2009年07月31日

ドル・米国債暴落を巡る闇の支配勢力間のせめぎ合い

%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0.jpg
前稿の内容は、米金融機関を粉飾させて米国債を買わせているという話であり、言い換えれば現在の米国債価格そのものが粉飾でかろうじて維持されているということになる。
しかし、先日のなんでや劇場での議論を踏まえて言うと、ドル・米国債が暴落するか否かは、欧州貴族+中国・アラブ連合VS金貸し勢力の暗闘の中で、とりわけ前者の判断がドル・米国債を暴落させるのか否か、どちらになるのかによって決することになる。『国際戦略コラム』の5月17日の記事「米国覇権の盛衰」に重要な指摘がある。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 hongou | 2009-07-31 | Posted in 06.経済破局の行方3 Comments » 

米金融機関を粉飾させて米国債を買わせている?

ドル・米国債は暴落するのか?を考える上、現状はどのような構造で米国債価格が暴落しないのか?を考える必要がある。『国際戦略コラム』の7月25日の記事「米国の景気回復戦略2」に興味深い記事があった。引用させていただきます。どうやら、米金融機関大手に粉飾で儲けさせた上で、米国債を買わせているようである。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 hongou | 2009-07-31 | Posted in 06.経済破局の行方2 Comments » 

ドルは、本当に暴落するのだろうか?

ネットで検索すると、ほぼ多くの意見が暴落する側の論調で書かれているが、
数少ない“ドルは暴落しない”説に引き付けて予測してみると、
当面、ドルが下落し続けることはあっても“暴落”まではいかない。
多極化を描いている“金貸し”にとっても“ドル暴落”はリスクが大きすぎる。 “ドル暴落”という引き金を引いても確実に回収(富を収奪)出来る見込みがない限り、主導権を握るぐらいまでは追い込んだとしても“ドル暴落”まではさせないように思う。
続きを読む前にポチ・ポチ応援お願いします。

(さらに…)

  投稿者 sodan | 2009-07-30 | Posted in 未分類 | 4 Comments » 

米国債暴落を予測するブログの紹介

20090706org00m020014000p_size5.jpg
週間エコノミスト7月14日号は特大号【特集】米国債暴落でした。ちまたでは米国債の7月危機説なども広まっています。ネット界では米国債暴落についてどのような見方があるのか調べてみました。

(さらに…)

  投稿者 nodayuji | 2009-07-30 | Posted in 未分類 | 25 Comments » 

ヴァイキング

 裏で社会を操っている人たちがいるのではないかと言われることがあります。今回はその可能性のあるヴァイキング=ノルマン人について調べてみました。ノルマン人(Normanean)は、スカンディナヴィアおよびバルト海沿岸に原住した北方系ゲルマン人のことを言います。初期の時点では、「ヴァイキング」と呼ばれていました。有名な話だけでも以下のようなものがあります。
現イギリス王室の開祖となったウィリアム1世は、ノルマン人の支配するノルマンディー地方の君主であるノルマンディー公の系譜の一人として、ロベール1世があり、その庶子として、フランスのファレーズで生まれました。
ノルマン人すなわちヴァイキングの系譜が現イギリス王室であり、今でも裏の社会にヴァイキングの末裔がいるという説があります。
 たとえば地中海に進出したノルマン人たちは、ローマ教皇の唱えた十字軍にも参加し、その中には、1099年にアンティオキア公国を建国した者もいたそうです。
 アイスランドに進出したノルマン人の中には、大西洋を越え、グリーンランド、アメリカ大陸(アメリカ大陸の発見)へ達する者もいたそうです。
 ロシア平原(ガルダリケ)に侵入した一派はヴァリャーグと呼ばれます。彼らはこの地で「ノヴゴロド公国」、「キエフ大公国」を建国しました。さらに黒海に進出し、東ローマ帝国のコンスタンティノポリス侵攻も行いました。ただし彼らは、商業目的も兼ねていました。また、北欧から東ローマへ赴いて傭兵となり、皇帝の親衛隊として活動したノルマン人も多くいました。
 実は、13世紀までには、殆どのノルマン人は消滅し、あるいはそれぞれの国・地域に同化していったようです。
詳しく知りたい方は よろしくお願いいたします。

(さらに…)

  投稿者 norio | 2009-07-28 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造No Comments » 

日本の諜報活動の歴史

世界の情報戦に日本はどう対抗するか?
『日本の情報戦力の現状・・・かなりお寒い!?』 と
『次代の国際社会では日本人の弱点が強みになり得る!?』
続いて日本の情報戦の歴史について押えておきたいと思います。
■中世;戦国~忍者の時代
・甲賀と伊賀は、鎌倉時代にはその領地の大半が荘園だったため守護や地頭による支配を受けなかったが、戦国時代になり荘園が崩壊すると、地侍が数十の勢力に分かれ群雄割拠した。
各地侍が勢力を保つため情報収集戦とゲリラ戦が日夜行われ、「忍者」が自然発生したのではないかと考えられている。
・戦国時代;情報収集や、敵軍内・国内を撹乱する活動に従事する「間者・素破・乱破・草」などが登場する。大半は専業武士ではなく、戦時以外は市井の人として暮らし、戦時or緊張時になると、対立する勢力の間で情報を操る役割を担ったと思われる。
・江戸期になると、忍者あがりの服部半蔵が幕臣として登用されたり、間宮林蔵のように公儀隠密として歴史に名前を刻む人物も登場するが、主は国内の諜報活動であることに変わりはない。
・近代国家成立以降は、軍隊の中に斥候部隊などとして位置づけられたと思われるが、諜報専業の部隊が創設されるのは日露戦争を待つことになる。
続きも読んでください!その前に⇒

(さらに…)

  投稿者 nandeyanen | 2009-07-27 | Posted in 14.その他2 Comments » 

『金貸しによるメディア支配』4 ~アメリカ・オーストラリア・日本のメディアの現状~


画像:家庭の一日の平均TV視聴時間
(economist.comから引用)
前回の、ヨーロッパのイギリス、フランス、ドイツに続き、アメリカ、オーストラリア、日本のTV局を紹介したいと思います。
いつも応援ありがとうございます

(さらに…)

  投稿者 taka | 2009-07-26 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配1 Comment » 

ドル・米国債暴落とは、市場原理の終焉に他ならない

%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E5%82%B5.png
ドル・米国債はいつ暴落するのか?⇒世界経済はどうなるのか?の追求に入りたい。その前提として、ドル・米国債の暴落が意味することは何なのか? その本質構造を明らかにしておきたい。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 hongou | 2009-07-26 | Posted in 06.経済破局の行方3 Comments » 

『金貸しによるメディア支配』3 ~ヨーロッパのメディアの現状~


画像はkiwiblogさんからお借りしました。
前回、主要国(イギリス、フランス、アメリカ、オーストラリア、日本)の民放テレビ局を調べたところ、海外ではメディア王やメディアコングロマリットによってグループ化されていることが分かってきました。
今回は、さらにドイツを加えた主要6カ国のメディアのグループ化の実情について調査してみました。
今回は、ヨーロッパのイギリス、フランス、ドイツを紹介したいと思います。
いつも応援ありがとうございます

(さらに…)

  投稿者 mokki | 2009-07-26 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

7月20日なんでや劇場レポート 闇の支配勢力史3

1、2と闇の支配勢力史を見てきました。
ここでは、現代において彼らがどのように世界に関わってくるのかを見ていきます。
今も影響力を持っているのか、彼らの内どの勢力が力を握っているのか?
まずは、ヨーロッパ系闇の勢力を新旧二つに分けて考えて見ます。
近代以前の「王侯貴族たち」の系譜と近代以後に勢力を急激に伸ばした「金貸し」たち。
①ベネチア勢、②騎士団勢、③バイキング勢、の太古からの財宝を引き継ぐ王侯貴族、つまり中世的概念で言えば「領主」と、彼らの資金を運用する事で莫大な資本を蓄積した④ロスチャイルド系、⑤ロックフェラー系の「金貸し」。
彼ら二者のうち、どっちが強いのか、つまりどっちが金持ちか?
img9d42436fzik5zj.jpg
写真はこちらからお借りしましたhttp://plaza.rakuten.co.jp/nacky046/diary/200803230000/
面白そうでしょ?下をポチッとしてからお願いします。

(さらに…)

  投稿者 hihi | 2009-07-25 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造9 Comments »