2021年02月21日

3月に日本GESARA? 水面下で進む掃討と民族派への政権移行

3月に日本でGESARA発動?
地下掃討と政権移譲が世界各地で進んでいる。
恐らく、知られない形でGESARAが進む。
人々は、世界の動きを知らされないまま、マスコミの作り出す仮想世界で現実を把握し生きている。しばらくその状態が続く。
しかし、コロナ・消えた支配者、金融秩序の変化、じわじわとそのおかしさに気が付いていく。

以下、今、「生きている」その日に感じた心を綴ろう!より

にほんブログ村 政治ブログへ

>善と悪の戦い:NSA関係者からの今月3回目のワシントンメッセージ!

Seal_of_the_U.S._National_Security_Agency.svg (480x480)

NSA関係者からの2月に入って3回目のワシントンメッセージが語り部の石川新一郎氏にありました。

早速、どんな内容なのか「文字起こし」して行きます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月19日の動画で石川様がお伝えした内容は真実です。

トランプ大統領は1月20日に、軍に政権を一時的に移譲しました。
その内容は、2月19日の動画で石川様の説明通り、大統領選挙に外国勢力の干渉があった場合、その期間は60日間、一時的に軍に政権を移譲することになっています。
ですから3月20日ではなく、21日まで時間はあります。

今の新大統領と言われる人間(バイデン)は、正式に認定されていないので、エアフォースワンに乗れませんし、核のボタンの随行者も近くにいません。
さて、現状は次に述べる通りです。

先ずは「お金」の話をしましょう。
金融システムは量子コンピューターが正式に稼働しました。
それにより、いつでもGESARA法を発動できるようになっています。
各国に資金解除を、いつでも要請し、瞬時に排除できるようになっています。
既に各国に配り終わった資金は、こちらの支持で排除すれば良い状態です。
先ずは、政府の債務、つまり国の借金と言われるものが全てなくなります。
その後の資金の分配方法を、どのようにするかは、国により異なります。

日本は、3月中にGESARAを行うでしょう。
皆様は心配されるでしょうが、日本政府が勝手に資金を隠したり、自分たちで政治家が使ったりは出来ません。
そのように組み込まれているので、ご安心下さい。
我々は日本人を信頼し大好きですが、日本政府や、そこに関係する人々を全く信用していません。
それを前提としてシステムを作っているので、安心して下さい。

恐らく日本は、先ず(GESERA)宣言後、1年以内に一時金を渡され、その後はベイシックインカムの制度から、後に正式な富の分配が成されるでしょう。
これらの個々人に配られる資金は、皆様の本来の生まれた由来を思いだす時間を作るためです。
精神性を高め、次の時限に上がってくれることを心から願います。

次に、今、ワシントンに何故、多くの兵士がいたのか、またいるのかをお話ししましょう。
国会議事堂の最近の写真やホワイトハウスを上空から見ることが出来る方は、何が起きているのか分かるでしょう。
議事堂の裏の方には、その地下部分を軍隊が堀った形跡が残っています。
ブッシュ大統領の時に命じて作ららせた地下基地を、トランプがホワイトハウスを去ってから掘り出し、DSが今まで行って来た所業を壊滅させました。

そこには未だに多くの子供たちがいて、最後のアメリカにおけるDSの悪魔の巣を掘り起こしました。
それらの状況をどうしても見てみたいと言ったトランプとメラニア夫人は、途中から涙で、最後まで、それらの記録映像を見られなかったそうです。
同時に怒りに震えていました。

我々の持っているある機械により、世界中の地下基地が分かり、それらの一掃作戦は、昨年10月には、一旦、終わっていました。
あと残り僅かの、世界中の、悍ましいこれらの基地を壊滅させているところです。
アメリカだけで、子供の誘拐組織の主要な人間の逮捕は、1,000人を超えています。
勿論、前回お伝えしたように、日本にもありましたが壊滅しています。

我々の最優先は、これらの誘拐され地下に幽閉されていた子供たちを、出来るだけ助けることです。
デクラスにより、これらの悍ましい所業が発表されるでしょう。
その最後の作戦が終わるまで、カウントダウンできる後一歩まで来ています。
これらに関わった軍の関係者の皆様には感謝しかありません。

更に現状は、地球の殆ど全ての国々がGESARA法を遵守する方向に向かっています。
全能の神は、地球全体を光の存在で満たしたいと思っておられるようなので、2月16日にデクラスをする予定であったのを少し移動しました。

(中略)

以上、重要で凄い内容のワシントンメッセージでした。

引用以上

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2021/02/11497.html/trackback


Comment



Comment


*