機に水素発生装置を取り付け、3号機に2つの小型核爆弾を設置します。事故の1か月前にはこの作業は終了していました。

この時点で1~3号機は完全に停止していたのですが、スタックネットが制御コンピューターにうその情報を流し続け、原発職員たちは、原発が正常に稼働していると思いこまされていたわけです。

 

 

事件当日の流れ

そして3月11日がやってきました。

地震発生直後、揺れを感じた制御コンピューターは、原子炉を自動停止させます。もっとも原子炉はとっくの昔に止まっていたのですが、スタックネットが自動停止したという情報を送っただけです。

その後、津波が来て、予備電源が浸水し、ポンプ、燃料タンク、非常用バッテリーなど多数の設備が損傷するか、または流出で失うなどの偶然が重なり、原発は全電源喪失に陥ったとされています。

もちろん、これは偶然ではなく、安全(?)管理を行っているマグナ社が、そうなるように仕組んだわけです。管理会社自身の犯行ですので、どうにもなりません。

その後、1号炉がメルトダウンし、2号炉も圧力が高まり・・・なんていうのは、映像も含めて、すべてスタックネットから送られた偽情報です。

偽情報を信じ込んだ所長は、ベントを指示します。この時放出されたのは、もちろん水蒸気と水素だけです。放射性物質は含まれていません。

さらに1号機と2号機で水素爆発を発生させ、映像を世界に配信します。これは爆発のタイミングに合わせて映像が撮影されており、日本人にショックを与えるために、わざと映像を撮って流したものと思われます。

 

 

3号機で核爆発

さて、本番は3号機の爆発です。これはDSとしては映像を撮らせないでひそかに行う予定だったようです。メジャーなマスコミはどこも映像を持っていません。

しかし、幸運なことに、またDSにとっては不運なことに、地元の福島中央テレビがこの瞬間の映像をとらえ、しっかり残して放送してくれました。

 

 

f:id:shunsasahara:20210428152502j:plain

 

見事な黒煙が上がっていますね。黒煙は上空高く上っており、まるでキノコ雲のようです。

1・2号機の水素爆発は、白い煙が横に広がっていましたので、明らかに異なった性質の爆発であることがわかります。

これはもちろん核爆発です。3号機に取り付けられた2個の小型核爆弾が爆発したのです。

DSは、この核爆発によって、すべての原子炉を吹き飛ばし、証拠を隠滅しようとしていたのです。

また、現場で全く放射線が観測されないのも問題なので、一応つじつま合わせに、放射線が観測されるように、核爆発を起こしたものと思われます。

 

 

トモダチ作戦、ロナルド・レーガン乗組員、太平洋上で被爆

この時、太平洋上では、アメリカ海軍の空母ロナルド・レーガンを中心とする、空母機動部隊が展開していました。

トモダチ作戦を、行った部隊ですね。

作戦終了後、このロナルド・レーガンの乗組員が大量に被爆していたことがわかり、乗組員による東京電力などに対する、大規模な訴訟に発展します。

 

 

f:id:shunsasahara:20210428154653j:plain

 

ロナルド・レーガンの乗組員4843人中、じつに、1734人、全体の35.8%が被爆しています。

しかも、ロナルド・レーガンは、期間中ずっと、海岸から100海里、185km以上の距離を保っていたのです。

 

 

f:id:shunsasahara:20210428154904j:plain

 

しかし、福島第一原発の職員に被爆者は出ていません。

実際に事件直後の放射能汚染の地図を見てみましょう。

 

 

f:id:shunsasahara:20210428155339j:plain

汚染の範囲は太平洋上に集中しているのがわかります。

これはつまり、東日本大震災を引き起こすのに用いられた、5発の水爆による核汚染です。

福島の赤い点は、3号機爆破の核爆発によるものですね。

ロナルド・レーガンは、まさに太平洋上の、水爆起爆地点の真上に停泊していたために、多数の乗組員が被爆したと思われます。

このように見てくると、福島第一原発事故の、真の目的が見えてきます。

つまり、東日本大震災を引き起こした核爆発による、放射線をごまかすために、原発事故が必要だったのです。

 

内閣官房参与、平田オリザ氏のリーク

これは、当時菅内閣の内閣官房参与を務めていた、劇作家の平田オリザ氏の発言によって裏付けられます。

 

f:id:shunsasahara:20210428155114j:plain

 

平田氏は、2011年5月17日に、ソウルで行われた講演会において、

「福島第一原発事故の冷却水を海洋に放出したのは、アメリカ政府からの強い要請によるものだった」

と述べています。

福島第一原発の職員たちが、一生懸命、冷却水をプールにためて、海洋を汚染しないようにしていたにもかかわらず、アメリカ政府からの強い要請によって、海洋放出することになったというわけです。

このとき、もし汚染水が海洋放出されなかったとすると、太平洋の核汚染が、福島第一原発の事故によるものだった、という言い訳が成立しません。

地震を発生させるための、太平洋における、核爆発をごまかすことができなくなってしまうというわけです。

もっともこの冷却水も、もちろん核汚染などされていない、きれいな水だったのですが・・・。

ちなみに、現在において、日本各地から放射線が観測され、福島第一原発事故のせいだとされていますが、福島からは放射性物質は放出されていません。

これは後の記事で述べる、ケムトレイルが原因です。ケムトレイルの中に、放射性物質が混入されており、それをまくことによって、日本全土に放射性物質が降り注いでいるのです。

これによって、DSは、福島のウソをごまかすことができるとともに、日本国民の健康を損なうという目的をも達成できるというわけです。

 

 

イスラエルのネタニヤフ首相の脅迫

さらには、この大災害に乗じて、マグナBP社の所属国であるイスラエルが、日本に脅しをかけてきます。

 

f:id:shunsasahara:20210428155638j:plain

 

3号機爆破の直後、イスラエルのネタニヤフ首相が、菅直人首相に電話をかけてきました。その内容は、

 

「日本が持つアメリカ国債50兆円分を、イスラエルに名義変更しろ。さもないと、日本中の原発を爆破するぞ」

 

というものでした。なんと、ネタニヤフ首相は、日本国民が失意のどん底にあるのをいいことに、50兆円を脅し取ろうとしたわけですね。

もっともこの時すでに日本中の原発は、マグナBP 社の管理下にありましたので、ネタニヤフ首相がやろうと思えば、いつでも原発の爆破が実行可能だったわけです。

菅首相は、この脅しに屈し、50兆円分のアメリカ国債をイスラエルに献上しました。まさに火事場泥棒というところですね。

 

ディープステートの真の目的

その後、日本政府は、福島第一原子力発電所周辺の住民を避難させました。

ウィキペディアの記述をもう一度読み直してみると、

 

日本国政府は、福島第一原発から半径 20 km圏内を「警戒区域」、20 km以遠の放射線量の高い地域を「計画的避難区域」として避難対象地域に指定し、10万人以上の住民が避難した。

 

 

となっていますね。

実はこれこそが、この事件におけるDSの最終目的です。

この避難地域には、もちろん放射能汚染はありません。

日本国民を原発の20Km圏内から避難させ、そこを立ち入り禁止にすることで、DSは、日本国の中に、半径20Kmに及ぶ、自らの「領土」を手に入れたのです。

実は東京地下要塞が手狭になっており、DSは、首都圏に近い大規模な増築先を探していたのです。

その後、福島の地下に大規模な児童売買基地が建設され、東京地下要塞と連結されて、DSのために多大な利益をもたらすことになります。

さらには、福島の地上に、大規模な強制収容所を建設し、そこで、さらってきた日本人を強制労働させようという計画もあったようです。

もちろん、福島地下要塞はすでに破壊され、強制収容所も撤去されて、現在では日本国内で捕らえられたDSの収容施設に替わっていますが・・・。

 

マグナBSP社は、日本の原発=地下基地とアドレノクロムと密接な関わりがある。東京オリンピックにかこつけて、日本の中枢支配を旧勢力が目論んでいたと考えられる。

しかし、新勢力による世界的な旧勢力(DS)の掃討を経て、東京にも何らかの変化があるかもしれない。

なお上記引用の補足として以下、日々の気付き氏のブログを引用します。

日本の原発を警備するイスラエルのマグナBSPとアドレノクロムの闇

2021年04月07日 23:37
「東京五輪の警備はイスラエルのマグナBSPがやっているんだって」と伴侶が話して来ました。ネットで調べてみると《オリンピック警備のトップは警察庁ではなくマグナBSP》のサイトには、「今回のオリンピック警備はイスラエルの警備会社が警察庁も指揮下に置きトップになる。マグナBSPは日本国内では原発警備(福島原発も震災の1年前から日本の警備業者と交代)・関西国際空港の警備を担当している」とありました。

「日本人の社員を配置し目立たない様にして表に出てくることはない。通常は日本の警察組織が外国民間企業の指揮下に入ることなどないのが常識である」といいます。どうして東京五輪と日本の原発の警備がイスラエルの警備会社がトップなのか、です。日本がイスラエルというユダヤ人国家の配下にあることを意味しています。ユダヤ人は世界の金融を支配しています。

欧州の闇のロスチャイルドと米国の闇のロックフェラーは、実質的にユダヤ人財閥です。日本には、ユダヤ人財閥にとっての松(引用者註:松果体アドレノクロムのこと)利権という大きな利権があり、そのためのユダヤ人国家・イスラエルの警備会社なのだと思います。「マグナBSP」の調査とワークを行いました。イスラエル経済部の公式サイトには、Magna Bsp(防犯・防災・航空宇宙・サイバーセキュリティ)について説明書きがあります。

「当社は2001年に設立された非公開会社であり、3D画像処理の分野で革新的な技術を有しています。 マグナが特許を有する独自の「インテリジェント映像解析」により、国土安全保 障や公衆安全市場向けに「スマート自動監視システム」を提供し、安全保障分野で世界をリードしています」と記載されています。トカゲが支配する人間奴隷の世界やディープステートが目論む監視社会に通じます。

もりのくま》の「東電がいちばん触れてほしくないイスラエルのマグナBSP社はモサド=CIAだと思われます」には、「東電がいちばん触れてほしくないイスラエルのマグナBSP社はモサド=CIAだと思われますが、福島原発を内部から破壊工作しているのではないかと疑っている人々が沢山います」と記されています。福島原発を含めて日本の原発の裏側にアドレノクロム工場があるからだと感じます。

柏崎千葉構造線から直感した表の原発と裏のアドレノクロム工場の構図》にあるように、日本の原発は、裏の地下でアドレノクロムを生産するために建てられて来たと感じます。潜水艦や船による輸送のために海岸線につくられています。原発利権と松利権は、いずれもロスチャイルドが支配しています。イスラエルのマグナBSPは、表は警備会社ですが、裏は工作部隊だと見ています。

松利権の秘密を守るためには、諜報部隊としてターゲットの口封じをする必要も出て来ます。そういう意味で、マグナBSPがイスラエルの諜報機関・モサドと通じているのは、自然です。ネットで調べると、マグナBSPのトップは、ハイム・シボニ最高経営責任者(CEO)でした。ハイム・シボニに闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「トカゲ。松。金。ゴムかもしれない」と伴侶が伝えて来ました。

やはりマグナBSPは松利権に絡んでいると思います。イスラエルのマグナBSPの傘下の日本の会社があります。引用サイトにも記載されている「マグナ通信工業株式会社」です。マグナ通信工業株式会社の公式サイトには「情報伝達システムのご提案から機器の設計・製造・施工・保守サービスまでワンストップ・ソリューションサービスを提供する「小さな総合エンジニアリング企業」」と記されています。

マグナ通信工業株式会社は、昭和39年創立、資本金5,000万円、従業員数130名 (2020年4月現在)です。事業内容は、情報通信システムに関する事業(コンサルティング、システム設計、機器設計・製造・据付工事・ 付帯工事・調整、保守サービス)となっています。社名の「マグナ」の由来は「マグナカルタ(英国大憲章)」と謳っています。

ロスチャイルドのロンドン家のある英国との繋がりを示唆しています。マグナ通信工業株式会社の社長・末村秀樹と東京都杉並区和泉の本社に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「サンカ」「いいです」と伝えられました。サンカとは、渡来人の支配下で松果体収穫の現場仕事をしていた先住民たちのことです。イスラエルのマグナBSPの支配下での松の現場仕事と符合します。(つづく)

原発事故という大嘘とその背景(事実)は、こうした旧勢力(金貸し)による支配の一環として仕組まれていた。

参考:原子力発電は大ウソか

 

 

List    投稿者 nihon | 2021-05-02 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2021/05/12173.html/trackback


Comment



Comment


*