2007年11月05日

小沢一郎辞任の背後にあるものは?

%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E8%BE%9E%E4%BB%BB.jpg
小沢一郎の民主党代表辞任問題で、様々な分析が出始めている。その中の一つを紹介したい。
『るいネット』「副島隆彦から小沢一郎へのエール、これについて感じること」という投稿。
いつも応援ありがとうございます。
まずは『副島隆彦の学問道場~今日のぼやき』からの引用である。

にほんブログ村 政治ブログへ

小沢一郎と、福田康夫首相の党首会談を仕組んだとして、中曽根康弘と、読売新聞のナベツネの名前が、公然と出てきた。 
このキッシンジャーの子分ふたり程度の、たいしたことのない丁稚(でっち)どもに、何かの力があるのではない。小沢への仲介をやらされただけだ。
「無理にでも、福田首相との会談を行っていただきたい。あなたが、そうしなければ・・・・」

真実とは、チェーニー副大統領(イラク戦争の最高責任者、ネオコン派を動かす総帥)が、怒り狂って、「私に刃向かう、日本の小沢をつぶせ。あいつの資金源を洗え。 日本の警察・検察を使って、逮捕させて、政治生命を奪え」と、命令を出したからだ。小沢一郎が、金丸信(かねまるしん)から受け継いだ大切な日本改革用の資金のことだろう。 
小沢一郎は、政治生命を狙われたのだ。命も狙われているだろう。それで、いつもの、私たちの日本国王の得意の手法に出た。さっさと椅子を放り出して撤退する作戦だ。死んだ振り戦術である。
小沢一郎よ。私たち、日本国民は、あなたが、真の日本指導者だということを知っている。福田康夫首相も知っている。全員が、あなたの味方だ。
町村信孝(まちむらのぶたか)官房長官も、小沢一郎に深く頭を下げている。伊吹文明(いぶきぶんめい)自民党幹事長は、「小沢氏の愛国者としての潔い行いに深く敬意を表する」と正直に発言している。

小沢一郎憎しで、小沢潰しに、テレビの画面で喚(わめ)き続けている、田原総一朗を筆答する下賤な輩どもでも、自分自身がアメリカに脅されて使われているからああいう、引き攣(つ)ったような、どす黒い表情になる。いつまでも、お前たちのような国民洗脳用人材に、騙され続けるわけには、ゆかないのだ。森田実(もりたみのる)先生が言ってたごとく、「今の日本のマスコミ(テレビ、新聞)は、国民に向けられた刃物だ」のとおりである。

「大連立は、小沢の方が持ちかけた」などど、ナベツネの子分の読売新聞は、そういう謀略記事を書くと、そのうち、自分たちが、あまりにも情けない嘘つき人間たちだということが満天下に露呈して、自責の念に駆られる。すでにそうなっている。

アメリカ帝国は、今や金融面から、どんどん激しく崩れつつある。チェーニーの親分の”世界皇帝”デイヴィッド・ロックフェラー(92歳)は、今、日本に来ている。いくらなんでも、彼、本人が、小沢一郎を直接、脅迫したということはないだろう。 
チェーニーは、ご主人さまであるデイヴィッドの言うことも聞かなくなりつつあって、戦争経済(ウォー・エコノミー)の法則もあって、イスラエルの肩を持って、イラン爆撃までやりたくて仕方が無いのだ。悪の帝国の内部も、割れている。アメリカ自身が、今が、正念場だ。
シティグループ(シティバンク)の株価が、38ドルまで暴落している。デイヴィッドの大番頭の、サンフォード・ワイルが持っているメリル・リンチは、倒産するだろう。 

           

以下の新聞記事では、ここの箇所が一番、大事です。小沢は、自分の命を狙われている最中でも、自分が脅迫され、強制されて無理やりやらされた、福田首相との会談を、逆にチャンスだと考えて、次のように、自民党と民主党の合意事項として、確認している。さすがである。
「・・・ 首相が決断した1点目は、国際平和協力に関する自衛隊の海外派遣は国連安保理、もしくは国連総会の決議によって設立、あるいは認められた国連の活動に参加することに限る、したがって特定の国の軍事作戦(すなわち、アメリカ合衆国の軍隊との共同作戦のこと、「集団的自衛権」容認の策動のこと。副島隆彦注記)については、我が国は支援活動をしない。」

以下が『るいネット』の「火中の栗」氏の分析である。

“世界皇帝”デイヴィッド・ロックフェラー帝国、崩壊寸前(ex.倒産寸前のメリル・リンチ)という状況認識がまずあって、
⇒苦し紛れにデイヴィッド側が日本に圧力
→「チェイニー→中曽根+ナベツネ」ルートにて大連立を強制
⇒福田+小沢会談の「阿吽の呼吸」により小沢辞任声明、とりあえずデイヴィッド圧力を回避
→思うようにいかなかったデイヴィッド側が御用マスコミ(読売など)を使って小沢叩き
幹としてはこんな感じか。
だとすると、副島氏が主張されているように、小沢一郎の判断は賞賛すべきものだろう。
しかしながら、事態はこれで収拾するわけはもちろんない。
デイヴィッド失脚後には、
さらに狡猾なジョン・ダビッドソンロックフェラー4世(通称ジェイ)が世界経済支配を企んでいる。
これに対抗する案を、今から探っておくべきだろう。

(本郷猛)

List    投稿者 hongou | 2007-11-05 | Posted in 10.日本の時事問題5 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/11/516.html/trackback


コメント5件

 匿名 | 2008.01.22 21:19

当時書かれた満州を舞台にした小説を読んだ事があります。
旧いしがらみから切り離され、新しく創られた都市。日本・中国・ロシアなど多くの民族が混在したコスモポリス。一攫千金を狙った人々が集まる場所。そんなイメージでしょうか。
昭和の、普通の人々がようやく海外旅行へ行き始めた頃を知っている私には、戦前に日本人がそんな場所を創っていたのが驚きでした。
本国の統合から離れ、市場が大暴れできる場所を作り出した当時の人々にとっては、抜け駆け競争に勝てる期待に応えてくれる場所だったのでしょう。
そして、その新しい国の経営に失敗し、抜け駆けしていた奴らが今のこの国のマスコミの基礎を創ったということでしょうか。
hihi

 goen | 2008.01.23 10:28

確かに後に悪人と言われる人達が現在日本の情報産業主にマスコミの指導者という立場に居座った事は国民にとって悲劇です。この中の大半の人達は米国のスパイとして国民を監視し情報操作を行なっている。それ程に日本を管理するには大変な事態であり努力を要する戦後政策だった事を米国は知り得たのはたいしたものである。しかしその後の米国は余りにも日本の戦後政策が甘く行き過ぎて失敗ばかりである。

 アルルの男・ヒロシ | 2008.01.23 12:37

この満州ネットワーク図、イイですね。早速DOWNさせて頂きました。トイレにでも貼っておきます。

 匿名 | 2008.01.23 19:13

この図解、登場人物と組織はわかるんですが、相関関係が抜けています。(資金援助、とか縁戚関係とか同郷とか同学部卒とか)

 black hermes bags | 2014.02.01 16:29

hermes handbags price in malaysia 日本を守るのに右も左もない | 「どうする?マスコミ支配」12~満州国と日本の新聞・テレビ・ラジオ・映画の人脈図解(案)~

Comment



Comment


*