2007年04月01日

政党離れを画策するマスコミ。その意図は?

現在、マスコミは庶民の政党離れを画策しているらしい。その意図は何か?
以下、「喜八ログ」『最強の石原応援団「小泉純一郎」が街頭に立つ日』からの引用です。謎の憂国者「r」さんの緊急寄稿とのこと。

にほんブログ村 政治ブログへ

実にうまい戦略である。放送法にも公職選挙法にも抵触しない。そして文句もつけ難い。石原慎太郎を露骨に応援すれば私たち一般国民が文句を言う。それで「テレビ朝日」は戦略を変えてきたのであろうか?  2007年3月8日放送「スーパーモーニング」は実に巧妙に石原慎太郎応援の戦略・戦術を実行してきたように思う。

それではその「戦略・戦術」とは何か?
そう、テレビ朝日はまたもや「小泉劇場」と称して「小泉純一郎」をクローズアップし始めたのである。内容はこうだ。「そのまんま東現象」なる虚構をデッチ上げ、あたかもそれが「小泉劇場」の後継であるが如く取り上げたのである。

そこで、そのまんま東現象とは何ぞや?
テレビ朝日いわく「有権者の政党離れ」によってそのまんま東が宮崎県知事に当選した。しかし、それは正確な答えではない。宮崎は保守王国と称する「自民党王国」である。要するに「旧自民党絶対」な地域でもあるのだ。しかし、小泉純一郎率いる「新自民党」と宮崎の「旧自民党」的なものとの事実上の「ネジレ」が分裂選挙を招いたのだ。その間隙を小沢民主が突けなかったが為に、結果としてそのまんま東が当選したのである。要するに「票の分散」即ち「戦力の分散」が招いた「悲喜劇」なのである。

どうやら「テレビ朝日」を始めとして新聞テレビは有権者の「政党離れ」を演出したいらしい。政党離れが加速すれば「誰」が得をするのか? 劇場型選挙が当たり前になれば新聞テレビが選挙に対してイニシアティブが取れる。郵政解散総選挙はアメリカ金融資本が巨大広告代理店を通して「莫大」な広告料を新聞テレビに投入し、「小泉自民」と「人参をぶら下げられた財界」が共謀した日本史上最悪の売国茶番劇であった。要するに「アメリカ政府」が一番「得」をするのである。

政党離れが新聞テレビの思惑通りに加速したとしよう。 当然、有権者のフラストレーションは蓄積される一方である。フラストレーションが溜まればリビドーの捌け口を求めるのが自然の摂理である。そこで小泉純一郎率いる「ネオリベ新党」誕生なのではなかろうか? 所詮、安倍晋三にしろ前原誠司にしろ「将棋の駒」でしかない。それも使い捨ての、である。どうやら小泉純一郎の幻影をサブリミナル的に現出させる事によって「無党派層」の中の取り分け「テレビの影響を受けやすい層」を煽動・洗脳するべく蠢動し始めたのではなかろうか?

小泉純一郎は安倍晋三に政権を見せ掛け上「禅譲」してから宣言した。「今後、ぶら下がりには一切答えない。テレビにも出ない。手記も書かない。」 何故に小泉純一郎はこうも宣言したのであろうか? 本当の理由は以下のような物ではなかろうか? 「テレビの影響を受けやすい層は、愚直で愚鈍でもあり無能な安倍晋三に対して不満や物足りなさを感じる。故に『刺激不足』を煽動するのだ。そう。枯渇感、飢餓感を煽るのだ。そしてそれが極限状態に達したら小泉純一郎が救世主の如く再臨する。」

繰り返すがテレビ朝日よ、「実にうまい戦略」である。テレビ朝日は小泉純一郎の過去の残像たる映像コンテンツを巧みに使い、小泉純一郎プロパガンダを徐々に行う。そしてそれが「クライマックス」に達した段階で、「小泉純一郎」が街頭に立って「石原慎太郎」を応援するのではなかろうか? その時どういう現象がおきるか。 小泉純一郎という巨大な「麻薬物質」に中枢神経から末梢神経、頭の先から爪先まで、そして心まで犯された「新聞テレビ人」は「テレビの影響を受けやすい層」を大量に引き連れて、小泉純一郎に群がるだろう。 以上、私の杞憂である事を願って已まない次第である。

確かに、マスコミは庶民の政党離れを誘導しているようだ。その狙いは、国民の政治的関心を低下させ、今年の統一地方選~参院選で投票率を下げさせ、公明党という固定票を持つ自公を勝たせるという戦略かと考えていた。しかし、それだけではなさそうだ。
小泉純一郎が石原都知事の応援演説を行うかどうかはわからない。だが、この間に安倍政権叩きも考え合わせると、ポスト安倍をにらんだ動きをアメリカ→マスコミは始めているようである。
国民の政党離れを加速し、マスコミの取り上げ方によって当落が決まる劇場型選挙。そこでマスコミが持ち上げるのは、目立つ者、視聴率を取れる者。かつ、アメリカに最も都合の良い政治家=小泉純一郎なのかもしれない。(本郷)

List    投稿者 hongou | 2007-04-01 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配8 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/04/227.html/trackback


コメント8件

 中年のおじさん | 2007.05.15 23:01

驚きですね。
一般の人は、強制連行してきたと思っています。なぜ事実が報道されないのでしょか?朝日の偏向思想故ですかね。
事実誤認では済まされませんね。

 ヒロシ | 2007.05.15 23:06

コメントを入力してください
マスコミは商業主義で事実を歪曲し、いい加減な情報を発信するとあきれていたが、こうなると、国民を洗脳し、国を危うくする亡国機関に見えてくる。これは、安部首相が言っていた言論による「テロ組織」というのがまったく当てはまる。

 なぜ? | 2007.05.16 1:02

なぜ朝日は捏造までして反日報道ばっかりするんでしょうか?
戦後アメリカの情報操作に身を売ったとか?

 匿名 | 2007.05.16 17:13

朝日・サヨクは心情的には反米。
記事も、ブッシュやブレアを批判するものが多い。
そして、日本が悪いと叫ぶことで安心し、快感を得る変質者です。

 真実 | 2007.05.18 14:50

小学生の歴史教科書にまで「強制連行」という言葉がのっています。
日本の子供たちは、長い間ウソの歴史を教えられてきています。
日本の国家予算の3割をも、朝鮮の近代化のために使ったことも知らされていません。
私たち国民ひとりひとりが、真実の歴史を伝えていかなくてはいけない時代だと痛感しました。
このブログに感謝します。

 isis | 2007.05.19 12:54

口を開けば強制連行されたとか差別を受けたとか騒ぐ在日ですが、税金も払わずに日本に寄生し、帰化もしないくせに参政権をよこせとわめく。
この害虫を半島が引き取ってくれればいいのですが・・・

 italy hermes handbags | 2014.02.02 7:04

hermes bags australia 日本を守るのに右も左もない | 歴史にみる朝日の「強制連行」報道の変遷

 http://topuloey.bloggersdelight.dk/ | 2014.03.12 6:08

日本を守るのに右も左もない | 歴史にみる朝日の「強制連行」報道の変遷

Comment



Comment


*