2011年06月27日

『今こそパラダイム転換が求められる時』シリーズ-9-②~現実、その下部意識と上部意識~

シリーズ9-①では、「世界支配」に照準を絞った支配意識の成立構造を押さえ、金貸し達は、自我・私権意識を主軸とした下部意識の弱点構造を巧みに利用して、観念支配 世界支配を磐石なものにしてきた共認支配が現在、最大の壁として立ち塞がっていることを扱いました。
今回は、この支配を打ち破る可能性について見ていきます
%E8%A1%A8%E7%B4%99%EF%BC%9A%E9%9D%92%E3%81%84%E5%9C%B0%E7%90%83.jpg
以下観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識 からの引用です。

ところが、’70年、貧困の消滅によって、下部意識が大転換してゆく。私権時代を貫く(=現実否定→倒錯思考のパラダイムを貫く)自我・私権意識が急速に衰弱し、代って全意識の充足基調⇒本源収束が強まっていった(それが顕在化してきた=見え易くなったのは、’95年くらいからである)。
それに伴って、現実は、生存圧力の場から同類圧力の場へと大転換を遂げる。
現実の中に可能性を求める充足基調⇒本源収束の下部意識を、現実否定のパラダイムで導くことなど出来る訳がない。かくして、現実否定→倒錯思考のパラダイムと、それによって作られてきた全ての既成観念は、現実に通用しなくなって終った。
それどころか、このパラダイムは自ら変わることができないが故に、それが作り出した既成観念群が人々の上部意識(観念回路)を覆い尽くし、新しい時代を形成してゆく筈の下部意識=本源収束の出口を塞いで社会を全面閉塞状態に陥らせている。

この同類圧力の場への大転換については、シリーズ-7 の可能性-1:日本人の可能性として押えてきました。
これを金貸しによる世界支配という大きな視点で見ると、日本ほどではないが、世界的にもこの潮流の萌芽が見られます。
その前に、
いつも応援 ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログへ


可能性6.反米の世界共認の拡がり
湾岸戦争(’90.08)や同時多発テロ(自作自演:‘01.9.11)発のイラク戦争(’03.03)、’78から今尚続くアフガン紛争等、数多くのアメリカ発の戦争により、アメリカの自己中心的で強引なやり口に辟易した周辺諸国は、一気に反米に転じた。この世界共認によって、アメリカ(:ロックフェラー)の戦争による利益拡大の可能性が封鎖された。これにより、戦争利権に収束してきた旧いやり方(:支配)の可能性が封鎖されたということは、支配構造を打ち破る意味では、大きな可能性である。
%E5%90%8C%E6%99%82%E5%A4%9A%E7%99%BA%E3%83%86%E3%83%AD.jpg%E5%8F%8D%E7%B1%B3.jpg%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%99%E3%82%B9.jpg
参考:
なんで屋劇場『金貸し支配とその弱点』3 ~金貸しの弱点 
「自己中は敵」という世界共認は加速中
可能性7.金融監視体制強化の世界共認の拡がり
戦争での利益拡大を封鎖されたアメリカ(:ロックフェラー)は、次のターゲットを金融・証券市場に求めざるを得なくなった。そこは、ヨーロッパ勢力(:ロスチャイルド)のニッチで、いわば、縄張り侵犯による一騎打ちに打って出たことになる。そこで、サブプライムローンやCDSなどの無茶なバクチを仕掛けたロックフェラーは、その道では百戦錬磨のロスチャイルドに返り討ちにあった。これがリーマンショックです。
しかし、その常軌を逸した(経済秩序を崩壊させかねない自己中行動を起こした)両者の戦いは、彼らの金主(王族・貴族etc.)の反感を買い、金融監視体制強化の世界共認が広がっていく。これも、長い間「金貸し」を生業として行ってきた金貸しにとっては、大きな痛手で、それは即ち、支配構造を打ち破るさらなる可能性である。
%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0.jpg%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF.jpg%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF.jpg
参考:
10/19 なんでや劇場レポート3 ~アメリカ覇権の終焉~ 
可能性8.門外不出の情報が白日の下に晒される
上記、両者(ロスチャ×ロック)の対立は、それまでは門外不出であった「裏支配」の情報が、次々に両陣営から暴露(:情報リーク)され、彼らの支配構造が白日の下に晒され始めた。このことは、彼ら金貸し達にとっては、致命的な問題である。
なぜなら、基本的に彼らの支配構造は、遥か7,000年前の遊牧に於ける“羊の調教”となんら変わっておらず、実はとても単純で分かり易いのです。それを人目につかない“裏”で操っていることが、現実を見えなくさせ、それ故に、厄介だったのです。
近年それが明るみに出たことで、一気に様々な事象が繋がり、構造化されてきました。この支配構造が把握できるということこそ、それを打ち砕いていくための充分条件で、大きな可能性となるのです。
参考:
6/5なんでや劇場(1) マスコミ報道と反比例して広がる放射能汚染 
なんで屋劇場レポート「金貸し→特権階級の暴走どうする?」その2 
壁を打ち破れるのか?
以上の可能性6~8は、
これらの可能性は、前々記事(リンク)で触れた金貸し支配の手法、
①~⑥の内、

①世界の各国は金貸しの支配下にあり、その事実は門外不出であった。
②支配の手法は、羊の調教と同じように、各国に彼らの意のままに動く指導者を送り込んで、庶民(群集)を操るという方法

を打ち砕いていく!!
シリーズ-7、8で示された可能性1~5と合せると、支配構造の①~⑥は全てクリアされ、これによって、金貸し支配は終焉に向かうことになります。しかし、現実には、人々は自ら考え始めるか?というと、まだまだその潮流は弱いというのが現実です。

常に次代へ向かう人々の先端意識は、すでに私権収束から本源収束へと転換した。従って、現実は、既に大勢として生存圧力の場から同類圧力の場へ転換したと云えるだろう。残存する自我・私権意識は、放っておいてもとことん衰弱してゆき、いずれは消滅する。
従って、自我・私権を否定することにこだわるよりも、その奥にある新しい充足基調⇒本源収束という可能性の実現に、意識の焦点を当てた方が良い。

このように、いずれは衰弱していく私権意識で、それにつれて、徐々に本源収束の潮流は強まっていきますが、今回の原発事故を受けて、事態は余談を許さない状況になってきています。
支配の終焉を予感した金貸し達も、存在基盤を失ってしまうという危機意識から、後先を考えない手荒なやり方で仕掛けてきています。また、正体を暴かれたことで、逆に自分達の恐ろしさを庶民に植え付けようとしてきています。そしてそれらは、いずれもマスコミを使って洗脳するという手法です。
%E6%9C%A8%E6%BC%8F%E3%82%8C%E6%97%A5%EF%BC%92.jpg
%E6%97%A5%E3%83%86%E3%83%AC.jpg
テレビ離れが進んだとはいえ、元々、モノを考えない日本人は、まだ、マスコミの影響を強く受けています。最後に残された壁は、この手負いの金貸し→マスコミ支配の壁となります。次回は、この壁を日本人は突破できるのか!?について扱っていきます。

List    投稿者 sashow | 2011-06-27 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2011/06/2012.html/trackback


コメント1件

 hermes buy | 2014.02.01 22:21

hermes uk glasgow 日本を守るのに右も左もない | 共同体企業ネットワーク理論勉強会テキスト(12)理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)

Comment



Comment


*