2018年07月12日

地震、地球号破綻、豪雨、オウム・・・・アメリカ離れを図る日本の闇勢力、CIA・ネオコンとの暗闘激化か?

最近の日本、地震と豪雨と自然災害・・・。それにオウム真理教の死刑執行、地球号の会社の経営破たんなど気になる。これらは全く関係ないとは言えないように感じる・・・どのような因果関係で繋がっているのか?
最近の情勢・動きを時系列で見ていくと

・5月~6月 北朝鮮・中国と米トランプ緊張緩和の流れ、東アジア安定化へ。日本も北朝鮮・中国と融和関係へ。
・6月18日 大阪地震 ※波形が人工地震
・6月22日 地球号の会社の破綻 ※何故今破綻か?
・7月5日~西日本豪雨 ※人工豪雨?
・7月6日 オウム真理教主要メンバーの死刑執行 ※何故今執行か?口封じか?

にほんブログ村 政治ブログへ

★最初の大阪地震は?
3.11をはじめ、いままで日本で地震を起こしてきたのは、専ら米CIA・ネオコン系と考えられる(人工地震の歴史
・・・とすると、これらの人工災害は、ロシアと密接に協調しながら、東アジアの融和へ向かおうとする日本への警告と考えられる。

★では、地球号の破綻は?
地球号は日本近海に地震用の穴を空けまくってきた。強力な力を持っていたCIAとそれに従っていた日本の闇勢力・自民党の蜜月時代のもの(これも人工地震の歴史 参照)。それが破綻させられた。地球号を用済みにさせたのは日本側と思われる。日本からCIA・ネオコンへの絶縁状であり、人工地震封じの一環。
・・・それに対してCIA・ネオコンからHARRPによる西日本豪雨、報復の応酬、いやがらせ。

★さらに日本側から、オウム真理教の幹部処刑。
オウムは、CIAとの関係のみならず、日本の闇勢力(安倍・石原・・・)との関係疑惑が沢山報告されている。これをオープンにされると困るのは日本の闇勢力、そこで前触れもなく一斉に処刑執行を行い口封じを計ったのだ。

【オウム関連記事】
日本を闇支配する勢力は、オウム真理教の闇を一刻も早く葬りたい:安倍家の別荘はなぜ、オウムのふるさと・上九一色村にあるのか
安倍家・加計家別荘のある上九一色村を根城にしていたオウム真理教の中川死刑囚と頻繁に交流していた米国の毒性学専門家は、加計学園の千葉科学大の教授を兼務しているが、これは偶然か
もんじゅ廃炉は日本を乗っ取っている戦争勢力からの強い要求:石原元東京都知事など日本に潜む核武装派の全滅作戦の一環と観るべき

刻々と世界情勢は動いている。 徐々に米CIA・ネオコンが封じられていく過程。※しかし3.11級の報復も想定される、要注意。
最終的には、金貸しの牙城・力の源泉である中央銀行封じ、そのための金融市場を巡る闘い、そのシナリオが動いている。

(by Hiroshi)

List    投稿者 nihon | 2018-07-12 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2018/07/7826.html/trackback


コメント1件

 nanacy | 2018.07.16 6:34

日本が東アジアの融和へ向かおうとしているのですか
それは微塵も感じられません
日本は完全孤立状態に見えます

Comment



Comment


*