2007年11月26日

マスコミって何?(7)~マスコミとは(時の)権力者の洗脳機関でしかない~

マスコミって何?(2)~(6)のダイジェスト版
マスコミって何?(2)~マスコミの歴史~
1870年に初の日刊新聞「横浜毎日新聞」、1872年「東京日日新聞」「郵便報知新聞」、1874年「読売新聞」、1879年「朝日新聞」が続々創刊、1870年代~1920年代にかけて読者急増。
1953年 NHK東京テレビ開局、テレビジョン放送を開始
    日本テレビ開局、初の民放としてテレビジョン放送開始
マスコミって何?(3)~マスコミの歴史、明治~戦前編~
現存する大手新聞社の成り立ちは、娯楽本位の商業新聞政府の公報(言いなり)機関だったのです。
売上げ(発行部数)のためなら、なんだってやる。その精神は、現代のマスコミに通じている。
マスコミって何?(4)~マスコミの歴史、戦後『GHQの言語統制』~
新聞における言語統制は、戦後のGHQによる以前に、官からの圧力(検閲etc)によって統制されていた。
新聞を通じ国民を洗脳する下地が戦前に出来上がっていた。
読者は、新聞が検閲を受けていることを知らなかった」と証言する。GHQは検閲の事実を報じることを禁じていた。
マスコミって何?(5)~マスコミの歴史、戦後『テレビの出現』~
テレビは、反共の防波堤アメリカ文化の洗脳装置として始まったことは事実のようだ。
アメリカが持っている最大の武器はテレビである。
アメリカが行った政策は、メディアでの世論支配だけでなく国家の統合機関=政界をも(援助・)支配していた。
マスコミって何?(6)~マスコミの歴史:戦後~現在、アメリカ支配は続く~
日本の言論界、出版界、政界はおもだったところは全て、アメリカのシンクタンクの「人材育成システム」に乗っかっている
情報操作のプロがマスコミを支配している
戦後、マスコミを通じ大衆の世論(共認形成)を支配し、国の統合者である政界支配を通じて国民を支配してきた。
要は、日本国は、全てアメリカの支配戦略下にあったのではないか
マスコミの歴史を探索してきて感じたこと。
続きを読む前に、ポチ・ポチと応援願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ


マスコミは、大衆の代弁者でもなければ、事実の報道機関でもない。
そして、テレビによるバラエティを初めとする娯楽番組は国民を楽しませるためのものでもなかった。
マスコミとは、時の権力者(支配者)の洗脳(支配)機関でしかなく、娯楽番組は権力者への不満をそらせたり、物を考えさせなくさせるため、すなわち解脱埋没思考停止へと向かわせる。
かつては、共認域(=顔の見える範囲)を超えた社会を知る唯一の情報源はマスメディアであり、その情報が正しいかどうか疑うことはほぼなかった(出来なかった)。
しかし、今や転換期を向かえようとしている。
ネット<双方向・受発信が可能な媒体>などを通じ、事実が明らかになるにつれ、テレビ・新聞を始めとするマスメディアの信頼性は凋落を見せている。
未だに、(アメリカの観念支配によって作り上げられた幻影に怯え)序列原理から抜けられない(アメリカに物申せない)政治家や私益(己の利益)を貪るマスコミは無用の長物でしかない。
⇒どうする?
1、マスコミの共認支配からの脱却
そのためには、事実に基づく
『共認(共に認め合える・共通認識)形成』の場を創っていくこと。

2、思考の源泉である観念の塗り替え
旧観念=近代思想による観念支配から抜け出す。そのためには、それらに代わる
潜在思念に基づく(響く)、自然の摂理に依拠した新しい観念を創り出していく必要がある。
3、そして、統合原理の土台となる
『国家に代わる新しい統合機構・システム』を創っていく
ことを見据えておく必要があると思う。

List    投稿者 sodan | 2007-11-26 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/11/534.html/trackback

トラックバック(2)


コメント1件

 sell mbt shoes | 2014.02.22 10:32

mbt imara 日本を守るのに右も左もない | 「三極委員会」を通じたロックフェラーの日本の金の収奪手口

Comment



Comment


*