2018年11月30日

観念支配、マスコミと学者は持ちつ持たれつ、染脳の両輪

観念支配、脳檻・・・脳は徹底的に支配されている
の続きです。

>教科書の中味を作ったのは誰がどういう意図で作ったのか?マスコミの情報は誰かが意図的に流しているのではないか・・・?

来る日も来る日も既成の観念を植え付けられる日々・・・一体こういう社会を誰が作ったのか?
明治期、学校は人々を村落共同体から引き剥がし、工場労働者と戦争に行く兵を養成するために作られた。そのための皇国史観と、一律の学校教育。→日本は戦争と工場労働(サラリーマン)の日々。
さらに戦後になると、学校で民主主義を注入され、家に帰るとテレビで注入され・・・。

にほんブログ村 政治ブログへ

●教科書の中味を作っているのは?マスコミの中味は?
教科書を作っているのは、直接的には学者、学校で教えているのは学者の末端みたいな学校の先生。
マスコミが垂れ流している情報も権威付けしているのは学者。
教科書もマスコミも学者が直接的に関与している。その権威の大元は大学。

●学者とマスコミは持ちつ、持たれつ、両輪。
マスコミは宣伝したいことを権威付けるために学者を利用する。学者はマスコミに出ると箔付けになるので、マスコミから引き合いがくることは願ってもないないこと。
学者・マスコミがグルになった犯罪は枚挙に暇がない。
「二酸化炭素による地球温暖化詐欺」を告発するビデオ
この国は電力会社に丸ごと買収されていた。原発マネーに群がった政治家・学者・マスコミ①

福島原発事故を受けて、偉い学者が言い放ったこと・・・
>東大教授を筆頭に金貸しに操られた「御用学者」達は、「地震は想定外」を初め、「プルトニウムは飛ばない」「プルトニウムは飲んでも大丈夫」、仕舞いには「放射能は身体に良い」等の子供騙しの発言を繰り返し、原発被害を“無きもの”にし、再稼動を正当化しようとしている。 リンク より

医療業界も同じ構造。ガン治療、ワクチン、輸血・・・。国民の命は利権のネタ。

★でも学者は、“暗記脳”のはず。
学者は、有名大学に入るために、親の言うことを聞いて、ガキのころから受験して、一生懸命既成知識を吸収する。・・・そんな世界で生きている。さらに権威付を付ける為に学会やマスコミやノーベル賞(バックは金貸し)に擦り寄っていく。だから根本的な追求に向かう人は構造的に存在しない。
・・・このような構造を作り出したのは誰なのか?学者(大学)とマスコミを作り上げたのは?

(by Hiroshi)

 

List    投稿者 nihon | 2018-11-30 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配, 05.染脳国家日本No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2018/11/8305.html/trackback


Comment



Comment


*