2019年02月07日

裏アベノミクス ~気象兵器、人工災害型公共事業~ 

いろんな業界で人手不足感が強くなっている。・・・それを安倍・麻生一派は政策がよくて好景気だからと自慢げにいうだろう。
その原因は五輪・日銀緩和、高齢化・人口減、それに加え近年の相次ぐ災害。

にほんブログ村 政治ブログへ
かなり強く勘ぐっているのは、アベノミクス→表向き経済を活性化させる方策として、2010年代から気象兵器・人工地震が使われるようになったのではないか?・・・ということ。

・2011年の3.11 →2012年アベノミクスと日銀緩和開始
 ※3.11はアメリカの金貸しが日本の民主党打倒→日本支配のために引き起こした。
 このとき安倍のバックにいる闇勢力は気がついたのではないか?
  災害は儲かる、需要が一気に生まれると。
  事実1990年台のバブル以降沈んでいた土建業界が一気に復活した。
・2013年東京五輪誘致
・2016年熊本地震
・2018年大阪地震、北海道地震、西日本豪雨

しかも、災害であれば政府や自衛隊や公務員の活躍の場が広がる。マスコミがそれらを報じる。・・・人々は自然災害ならしょうがないと思うし政府に頼る意識が生まれる。そして、地球温暖化が悪い、もっと二酸化炭素を減らさなければ・・・と誘導されていく。

【関連記事】
北海道地震~発生の1分後に対策室が設置。政府は事前に知っていた~
日本にも気象兵器があった・・・ケムトレイル+京大MUレーダーで気象操作 元京大講師の内部告発
ロシア国防省:日本は地震を偽装した核実験を止めよ
お上の暴走年表

これらはマスコミ支配・観念支配とセットだということ。気付いてしまえばなんということはない。単なる脅し、力の支配=国家原理そのもの。

明らかにおかしいと感じている人は増えている。地震や気象は人間の本能を揺さぶる。3.11から人々の覚醒(マスコミや学者がなんと言おうと原発・TPPはダメ→支配者は不正選挙に追い込まれる)が始まったように、地震や気象操作はますます人々の不整合感を刺激し本能レベルから覚醒させていく。いずれ、徹底的な事実追求で丸裸にされるだろう。

(by Hiroshi)

List    投稿者 nihon | 2019-02-07 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配, 05.染脳国家日本No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2019/02/8549.html/trackback


Comment



Comment


*