2021年07月15日

情報は自ら探し自らで考え追求し判断するしかない

泉大津市長はYoutubeでワクチンの重大な問題点を述べた上で、接種の自考を促している。Youtubeはこちら

以下、その要約。

にほんブログ村 政治ブログへ

①ワクチン接種は強制ではない。良いことも、悪いことも知っていただきたい。

②遺伝子ワクチンの中長期の人体への影響は不明。未だ、治験中です。

③感染予防は、立証されていない。だから、ワクチン接種をしたら感染しないということではない。

④接種の目的は、発症予防です。発熱や咳を抑えます。

⑤副反応検討部会が2週間に1度開かれる。重篤な副反応は2,300万回のうち、1713件発生。
ファイザーワクチンの死亡者数356名、
モデルナワクチンは、1名。
接種後30分以内は、ワクチン接種が原因とされるが、それ以後、自宅などで発症しても因果関係を認めてもらえない。
自費治療になる。
評価不能です。

⑥若年層への接種が始まったばかりだが、10歳〜19歳で既に9件の重篤な副反応が発生。

強い懸念を持っている。
10代への接種は、リスクが高すぎる。命を守るという立場では、市長としては、反対です。

ネット上でワクチンに関して出回っている情報を「デマ」という大臣。はたしてどちらがデマなのか。

 

人口削減がワクチンの本当の目的こちらより。ただし動画などが上手くリンクできませんでした。詳細はリンク先を確認願います)

情報戦争の只中にいます。
何が正しいか、瞬時に分かりません。
自分で考える習慣をつけましょう。

情報は自分で探すべし

「ネット情報はデマ」と売国奴河野は言います。
確かに、デマは存在します。
それは、主流メディアも全く同じです。

今起きている問題は「誰も真実が何か分からない」という事です。

自分で探るしかありません。
情報だけでなく、直感も使うべきです。
多くの人の直感は廃れています。

ネットやメディアの情報を鵜呑みにして来たからです。
自分で考え、行動し、失敗から学ぶ事をしなくなったからです。
巷にある情報を得て、自分で何が真実かを見て、行動し、軌道修正を繰り返す。

テレビ、ネットに依存していたら、騙されてしまいます。

調べれば、色んな数字がある

政府が報道する死亡者数、その他が発表する死亡者数は、全く違います。
それらには、それぞれの主張があります。
どれを信じるかは、個人の自由です。

しかし、それらの数字は、ほとんど知られてません。
日本の場合、知られているとすれば、厚労省の556人くらいでしょう。
それすら見つけるのが難しいです。

アメリカのVAERSの統計は、「実際の1%くらい」と言われます。
本当は、その100倍なわけです。
日本も、陰湿な厚労省の事ですから、同じと考えるべきかも知れません。

ある専門家は、アメリカの死亡者数は20万人だろうと言います。

日本でも、個人がTwitterで少し調べただけでも、厚労省と同等の数字が得られました。
だとしたら、100倍ではなくても、実際には10倍はいるでしょう。

人口削減というキーワードを全力でプッシュすべきか

Transporterさんの指摘が鋭いです。

主流メディアのワクチンデマ報道には、一つのタブーがあるようです。
「人口削減」はNGワードなのでしょう。

なぜか?

それが真実だからです。
彼らは嘘は好みますが、真実は好みません。
真実が明かされる事を、恐れます。

まるで法則のようです。
聖書に「悪魔は偽りの父」とあります。
偽りが暴かれると、悪魔はそれ以上、働けません。

また「真理はあなた方を自由にします」とあります。
変わらない真実を求め、手に入れる時、我々は自由になれるわけです。
それも神様が定められた法則です。

だから「人口削減」というキーワードを、拡散すべきなのかも知れません。
ワクチンの成分を調べ、その意図が「人口削減」にあると証明されるなら、勝利です。

ワクチン先進国から学ぶべし

アメリカ、イギリス、イスラエルなどは、ワクチンを早くから導入しました。
日本は遅れています。
その分、色んな事が学べるはずです。

イスラエルは、ワクチンが全く無意味だった事が証明されてます。
むしろ元凶というべきです。
自然免疫こそが最強というべきです。

コロナは最初から何もすべきでなく、何もしなければ、何も起きてなかったのです。
それが自然免疫の素晴らしさです。
愚かな事に、ワクチンを求めた人は、自らそれを破壊したのです。

池田議員の厚労省記者クラブでの会見

今日の午後、厚労省記者クラブで会見があります。
池田としえ議員が、「若年層へのワクチン接種中止の嘆願書」を提出します。
楽しみです。

一応、萩生田文科大臣に手交となってます。
どうか突破口が開かれますように。
そして報道されますように。

以下省略


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2021/07/12571.html/trackback


Comment



Comment


*