2010年08月14日

民主党内『小沢vs反小沢』勢力図予測(第七弾):衆議院“北陸信越~九州の比例区議員”編

民主党内『小沢vs反小沢』勢力図予測シリーズもついに第七弾まで来ました
今回で勢力図予測も最後になります。(次回はこれまでの分析の総集編を記事にします)
 
では早速、衆議院“北陸信越~九州の比例区議員”の勢力図予測に行ってみましょう
 
shuin_gazo.gif
 
  
いつも応援ありがとうございます :-)
 

にほんブログ村 政治ブログへ


 
上表の予測から、新潟~沖縄までの民主党小選挙区衆議員は、
 
【 小沢系 】 (◎)小沢派0人 + (○)親小沢派5人 = 5人 
【反小沢系】 (▼)嫌小沢6人 + (×)反小沢0人 = 6人 
【  流動  】 (△)小沢チルドレン30人 + (-)浮動5人 = 35人
 
※小沢チルドレンと呼ばれる人の中にも、小沢政治塾出身者や一新会倶楽部所属者、政策が小沢に近い人や、松下政経塾出身者や小沢と政策が反する人、そしてそのどちらでもない人とがいるため、それを○、▼、△に分類しています。
 
北海道~東京までの民主党小選挙区衆議員とを合わせると、
 
【 小沢系 】 (◎)小沢派5人 + (○)親小沢派10人 = 15人 
【反小沢系】 (▼)嫌小沢7人 + (×)反小沢0人 = 7人 
【  流動  】 (△)小沢チルドレン55人 + (-)浮動10人 = 65人
 
 
小沢派の方が若干優勢ですが、流動がかなりの比重を占めているため、ここの動向が今後の政局に大きな影響を与えることになりそうです。
 
 
次回はいよいよ、これまでの民主党内『小沢vs反小沢』勢力図予測シリーズの総集編となります。ご期待ください

List    投稿者 nishi | 2010-08-14 | Posted in 04.日本の政治構造24 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2010/08/1718.html/trackback


コメント24件

 どきんちゃん | 2011.03.30 13:24

プレートは原因ではなく結果である。に目から鱗が落ちる感じでした。
ありがとうございます。
>やや飛躍がありますが、地震、あるいは原発に関する新理論が、新理論が大衆的に必要とされる皮切りになるのではないかという予感さえします。
これもそうかも知れないと思いました。

 匿名 | 2011.03.30 16:34

申しわけないですが、飛躍だらけ、というか飛躍オンリーで話にならないと感じました。

 静かなる革命2009 | 2011.03.30 17:57

原発危機:冷却水小循環系(ECCS)を閉鎖大循環系で代替する

時間がないので要点のみ.これは阿修羅♪掲示板にめちゃホリディさんが投稿した3月29日の記事『福島原発事故、周辺の地下水や海「著しい汚染」の恐れ=科学者団体…

 通りがけ | 2011.03.30 21:48

前の人に申し訳ないが、このマグマ熱原因新理論のほうがプレートテクトニクス理論より飛躍が少なく、正しいように感じました。

 通りがけ | 2011.03.31 6:40

「被曝難民国民は山口県へ集団疎開しよう!」
雪裏の梅花ブログさまから
>脱原発はすでに菅・仙谷の利権
>やや食傷気味になりながらも、なお菅直人と宇部興産と原発利権の関係を調べていたら、少しそれに近いものを発見(・へ・)
>>http://seturibaika.blog72.fc2.com/blog-entry-491.html
まあ山口県二井知事は原発利権と米軍基地利権に深々と食い込んだ日本一金に汚い人非人官製談合犯罪者ですが、ユニクロといい宇部興産といい中国電力といい安倍しんぞうといい空き缶といいよくもまあこれだけ人非人が同窓してますな、過疎県のくせに。
過疎県だけどここまで守銭奴搾取企業が集中して金だけは人非人の私腹にたっぷり貯めこんでるんだから、それを全部吐き出させりゃ福島県宮城県茨城県からの被曝難民100万人の1~2年の生活くらいは一手に引き受ける余力がじゅうぶんにありそうですね。
放射能国難人災における山口県の責任は重大無比です。
福島事故原発で放射能難民にされた国民はいっせいに山口県へ集団疎開で強引に押し掛けて人非人どもから憲法にある国民として文化的な生活を送るための生活費を取り戻そう!
直ちに国会を開いて地位協定破棄、内閣不信任総退陣、新首相選挙で救国内閣即日組閣、霞ヶ関解体を1日といわず半日で議決して即施行すべし!

 通りがけ | 2011.04.01 7:33

「被災者は避難してコロニーを作るべし」
被災者を孤立させてはならない。衣食住通信交通の便のあるところへ避難コロニーを作って受け入れ、そこで一人当たり老若男女の区別無く一律50万円の一時金を国家が支給する。各地からの義捐金はその一時支出した財源を埋めるために国庫へ入れる。時機を見て2回目3回目の一時金給付を国の責任で行う。まず国庫の支出ありきで現金を被災者へ配らないと義捐金の意味がないのである。よって現行の義捐金制度ではいくら送金しても全額を役人が抱え込んで役人の都合だけで利殖運用してしまい、本当に困窮している被災者へはただの1銭たりとも配られない。公務員による義捐金詐欺の実態が厳然としてわが国に存在する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参考>>住民至上主義 裁判官まで泥棒の国で
>>http://www5.diary.ne.jp/user/521727/
>■2011/03/28 (月) 非常事態でもお役所は 2
・義援金の集め方にも大いに問題がある。様々な機関が義援金を募っている。しかし、皆さんはその使途について考えたことがあるだろうか。私は元公務員であるから、役所の実態を裏の裏まで知っている。その上で断言するが、役所は全ての機関で裏金を作っている。つまり、普段から我々の税金をネコババしているのである。あの警察ですら多額の裏金を作って税金をネコババし、幹部が贅沢三昧しているのである。これは紛れもなく真実である。現に、各地の役所や警察で裏金作りが発覚し、例えば北海道警察も裏金作りの事実を認めて謝罪し、職員やOBが計11億円もの金を国に返還している(本当は11億円どころではない。発覚した分だけ返還したに過ぎない)。
このような状態で、何の疑いも抱かずに漫然と義援金を送ってはいけない。現に、私が知る限りでも、某医療団体が義援金の多くを「必要経費」と称して被災地支援以外に流用している事実が発覚している。(後略)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
阪神大震災のときの教訓がまるで生かされていないのが泥棒官僚国家わが国の顕著な特徴である。
現行制度の下では義捐金は1円でも決して公的機関へ送ってはならない。
被災者受け入れ避難コロニーを各県に作って、支援者国民が最寄のコロニーへ直接持っていき被災者へ現金を自分の手で手渡しするべきである。泥棒官僚の手から被災者国民を守るためには現時点ではそうするより他に方法がない。
「泥棒官僚霞ヶ関法匪の汚れた手から国民の大切な命を守り抜け」

 藤四郎 | 2011.04.01 15:00

当方素人ですけど、プレートテクトニクスってそもそも地球内部のモデルであって、地震発生や予知のための理論ではないのでは?
予知が全くできないからと言ってモデルが間違いだってことにはならないでしょう。プレートの移動は実際に観測されているのでは? どこにささくれがあるかなんて見えないから予知はできなくて当たり前だと思いますが。
震源とされている場所は単に一番揺れの大きい場所であって本当に震源ではないという話も全くおかしい。伝播による時差を無視している。
以上まるで見当違いの戯言だったらごめんなさいね。

 通りがけ | 2011.04.01 22:17

「車とガソリン」
震災被災地に今一番必要なものは自動車とガソリンである。全国の可動廃車を集めて津波や地震で自家用車や業務用車を失った被災者へ無料で配り2~3年間車検保険税金を免除し、被災地周辺へガソリンをピストン輸送して被災者症を持つものには無料で給油し国が代わって代金を支払うとすれば、復興は目覚しく促進される。
可動廃車の修理も被災地の車両整備業者が津波で不動化した被害車両の使える部品を採集調達して手間賃だけで現地で行う。被災者証を持つ者は支払い無料とし、これも国が代わって整備業者へ手間賃を全額支払う。これで廃棄自動車の整理も促進される。
復興政策の柱は復興特区指定と特区内の大幅な規制緩和にある。民間の地元に根ざすゆえに力強く湧き起こってくる復興活力を、官が平時の法をたてにとって無闇に邪魔したり殺いだりすることは非常時にあっては現に慎まなければならない、統治上最大の禁忌事項である。
原発事故緊急避難においても「車とガソリン」が命の綱となる。避難が必要な地域では必ず各戸に一台のガソリン満タンの車を用意しておくこと。
国は上記被災地や避難地域へのじゅうぶんなガソリン補給を怠ってはならない。国がこれを怠れば棄民政策という重大かつナチスドイツよりも凶悪な人道犯罪を犯したとして国際人道裁判にかけられるであろう。

 もえおじ | 2011.04.01 22:40

当方は素人ですが、プレートテクトニクス理論は全くのウソではないと思います。 その理由は、大半の大地震はプレート潜り込み周辺の地殻で起きているからです。 プレートが動くのはマントルの流動と熱によるものでしょうから、「プレートテクトニクスというのは結果である」と言っても、別にプレートテクトニクス理論を否定することにはなりません。 また、専門家達は、熱移送モデルを理解しているはずです。
> 通りがけ さんへ
災害義援金はごく一部の経費を差し引いて「全額被災者に分配される」はずです。 裏金が作られるのは、日本赤十字社の運営のための寄付金などからではないですか。

 member | 2011.04.02 0:20

どきんちゃん、通りがけさん、賛同いただき、ありがとうございます。
次回から、熱原因説の中身に踏み込んでゆこうと思いますので、ご期待ください。

 member | 2011.04.02 0:41

もえおじ様、コメントありがとうございます。
プレートというものが存在していることは事実でしょう。
「プレートが動くから地震が起こる」というのがプレートテクトニクス説ですが、プレートというものが存在するのはおそらくは事実でしょう。
問題は、
①それで説明できない地震が相当あるということ。例えば阪神大震災や四川省地震。
②なぜプレートが動くのか、その原因がわかっていない、あるいは間違っているのではないかということ。現に、プレートテクトニクス説に基づいた予測は外れまくっています。この40年間東海地震を警戒し続けてきたが、東海地震は起こらずに阪神大震災や東北大地震が起きています。
ということは、この説が間違っているということを示唆しているのではないでしょうか。

 member  | 2011.04.02 0:45

藤四郎さま、コメントありがとうございます。
「プレートテクトニクスってそもそも地球内部のモデルであって、地震発生や予知のための理論ではないのでは?」とのことですが、現実に、この説に基づいて地震予測が成されていて、かつ外しまくっているのではないでしょうか。

 藤四郎 | 2011.04.02 6:49

素人の私が答えてもしょうがない気もしますが、地震予測はなにもプレートテクトニクスというモデルに基づいているのではなく(地球の内部は見えないのだから基づかせることがそもそも不可能)、統計的に確率を割り出してるだけではないでしょうか。
つまり競馬予想と同じレベルです。当るわけがない(笑)。

 藤四郎 | 2011.04.02 7:00

あ、それとですね、全く関係の無い話、しかも長文をベタベタ貼る人は相手にすべきではないと思います。

 member | 2011.04.03 21:03

藤四郎さま、コメントありがとうございます。
専門家は一体どんな考え方に基づいて、地震予測をしているんでしょうね? 私も知りたい所です。統計的に確率を割り出しているのであれば、100%とはいかずとも、3割から5割くらいは当たっても良さそうなものですが・・・ 現状は、競馬予想の方が地震予測よりもはるかに当たる確率が高いのではないでしょうか。

 もえおじ | 2011.04.04 18:28

問題なのは、地震予測が当たらないことですね。 その理由としては、1.または 2.の理由が考えられますが、どちらなのかはわからない。
1. 地震の原因は、プレート境界(および、断層)のすべり・跳ね返りだけではない
2. プレート境界や断層の位置が正確に分かっていない(新しい地震がおこると、位置が追加される)
ちなみに、熱移送だけの理由で地震が起こっているのであれば、地震の原因がプレート境界(および、断層)のすべり・跳ね返りであるとするプレートテクトニクス理論は間違いですが、それ(熱移送説)は考えにくい。 なぜならば、「熱移送説」は周期的に地震が起きている地学的事実を説明するのが難しいからです。 プレートテクトニクス理論が支持されている理由もそこにあります。 ただ、熱移送でも地震が起こっている可能性(1.の場合)はあると思います。

 静かなる革命2009 | 2011.04.04 22:38

拡散希望:低レベル放射性汚染水を海洋に放出する意図的な犯罪行為を直ちに停止せよ

今日は不覚にも深寝してしまった.パソコンの前に座ったら,低レベル放射性汚染水の海洋への意図的放出が始まっていた.予定していたメガフロート(1万トン)の手配…

 たつまき | 2011.04.06 4:16

 プレートテクトニクス理論の原因・結果を逆転した野蛮レベルの地球の科学の誤りと、マグマ運動原因説は説得力がある感じだ。但し熱移送説もマグマ運動の一環として考える必要があるだろう。
 そもそも太古に全1的な大陸がマグマ運動の結果分裂して離れた結果、現在のユーラシア、アフリカ、北米、南米、豪州の5大陸に分かれたことは、周知の通りだ。それを発展させないで、横道へそれた結果がプレートテクトニクス理論の形式論理だろう。
 今回のM9.0の東北・関東大地震+巨大津波襲来+福島原発-1破局という1000年に1回と言われた出来事は、地球の野蛮で邪悪、腐敗した資本制金権奴隷支配体制と地球人の腐敗した現代生活様式を廃絶して、先進惑星文明が示しているように、万事無償奉仕の新地球社会へ移行せよとの、創造主らの宇宙ブロックス管理界の天命のアポカリプス(啓示)であった。
 東北の被災地では現代日本の生活様式が、TV映像が示したように、文字通り<木っ端微塵に>打ち砕かれた。国家、自治体、企業の無償の救援とボランティアら
被災者らの助け合いが全国で起こっている。
 今回の大地震は、創造主らによるマグマ操作の結果だった可能性が大である。その作業がどの地点で行われたか、それが未知の謎になっている。そうしたことを解明する学者はいないようだ。TVに登場するような東大、阪大、東京工大、早稲田、慶応などの御用学者らは短い人生を拝金主義で空費している「自発的な」金権奴隷らだから。

 静かなる革命2009 | 2011.04.06 8:06

原発危機:なぜ2号機ピットから噴き出てる水をバケツで受けない?

おめでとう!やったね.
汚染水の流出止まる 福島第1原発2号機
2011年4月6日 06時52分
http://www.excite.co.jp

 !うにまろ!日記 | 2011.04.07 22:55

東電を訴えろ! 国を訴えろ! 保安院を訴えろ!

官僚個人名でも可(どうにか抜け道くらい探せる)。福島原発推進した当時の政治家個人でも可。
つか、全方面に弾幕張れ!!
汚染水の件で 、
東京都民、千葉県民…

 unimaro | 2011.04.07 23:06

お疲れ様です。
プレート理論が結果だということは、なるほど!でした。
熱いマグマが冷たい表層に近くなれば、固まるのは当然で、それがマグマの流れにより裂けたり重なったりするのもなければおかしいくらいのこと。
プレートのひずみというより、マグマの流れを捉える方がより地震の原因とわかりやすい。
そこで、「わざと地震を起こす」とすれば、「何処を狙えばいいのか?」が解明すれば、逆に「どこを観察していればいいのか?」ということになる。
今までの地震というサンプルを通し、原因地域に何か変化があったかどうか、ということを知りたいですね。
その「変化」がある程度固定的な事象であるならば、もっと良いし。
その「変化」の原因をつかめれば、もっと面白いし、、、
興味は尽きません。
ありがとうございました!

 mohariza | 2011.04.30 3:14

<プレートテクトニクス理論は、言うほどには悪い理論ではない。むしろ、それまでの地球科学を大きく前進されたすぐれた理論である。いけないのは、そのあとの発展のさせ方である。おそらくは偏微分表現の多い一見複雑に見えるが実は単なる線形理論にしか過ぎない単純化が、方向を誤らさせた。>との、感(?)、当たっている気がします。
「プレートテクトニクス理論」が、ようやく、ウゲナーの素人的発想から、科学者の認知を受け、40年ほど経ちますが、科学の常である、<理論>での表面的浅学に陥っている感がしています。
地球(ガイア)の深遠さは、そう簡単に、理論では、解明できないと思っています。

 enkazu. | 2011.05.20 0:31

地震の原因についての考察、とても興味あります。自慢の木造工法の私宅も屋根瓦などほぼ全壊状態、真壁にも亀裂が走り修復の見通し立たず・・の状況。だが、周囲を見渡すと無傷から崩壊までの形状素人観察(専門調査の様子は皆無)でも、何か壊れ方に法則性様のもの(ブロック塀等特に顕著?)を感じるのだが、倒壊の原因や耐震の仕組みは極めつくしてしまったのだろうか・・。皮相的な原因追究で進歩してないのでは・・?。 コメントを入力してください

 discount hermes bags | 2014.02.02 21:22

hermes uk courier 日本を守るのに右も左もない | プレートテクトニクス理論は、もっともらしいウソではないか?

Comment



Comment


*