2009年06月30日

6月28日 なんでや劇場「邦人が運んだ13兆円の正体は?ドル・米債はいつ暴落する?」レポート(1)

6月28日のなんでや劇場では、
1.邦人が運んだ13兆円の正体は?
2.ドル・米債はいつ暴落する? の2つのテーマで追求が行われました。
13兆円の米国債の事件は、本来は日本にとって大事件のはず。しかし、マスコミの新聞報道も事件から10日後です。ネット界では、いろいろと意見が出ていますが、今回のなんでや劇場では、歴史を遡り世界を支配する闇の勢力構造、今後のドル・米国債はいつ暴落するか?まで踏み込んで、議論が展開されました。
では、さっそく「なんでや劇場」での議論をシリーズでお伝えします。
いつもの応援クリックもよろしくお願いします。
 

(さらに…)

  投稿者 yooten | 2009-06-30 | Posted in 06.経済破局の行方6 Comments » 

子供たちのネットコミュニティの現状は?

前回のエントリーでは、お母さんたちが参加するネットコミュニティの現状を分析しました。
 
今回は、子供たちがネットでどのようなコミュニティを作っているのか、そこには可能性はあるのか、見ていきたいと思います。
 
応援お願いします☆
 

(さらに…)

  投稿者 kknhrs | 2009-06-28 | Posted in 11.世論形成の場、ネットの可能性1 Comment » 

ドル・米債は暴落するか?⇒通貨制度を巡る各国勢力の攻防

%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%A7%A3%E4%BD%93%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F.jpg
『仕組まれたアメリカ解体の真実』「闇の権力者たちが模索する”新しい金融制度”」(ベンジャミン・フルフォード著 青春出版社)を要約させていただきました。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 hongou | 2009-06-27 | Posted in 06.経済破局の行方5 Comments » 

6月28日 なんでや劇場プレビュー(邦人が運んだ13兆円の正体は?)

 2009年9月28日に行われる「なんでや劇場」の議題は、以下です。
1.邦人が運んだ13兆円の正体は?
2.ドル・米債はいつ暴落する?
 さて、「邦人が運んだ13兆円の正体は?」は、何のことだか分かり難いですね。実は、この話は、報道管制が敷かれ、あまりニュースで取り上げられていなかったようです。それで、なんでや劇場で議論する前に、基礎的事実を少し押さえてみたいと思います。
 a4d7ff9f56694e5c69c8455a3e5b830f.jpg
 続きを読む前に、応援お願い致します。
   
   (さらに…)

  投稿者 hoop200 | 2009-06-27 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造4 Comments » 

お母さん達のネットコミュニティの現状は?

前回、「女性を対象にしたネットコミュニティー。盛況の理由は? 」 の記事を書きましたが、今回は、母親を対象としたネットコミュニティの分析をしてみたいと思います。
応援よろしくおねがいします

(さらに…)

  投稿者 mokki | 2009-06-26 | Posted in 11.世論形成の場、ネットの可能性8 Comments » 

日本の情報戦力の現状・・・かなりお寒い!?

今や勝敗は“情報戦”で決する    にもかかわらず、
日本にはまともな諜報機関がない これってヤバくない!?

●諜報活動ってなに?
Wikipediaによると「諜報活動とは、政治や治安、経済や軍事上の目的などのために、相手国や対象組織の情報を収集する活動である。特に非合法的手段による情報収集をスパイ活動(Espionage)という 。」となっている。が、その実態は、
国益のための情報収集、情報操作、時にはそれと分からないような要人の暗殺さえも諜報機関の「業務」なのである」

「金貸しはCIAやマスコミを使って、情報操作することで大衆を支配しています。敵の情報操作から国民を守るのが国家の役割でもあるのですが、日本にはスパイ防止法がない=『スパイ天国』と呼ばれておりまともな諜報機関もありません。」『なんでや劇場レポート~日本だけ金貸し支配が強まっているのは、なんで?』より
%E8%AB%9C%E5%A0%B1%E6%A9%9F%E9%96%A2%E3%81%AB%E9%A8%99%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AA.jpg

今回は、私企業が行う産業スパイなどを除いて、日本国が国益を守るために行っている諜報活動の現状について調べてみました…続きはポチッとしてから…

(さらに…)

  投稿者 nandeyanen | 2009-06-25 | Posted in 未分類 | No Comments » 

日本郵政社長続投を巡る金貸しの暗闘⇒追い詰められたロックフェラーはどうする?

%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC.jpg
2009年06月22日「今後、日本はどうなる?世界はどうなる?…新会員からの質問です」

先日の日本郵政西川社長継続に関わる鳩山総務相更迭。住友出身の最後のバンカー呼ばれる西川社長がどうして最後まで薄給の日本郵政社長に拘るのか?麻生首相がなぜ最後に鳩山更迭を選んだか?

この背後にはサバイバル闘争に入った金貸し同士争いがあると考えて間違いありません。
以下、『副島隆彦の学問道場』「日本郵政 西川善文人事の紛糾について」から引用します。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 hongou | 2009-06-23 | Posted in 未分類 | 49 Comments » 

ベトナムの可能性

前回の記事「中国プラスワンとしてのベトナムの実情」にも書かれていたように、
ベトナムへ進出している日本企業の評価として、安価で優秀な労働力や対日感情が良好という魅力がある反面、インフラの未整備や裾野産業が未発達、などの課題があることがわかってきました。
そして、近年では徐々に人件費も高騰し始めており生産拠点としての経済的な優位性が低下しつつあります。しかし、ベトナム滞在経験がある人の記事で紹介されていた「日本人が高度成長で失ってしまったものをベトナム人は持っているような気がします」という感想の中に、将来の日本とベトナムの可能性が秘められているように思います。
先進国の中でいち早く豊かさを実現した日本は今、次代の目標を見失っています。しかし、若者を中心に、欧米の価値観(市場原理、個人主義)に代わって私権時代に失われた本源的な価値観(仲間第一、みんなの役に立ちたい)を再生していく新しい動きが出始めています。
ベトナムは将来、欧米化していくのか。あるいは独自の路線を歩んでいくのか。その時、日本の役割は何か。非常に難問ですが、その可能性を探ってみようと思います。

その前にランキングへのクリックをお願いします。 :D :D :D

(さらに…)

  投稿者 hassy | 2009-06-23 | Posted in 09.国際政治情勢の分析21 Comments » 

中国プラスワンとしてのベトナムの実情

2009年6月8日の当ブログの記事「アメリカ没落後の世界⇒日本はどうする?③~米国債は暴落するか?」の中に、今後の「日本がやるべきこと」として以下の3点が示されています。
①生産拠点を南アジアに移す。
②新エネルギーと超軍事技術の開発。
③情報戦を勝ち抜くための諜報機関の強化。
今回は、①の南アジア諸国の中で最も可能性の高そうな生産拠点として
「ベトナム」について報告します。
ベトナムは、
るいネット メルマガ

(さらに…)

  投稿者 ikeyuki | 2009-06-22 | Posted in 14.その他14 Comments » 

今後、日本はどうなる?世界はどうなる?…新会員からの質問です。

当ブログの管理人です。
先日、新しく入会された方から質問がありました。

先日の日本郵政西川社長継続に関わる鳩山総務相更迭。
住友出身の最後のバンカー呼ばれる西川社長がどうして最後まで薄給の日本郵政社長に拘るのか?麻生首相がなぜ最後に鳩山更迭を選んだか?
噂される。前日に小泉前首相から麻生首相にあったされる電話の内容
造船疑獄以上に発展するとも言われる郵政疑獄は果して・・・
売国奴と化した一部の政治家・官僚・学者・実業家・・・
鳩山が主張する正義の内容とは?・・・・・
オバマの師匠のマクナマラとオバマ政権に入ったゴールドマンサックス関連スタッフ動向
今後の中東情勢・・・・
益々混沌の時代に突入した現代、進路を誤ると日本国民も大変なことになりますね。
どのようにお考えでしょうか・・・

コメントや今後のブログ記事で皆さんのご意見お待ちしてます。
参考までに
鳩山を支持する読売の思惑
郵政西川社長続投は米金融資本の後押しがあった
MRA(道徳再武装)とロックフェラー、清和会、革新右派と「連合」、松下政経塾
インフルエンザ騒動総括③~「特権階級=無能」という共認が広がっていく

  投稿者 staff | 2009-06-22 | Posted in 10.日本の時事問題8 Comments »