2018年07月31日

世界で頻発する気象兵器による異常気象。新勢力と金貸し勢力による最終決戦突入か

【環境改変兵器禁止条約】をご存知だろうか。環境改変兵器とは、いわば気象兵器のことである。気象兵器は1977年に軍事目的使用および敵対的使用を禁止されている。これは40年以上前から事実として気象兵器は存在していて、それを軍事や破壊目的で使用している勢力の存在を証明するものだ。以下はウィキペディアからの引用。

1977年5月18日、軍縮NGOの「環境制御会議(Environmental Modification Convention)」において気象兵器を制限する環境改変兵器禁止条約(環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約;Convention on the Prohibition of Military or Any Other Hostile Use of Environmental Modification Techniques。略称はENMOD)がジュネーヴにおいて採択された。なお、東京大学の田中明彦教授は、「環境改変技術敵対的使用禁止条約」と訳しており[2]、また中京大学の杉江 栄一は「環境破壊兵器」と訳している。 同条約では、環境改変技術を破壊や攻撃などの軍事目的による使用を禁止し、気象制御などの平和目的での使用に限定された。

同条約において環境改変技術とは、「自然の作用を意図的に操作することにより地球(生物相、岩石圏、水圏及び気圏を含む。)又は宇宙空間の構造、組成又は運動に変更を加える技術」をいう。

同条約に日本は1982年6月4日に国会承認をはたし、批准した。 同条約にはアメリカ合衆国も調印し、米国国防軍には1978年10月5日に適用された。

ところが禁止条約が締結されてから40年以上も過ぎているにも関わらず、気象兵器による異常気象や人工地震は後を絶えない。台風12号の不可解な動きについては、すでにネットでは多く話題に上っているが、これも気象兵器によるものだ。

にほんブログ村 政治ブログへ

その発生メカニズムは以下の引用に示すとおり。こちらより引用します。

 

そこでこの台風12号およびその前の台風11号についてメモしておこう。

まずは、MIMICの記録データ。

(あ)まずlatest72hrs20180725.gifを見ると、台風11号は日本の東の太平洋上でいきなり誕生した。

普通は台風は赤道付近のフィリピンの東沖合で誕生するものである。これまではそうだった。

しかし今年や最近の台風はもうこういう古典的形で誕生しない。

なぜか?

というと、昨今の台風は完全に気象コントロールされたものだからである。

つまり、人工台風=マンメイド台風=人工的に作られた台風だからである。

(い)台風10号

a0348309_8391895.png
電磁照射で台風11号の目を作り台風化させる

a0348309_854198.png
発達した台風が日本へ行くように高気圧に電磁照射

a0348309_856573.png
新たに台風12号を電磁照射で創生する

a0348309_932546.png
台風12号の周りに巨大な円形フィールドができる

a0348309_9163659.png
7月27日台風12号関東直撃コースレディー+新たに電磁照射で次を作る準備

a0348309_9214253.png
(う)そして何より興味深い現象=初めてみた現象がこれだ。
2018年7月27日00時

a0348309_9214253.png
a0348309_9375212.png
a0348309_953172.png
a0348309_9532351.png
a0348309_9532931.png
a0348309_9534020.png
a0348309_9534345.png
a0348309_9534626.png
a0348309_9535031.png
a0348309_9535436.png
a0348309_95409.png
突如として電磁放射が行われて、しばらくずっと続き、徐々に消えていく。

明らかにこれがこの地域を冷やして台風12号を日本直撃、関東直撃させることを目的とした意図されたものと考えられる。

本来ならこの地域は偏西風の暑い空気が日本に流れるから、台風12号はもっと北よりに逃げていくもののはずである。

それをこの地域を意図的に寒気を生み出して台風12号を引き寄せたものと考えられる。

 

実は、ここ1ヶ月余りの間で、世界各地で異常気象が発生している。カナダケベック州では高温のための50名以上の死亡者が出ており、アメリカのカリフォルニア州においてはバンクーバーで45.6度、ロサンゼルスでは47.2度の猛暑、オマーンでは最低気温が42.6度と過去最高を記録している。

国内においても熊谷で過去最高の気温41.1度を記録した。ここ最近の国内で頻発する地震はすべて震源が深さ10Kmと浅く、人工地震の可能性が高い。

またギリシャ、ノルウェー、スウェーデンでは大規模な山火事が起こっている。

これら異常気象は、気象兵器によるものと考えられる。では、誰が何の目的で気象兵器を使用し攻撃しているのか。おそらくはネオコン・CIAら旧勢力の仕業である可能性が高い。

今、世界各地で起こる気象兵器による災害(破壊)は、いよいよ新勢力(と奥の院)による金貸し勢力(つまりグローバリズム)との決戦が最終段階に来たのではないか。追い詰められた金貸し勢力の最後の“あがき”なのではないか。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2018/07/7900.html/trackback

トラックバック(1)


コメント1件

 社会系 | 2018.07.31 21:38

的確な推測だと思われます。
大方正しいでしょう。

Comment



Comment


*