2006年11月06日

新聞でいろんな考えを知る?

新聞広告データ‘接触態度’‘閲覧記事’を見ていて、ん?と思ったことがありました。
‘接触態度’
子どもには新聞を読ませるべきだと思う…80.8%
新聞を読んで、いろいろな考え方や意見を知る…79.8%
新聞くらい読んでいないと恥ずかしい…61.2%
などなどがあります。
‘閲覧記事’
テレビ番組表…79.8%
社会・事件・事故…68.0%
社説・主張…17.3%
コラム…16.0%
というふうになってます。
家庭では、1つの新聞をとっているところがほとんどだと思いますが、それでいろいろな考え方を知ることができるんでしょうか?
一方では、社説とかは80%の人が読んでいない…
子どもに新聞を読ませるべきとか、いろんな考え方ができるとか、これってマスコミの意図が隠されているように思うんですが、みなさんどうでしょう?
応援お願いします
 
byおはし

List    投稿者 postgre | 2006-11-06 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2006/11/64.html/trackback


コメント3件

 岩井裕介 | 2006.11.13 17:42

『日本の論点2007』文藝春秋著[改行]「日本の時事問題を鳥瞰」

日本の論点2007
2006年11月/文藝春秋
日本の論点PLUS サイト http://www.bitway.ne.jp//bunshun/ro…

 パンダマン | 2006.11.16 21:53

日本は、ほぼ単一民族でかつ、多宗教なので、アメリカや民族紛争の耐えない国々に比べると、政教分離はされているほうじゃないかと思います。

 orange hermes | 2014.02.02 16:59

hermes 2013 日本を守るのに右も左もない | 米国型専制政治の内実

Comment



Comment


*