2018年09月28日

日本における旧勢力、新勢力とは?

週末また大型の台風が近づいている。どうも30日の沖縄知事選狙い+国民への脅しか。3.11までの大地震は主に米ロックフェラー・ネオコンの攻撃・脅しだったが、熊本地震以降の災害は、日本の支配層の仕業と考えられる。
特に北朝鮮の軍事圧力が演出できなくなった後、彼らは、強烈な自然圧力を演出することで、人々が国家に依存してくるのを狙っている。・・・彼ら自身がアメリカの力に完全服従しているが、同様に力で脅せば人々がついてくると思い込んでいるのではないか?
何をしでかすか分からない日本の支配層・・・とりわけ3.11・不正選挙以降
熊本地震への疑惑

このような力の信奉者が日本の支配層(闇勢力+天皇+田布施)である。 (さらに…)

江戸時代の寺子屋の風景。無秩序だが活力と学ぶ意欲に満ち溢れていた!

寺子屋

▲一掃百態 寺子屋図 渡辺崋山画 文政元年 田原市博物館蔵

江戸時代の画家で、三河国田原藩の家老でもあった渡辺崋山。その崋山よって描かれたたくさんの寺子屋の絵が残っています。上の絵もその一つ。
これらの絵を見て驚かされるのは、とにかくその様子は「学級のまとまり」など皆無で大騒ぎ、大はしゃぎといった感じ。現代の学校教育の視点から見れば「学級崩壊」ではないか!?と思えてしまいます。

しかしこの教育現場の姿にこそ、江戸時代の社会や精神が色濃く反映されています。

「ほぼ日刊イトイ新聞」さんで、 (リンク)

この様子を、記者の方(以下―)が江戸東京博物館の学芸員、市川氏に取材した記事が掲載されています。
江戸時代の専門家が語る、非常に興味深い記事なので、抜粋・紹介したいと思います。

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2018-09-27 | Posted in 12.現代意識潮流, 17.これからの教育No Comments » 

「戦うべき本当の敵」を知っている欧米人とそれを知らない日本人

安倍3選の日本に比して、欧州は日増しに民族自決主義へ向けて加速しているようだ。

本日のニュースでは、イタリアが移民・難民の許可を厳格化した。(ニュースはこちら

ドイツでは、反移民・難民政策を掲げる「ドイツのための選択肢」が世論調査の結果、支持率が18%となり2位になった。1位は与党(キリスト教民主、社会同盟)で28%だが、今まで2位の支持率だった社民党が17%となり、3位に転落している。

イタリアでもドイツでも移民・難民の受け入れによって失業率も上がっている。それは当事者である若者達にとって大きな不整合感となって横たわっている。また、こうした移民・難民の受け入れを国策として採り入れている背景さえも、彼らは理解している。

(さらに…)

強烈管理国家:現代日本の姿 ~全てを法制と権力で支配してしまえ~

世界の金貸し支配は、プーチンなど民族派の台頭で風前の灯だが、逆に日本国内では、旧来の支配体制に危機感を感じているのか、国家による管理圧力が日増しに強まっている。・・・息苦しくってしょうがない。

・選挙管理:全て不正選挙でやれ、真実をバラそうとする怪しいやつは、共謀法、特定秘密保護法で葬れ!支持率マスコミを使っていくらでも操作できる。
・子供管理:学校で管理。試験を繰り返して暗記脳化で飼いならせ。反抗するやつは内申点を下げてしまえ。 (さらに…)

  投稿者 nihon | 2018-09-20 | Posted in 05.染脳国家日本, 16.国家の支配構造No Comments » 

何をしでかすか分からない日本の支配層・・・とりわけ3.11・不正選挙以降

江戸末期以降、日本の支配層の従属先の画期となったのは大きく二つ。

日本が英ロスチャイルドの手下(植民地)になった明治維新。
米ロックフェラーの手下になった1930年代昭和維新(注:太平洋戦争後ではない、5・15事件や2・26事件後の1930年代と思われる。その後彼らの命令で勝つはずのない太平洋戦争に参戦)。

そして約80年間ずっとアメリカに従属し、ついに2008年リーマンショックでロックフェラーの凋落。その後、日本の闇勢力はプーチンに近寄る。2008頃から最近までの動きについて。 (さらに…)

  投稿者 nihon | 2018-09-14 | Posted in 04.日本の政治構造No Comments » 

自然外圧と縄文人の自然観・宗教観

西日本の台風、北海道の大地震と、激甚災害が頻発しています。
地震、豪雨、高潮、洪水、土砂災害、、、、その度に多くの家屋や財産、そして尊い人命が奪われています。
しかしその結果、人々がその地域を見捨てたり、厭世的や自暴自棄になるかというと決してそんな事はありません。むしろ地域の結束を強め、先人たちの教訓に塗り重ねる事で、地域復興への決意を新たにします。

 大きな不幸や天災に見舞われても、それを受け入れ、畏怖し、そしてそこから学び生かしてゆく。これは日本人がもつ大きな特徴であり、その起源は縄文時代に遡ります。

本ブログの記事にもありますが、現代、縄文時代をテーマとした展覧会やイベントが各地で企画されたりと、各方面で様々な追求がなされています。(リンク
私権社会の終焉と本源回帰・共同体再生の気運が強まる中、縄文時代を追求する事で私たち日本人の意識や精神の起源を探ろうとする社会潮流が顕在化しています。

私たち日本人のDNAに深く刻印された縄文の精神、これが日本人独特の自然観、生死観を生み出しているといえるのでは無いでしょうか。 (さらに…)

  投稿者 nihon | 2018-09-08 | Posted in 12.現代意識潮流, 13.認識論・科学論No Comments » 

アメリカ新旧勢力の闘い、決着をつけるのは何か?

トランプ就任以来、アメリカ内部での凄まじい闘い。
旧勢力(諜報勢力(CIAとネオコン、英諜報機関、バックにロスチャ))VS新勢力(トランプ、米軍、プーチン、周)
昨年末からトランプ優勢になっているが、決着がつくにはまだ時間がかかりそうだ。

世界情勢はロシアによる中東制圧、IS追い出しがほぼ終了しており、残るはアメリカにおける内戦の行方とEU内の主導権争い。

関連記事
2018年 世界情勢は大転換の最終局面に突入する
世界で頻発する気象兵器による異常気象。新勢力と金貸し勢力による最終決戦突入か

最近の状況について (さらに…)

  投稿者 nihon | 2018-09-07 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

北海道地震~発生の1分後に対策室が設置。政府は事前に知っていた~

本日未明に北海道・厚真町で起きた震度7の地震により被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

その上で、この地震に対する違和感が拭えず、ざっとネットを調べたところ、「やはりか」というような事実や記事を見つけた。

まず、地震発生が午前3時8分。菅官房長官の会見では、3時9分に首相官邸対策室を官邸危機管理センターに設置したという。発生の1分後というのは解せない。政府は地震が発生することを知っていたと見て間違いないだろう。

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2018-09-06 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配3 Comments » 

3.11東日本大震災~政府は8日前に知っていた~

「2011年、津波のあった年の3月3日に、地震・津波のあることを日本政府は知ってました。 知ってたんですよ、8日前に。地震・津波の8日前に知ってました。

しかし、政府と東京電力と東北電力と日本原電が発表を止めてしまったのです。 こんなことって許されますか?みなさん」。

と演説していたのは、井戸川克隆・元双葉町町長だ。2013年7月16日(火)、新宿駅西口での演説である。

(さらに…)