2006年10月12日

中国の方が日本と手をつなごうと政策転換したのか?

中国は日本の首相が安倍氏 に決まったとたんに、中国に安倍首相を招待しました。中国側のメディアも安倍首相を絶賛し、小泉前首相を酷評しています。
以下引用開始

■日中共同プレス発表の骨子
 一、日中関係は両国にとり最も重要な2国間関係の一つ
 一、双方は日中共同声明、日中平和友好条約および日中共同宣言の諸原則を順守し、歴史を直視し、未来に向かい、両国関係の発展に影響を与える問題を適切に処理する
 一、双方は共通の戦略的利益に立脚した互恵関係の構築に努力する
 一、日本側は中国の指導者の訪日を招待。中国側は原則的にこれに同意
 一、日本側は戦後60年余、一貫して平和国家として歩み、引き続き、平和国家として歩み続けることを強調。中国側はこれを積極的に評価
 一、東シナ海を平和・協力・友好の海とするため、双方が対話と協議を堅持し、意見の相違を適切に解決する
 一、日中有識者による歴史共同研究を年内に立ち上げる
 一、双方は、核実験の問題を含む最近の朝鮮半島情勢に深い憂慮を表明。対話と協議を通じて朝鮮半島の非核化の実現、北東アジア地域の平和と安定維持のため、6カ国協議を推進し、ともに力を尽くす
(10/08 20:44)

http://www.sankei.co.jp/news/061008/sei003.htm
安倍氏賛美、小泉氏こき下ろし 中国メディア
 

にほんブログ村 政治ブログへ

8日付の中国共産党機関紙・人民日報は「智者は勢いに従って事を謀る」と題して安倍晋三首相の訪中を論じる記事を掲載した。訪中を決断した安倍首相を「智者」と持ち上げて絶賛する一方、靖国神社参拝問題などで日中関係を悪化させた小泉純一郎前首相を「自己陶酔する独裁者」とこき下ろした。
 記事は「就任後わずか13日、日本の首相として史上初めて中国を最初の外遊先に選んだ」安倍首相の訪中を「氷を打ち砕く旅」と表現した。「安倍、小泉両氏はともに世襲議員で、同じ自民党の森派に所属、政策や主張は基本的に同じだ」と位置づける一方で、2人の違いを分析している。
 安倍首相は就任後、「靖国神社参拝について『政治や外交上の問題になることを望まない』立場をたびたび表明した」と紹介。その上で「『国家利益』よりも『心の問題』を優先する小泉前首相」と違って、安倍首相は「周りの意見を積極的に受け入れる」「国際情勢に順応できる」「智者」だと評価した。
 今回の訪中の決断について「アジア外交の改善という公約を果たすと同時に、小泉前首相が残した負の遺産を清算し、野党の攻撃も封じ込めることができる。まさに半分の力で2倍の効果を上げることができる」と、安倍首相を自国の政治家のように褒めたたえた。
 「人民日報」は中国共産党の中央宣伝部に直属し、自他ともに認める中国政府の「のどと舌」(代弁者)だが、今回のように外国の指導者を手放しで賛美するのは極めて異例。背景に、国民の反日感情をなだめて、日中首脳会談を決断した胡錦濤国家主席を援護射撃する狙いがありそうだ。
(10/08 21:21)

http://www.sankei.co.jp/news/061008/kok009.htm
引用終了
中国メディアは言論統制されているので、中国という国が語っているのと同じです。中国側が積極的に日本と手をつなごうとしていると考えられます。日本も中国から招待されれば、アメリカが行くなと言ったとしても、さすがに断れないのでしょう。断ったということが世界に認知されるのは、外交上まずいはずですね。今後、日本=安倍首相がどう動いていくのか気になります。
小澤
          
 

List    投稿者 postgre | 2006-10-12 | Posted in 09.国際政治情勢の分析7 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2006/10/24.html/trackback


コメント7件

 匿名 | 2006.10.15 12:52

非常に面白かったです。
恥ずかしながら今日まで見落としていました。
ABENDに是非ともリンクしてください。
お願いします。

 taka | 2006.10.15 19:03

“ABEND”というのは、「安倍をThe Endさせよう!」キャンペーンのことでしょうか?

 ET | 2006.10.16 15:21

テレビは日米の反共主義者の協同により誕生した?

>戦後のテレビがアメリカの反共の防波堤(=国民の染脳装置)として始まった。
>確かに、電通がテレビに消極的だったのは不思議ではある。だとしても、電通とテ…

 ET | 2006.10.16 15:27

テレビは日米の反共主義者の協同により誕生した?

●電通・吉田秀雄との対立
柴田の構想は、借款の1000万ドルで全国的なマイクロ回線網を所有し、日本全国に日本テレビの支局を置き、ネットワークを形成すると…

 カマヤン | 2006.10.23 13:39

ABEND は http://tbp.jp/tbp_6610.html かな

 にほん民族解放戦線^o^ | 2006.11.14 23:42

日本(の)テレビによって日本人の心理的植民地化は完成した

先日、こんな本が出た。
『日本テレビとCIA発掘された正力ファイル』有馬哲夫著(新潮社 2006年10月20日発行)
「暗号名PODAM=正力松太…

 hermes fake | 2014.02.03 2:31

fake hermes bags in uk 日本を守るのに右も左もない | テレビも反共の防波堤として始まった

Comment



Comment


*