2007年05月04日

また朝日がやっているのか?

なぜかアメリカで従軍慰安婦問題が取りざたされている。それも、安倍訪米に合わせて。
なんでアメリカなんだ?相手は中国・韓国だろうが。なんでアメリカまで行って、謝らなきゃなんないんだ?
何やら、誰かが交渉カードに利用しようとしている感じですね。
ところで、この件、また朝日がかんでいるという記事がありました。
503692ea70486bba00427cdffa2ab297.jpg
気になる方はポチッと。↓

にほんブログ村 政治ブログへ


株式日記と経済展望http://blog.goo.ne.jp/2005tora/d/20070313より

3月10日の朝日新聞の社説はまるで北朝鮮の機関紙であるかのような内容ですが、そもそも従軍慰安婦問題は朝日新聞が仕掛けたことがきっかけになっている。それに対して韓国が巻き込まれて国民が騒ぎ出し、結局は日本政府と韓国政府の政治的な決着で河野談話が出されましたが、それが元で今度はアメリカでマイケル・ホンダという下院議員が対日非難決議を提出している。
安易な政治的妥協が日米間の外交問題にまで発展しそうな情勢ですが、安倍総理の国会答弁がきっかけになってアメリカのリベラル新聞が一斉に従軍慰安婦の問題を書き始めた。ニューヨークタイムズは一面に掲載されるほどの力の入れようですが、オオニシ記者いう朝日新聞社内に支局を置くニューヨークタイムス日本支社の記者だ。
しかし新聞の内容は報道機関とは思えないような扇動的な記事であり、慰安婦をセックス・スレイブ、性的奴隷と書きたてている。このように書き立てられるとアメリカの下院議員たちも対日非難決議に賛成しはじめている。アメリカにおける中韓の活動家達の猛烈な働きがあるようだ。
朝日新聞が中国や韓国を巻き込むようになったのは、91年のソ連崩壊以降イデオロギー論争では左翼は勝てなくなり、論争に中国や韓国を巻き込む事で外交問題として勢力を維持しようとするようになった。靖国参拝問題や南京大虐殺問題や従軍慰安婦問題はいずれも朝日新聞などの記者が中国や韓国に炊きつけて外交問題化したものばかりだ。

まあ、朝日とオオニシ氏の直接の関係は上記ではハッキリしないのですが、普通に考えれば匂いますよね。アメリカにとって、これは大陸側に使うカードということでしょうか?
また記事は、マスコミの捏造に至る構造も切り込んでいますよね。イデオロギーの消滅により存在意義の無くなった左翼マスコミの末路であると。
でも何で、朝日は慰安婦問題をしつこく取り上げて、原爆投下のアメリカの違法性をアメリカに突きつけてくれないんでしょうね?
あっ、朝日もアメリカの言いなりということ?

List    投稿者 hihi | 2007-05-04 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配5 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/05/253.html/trackback


コメント5件

 miya | 2007.06.19 15:03

次期米大統領候補として、バラク・オバマ氏やヒラリー・クリントン氏が話題になっていますが、副島隆彦氏は、自ら運営するサイトで下記のように予想しています。
>「次の米大統領(来年の末の、2008年11月に決まる)は、民主党候補の、黒人で、イリノイ州選出の上院議員の、バラク・オバマだ。
もう彼で決まりだ。
なぜなら・・・・・”現在の真実の世界皇帝”のデイヴィッド・ロックフェラー(91歳)が、次はこいつにすると決めて、そう計画しているからだ。」
『副島隆彦の学問道場』~気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板~6/15記事より引用http://www.soejima.to/
副島氏予想の根拠となりそうなニュースがありました。
ウォール街が、既にオバマ氏の支援に動き出しているという記事です。
        ↓
『 Bloomberg.co.jp』~ウォール街でオバマ氏優勢、NY地盤のクリントン氏ら上回る資金集め~
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003009&sid=avFpGt9zwcjE&refer=jp_top_world_news

 sachi | 2007.06.20 21:23

アメリカって、戦争を積極的にやろうとしている人ばかりだと思っていました。でも、次のアメリカ大統領選の候補者のなかで、真実を見抜いて闘っている人もいるということを知りました。
その人物は記事中にも登場しているマイク・グラベル氏です。
民主党の大統領立候補者討論会で、ヒラリー氏やオバマ氏相手に、堂々と対テロ戦争の過ちを指摘して、すでにネット上で、共感を集めているようです。
詳細はこちらへ
 →暗いニュースリンク』5/9記事「異色のド根性大統領候補:マイク・グラベル」http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2007/05/post_9dcc.html

 yaga | 2007.06.21 12:31

miyaさん、
副島氏の予想と、ウォール街の動きの一致、非常に興味深いです。「闇の支配勢力」は、民主党も共和党もなく、有利な方に乗っかる、ということのようですね。
sachiさん、
本当はマイク・グラベルのような人が大統領になれるといいのですが。ネットの力が、どこまで“金の力”に迫れるか、注目です☆

 かづ235 | 2008.04.26 20:46

コメントを入力してください
笑いました。感動しました。そして泣きました。
涙が止まらない。    アメリカにも、日本でも、そして世界中に誠の人々が居る。

 hermes handbags price | 2014.02.02 6:24

hermes bags uk shop 日本を守るのに右も左もない | 米民主党の“穏健”路線は、タテマエ!?~真の狙いは、次のイラン戦争か~

Comment



Comment


*