2020年08月25日

ロシアがいち早く開発したコロナワクチン「スプートニクV」とは

ロシア、コロナワクチンの集団試験を来週開始」というニュースが21日(金)に報道された。

[モスクワ 20日 ロイター] – ロシアで、今月スピード認可された初の新型コロナウイルスワクチンの集団試験が来週始まり、4万人超に接種されることが分かった。ワクチン開発に出資する政府系ファンドの責任者、キリル・ドミトリエフ氏が20日明らかにした。

ロシアは今月11日、2カ月弱の臨床試験(治験)の後、国内で開発されたコロナワクチン「スプートニクV」を認可。新型コロナワクチンは世界初だが、安全性や効能を確認する最終段階の臨床試験はなお続けられており、ロシアが科学や安全性よりも国の威信を優先しているのではないかとの懸念もある。

ドミトリエフ氏によると、ワクチン接種は任意で、海外の研究団体が監視する。ワクチンは2回接種という。

集団接種に絡むデータは世界保健機関(WHO)に加え、後期臨床試験への参加を検討しているアラブ首長国連邦(UAE)やインド、ブラジル、サウジアラビア、フィリビンなどに共有される見通し。

ドミトリエフ氏はまた、10月には医療関係者などコロナ感染の「高リスクグループ」への接種も可能になると述べた。

このワクチンの治験には、プーチンの娘も参加したという。

にほんブログ村 政治ブログへ

◆プーチンの娘が治験で死亡した?

以下、こちらより引用します。

TorontoToday

ウラジーミル・プーチンの娘がCOVIDワクチン2回目の接種で死亡
THEREDPANTHER AUGUST 15, 2020 UNCATEGORIZED 0 COMMENTS

メッセンジャー ツイート メール Whatsapp Reddit
2020年8月15日
ロシア・モスクワ

ウラジーミル・プーチンの娘がロシアの実験的なCOVIDワクチンの予期せぬ副作用に苦しみ、モスクワで亡くなりました。クレムリンはまだ彼女の死についての声明を出していません。ロシアの側近の情報源によると、プーチンの娘カテリーナ・ティホノヴァは2回目の注射の直後に体温の上昇に苦しみ、その後、発作を起こしたとのことです。医師はワクチンの副作用を元に戻すことができず、彼女は昨日の夜遅くに死亡を宣告されました。

ロシアのワクチンは、スプートニク V、最初の人工衛星にちなんで、1957 年にロシア人によって宇宙に打ち上げられた名前です。スプートニクは、クレムリンのプロパガンダの翼であると非難されてきたロシアの国際ニュースステーションの名前であることも注目に値する。
カテリーナさんが亡くなる前、ロシアの医師セルゲイ・ツァレンコ氏は、2つの選択肢のうち、早期にワクチンをリリースする方が良いと述べていました。彼の意見では、人々を死なせるのとは対照的に、前に進む方が良いということでした。

しかし、欧米の医師たちは、ロシアが第3段階の試験を回避して薬の市場投入を急ぐことを恐れており、壊滅的な影響を及ぼす可能性があると警告していた。(後略)

 

◆フェイクニュースを流布する旧勢力

ロシアが最も早くワクチンを完成させ認可と普及に至った事実に、世界の製薬を牛耳る金貸しの旧勢力が慌てて、このワクチンのネガティブキャンペーンを展開したであろうことは、容易に想像が出来る。そのひとつが、上記引用の「プーチンの娘が治験で死亡した」というウソのニュースだ。

 

◆スプートニクVの正体

ロシアは、コロナウィルスの世界的感染が、ウソであることを見抜いている。そしてコロナウィルスに対応すべく金貸し勢力がワクチンを作っていることも。その金貸しが作っているワクチンが、どういうものなのかも。

既存の経済システムを崩壊させ新経済を樹立することは奥の院のプランであり、プーチンも承知している。むしろそうさせるために金貸しは、ワクチン製造に時間がかかるフリをしているようにも映る。しかし阻止すべきは、金貸しが普及させようとするワクチンが自国に入って来ること、世界に普及していくことだ。

これは推論だが、プーチンは、毒でも薬でもない無害なものをコロナワクチンとして完成させ、それを普及させた。ウソとウソの構造に気づているからこそ出来ることだ。ロシアのコロナワクチンは、国内にとどまらず冒頭のニュースのように、親ロ諸国にも輸出される。そうすることで、金貸し発のワクチンの拡大を阻止しようとしているのではないか。そうすることで、自国民や友好国の国民を守ろうとしているのではないか。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2020/08/10501.html/trackback


Comment



Comment


*