2018年05月25日

何故、日本に民族派が登場しないのか?・・・日本は三重に支配されている

プーチン、習近平、北朝鮮・・・民族派が世界を引っ張る構図。
東アジアは北朝鮮発の軍事緊張が緩和され融和に向かっている。
朝鮮半島と世界はどこに向かうか
しかし、日本はなかなか変わらない印象。

今日はボヤキだと思って読んで下さい。
日本に民族派はいるのか?安倍は民族派であると言う人もいるかも知れない。しかし、明らかに不正選挙で政権を維持している。この点だけでも民族派とは言えない。

20世紀末から、日本の右傾化は進んでいる。そう考えると民族的心性が復活してきているのは明らか。しかし、それを受けたプーチンのような指導層が登場しない。田布施一味の血を引く人間ばかりが政治の表にいる。

にほんブログ村 政治ブログへ

●日本はガチガチ、3重支配されている。
よく考えると、日本はガチガチに支配・管理されているのではないかと思う。
戦後日本は、実質アメリカの植民地、そこに媚へつらう悪徳代官のような官僚。アメリカに面従しながら、金儲けばかり考えている田布施・天皇一派。

①宗主国アメリカと金貸し支配
 常に日本弱体化のベクトルを放つ。労働基準法・男女平等から始まって日本人の牙を抜いてきた。
太らせて食う。戦後経済大国化の後は、構造協議・郵政など金融収奪、派遣労働で奴隷化。
※トランプの登場で、ここがどう変わっていくか?ここは追求したい。

②その下部機構に、属国官僚による権力支配。
官僚・マスコミはアメリカと金貸しの言いなり。近代観念が武器。個人・自由・平等・権利なんて言葉を使っていると、本能・集団発の民族意識なんで沸いて来ない。勉強脳・暗記脳で、金貸しの敷いたレールを疑いもせず突っ走る。

③民族のフリをした天皇教による騙し支配
民族派になると、何故かここに誘導され本来の日本人を守る志から別の道に誘導されてしまう。
日本会議の登場も民族意識の潮流をベースにしているが、神社系列によって巧妙に誘導されている。
神社が誘導する天皇教は、日本人のルーツを百済系朝鮮人の血統にすり替えて尊いといっており、日本書紀以来の完全な騙し。
日本には究極の“なりすまし”がいる、・・・天皇一派
表では日本人のような顔をして、裏では日本人を売って金儲け、その姿勢は一貫している。
天皇を表に立てる闇勢力とは?

・・・こんなんで、現状は日本人には民族派が登場してこない。とりわけ③は許せん。
しかし、縄文以来の日本人の豊な集団性・共同性は、制度支配・観念支配とは全く別の次元(身近な仲間関係や人間関係)で生起しつつあり、やがて三重の支配構造を根底から覆していくだろう。

(by Hiroshi)

List    投稿者 nihon | 2018-05-25 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2018/05/7651.html/trackback


コメント1件

 nanacy | 2018.06.05 22:03

安倍は誰がどう見てもガチガチの民族派でしょう
但し、縄文人とは違う百済からの渡来人としての民族派
だから国益でなく百済民族の利益のために動く、
その民族的偏狭さが日本の国難

Comment



Comment


*