2019年06月08日

民族・集団本能を開放するには?4 ~なりすまし天皇と捏造された歴史を見抜け~

民族・集団本能を開放するには?3 ~自我を暴走・暴発させ、利用する者たち~
の続きです。

安倍政権のやりたい放題、時代を少し遡ると天皇一味のやりたい放題(明治維新以降)。バックにいるのは同じ外来種闇勢力。・・・普通に考えると、なぜ自衛隊がクーデター起こさないのか不思議でしょうがない・・・・。

無題 陸上自衛隊(写真は公式webサイトより)

にほんブログ村 政治ブログへ

戦争・人身売買・蓄財、現在の不正選挙などやりたい放題
・天皇一族によりだまされ「売春婦として欧米に販売された」日本人女性の数は数十万人リンク
・赤十字を隠れ蓑とした戦争と資産隠し リンク
・金貸しと手を結び、戦争狂となった天皇(日本における戦争屋は天皇財閥リンク
・金貸しの指示で戦争を始め、原爆の広島投下は昭和天皇が指示 リンク
・隠された莫大な資産 リンク
・不正選挙政権の国会・マスコミ占拠、官僚機構の国家占拠 リンク

★単純にこれらの事実を知らないだけなのかもしれない。しかし、なぜ知ろうとしないのか?
・・・これらの事実は、教科書の歴史で感じていた不整合感を埋め合わせてくれる。

★また、米軍の愛国者がトランプ政権を誕生させたように、日本でそれが起こらないのはなぜなのか?

差があると思われるのは、“敵”認識

●共同体的な日本人は“なりすまし”に弱い
日本の支配層に居座る、朝鮮半島出身のなりすまし。かれらを敵とは認識できていないからだろう。

それは、「内部の裏切り」に非常に脆いということである。
あるいは、「トップの裏切り」にも危険なまでに脆い。
日本人は、身内・同僚・仲間・年長者を非常によく信じてそれが長所になるのだが、この部分で裏切りが出ると、組織全体が総崩れになってしまう。
・・・・
「なりすまし」の人間がそこに入ると、組織を守るという意思が働いて、危険な「なりすまし」の人間を取り込んでしまうのである。
その「なりすまし」が実は最初から裏切り者だという点は意図的に考えないようにする。あるいは気がついたときには、もう遅かったりする。
共同体を破壊する内部の「なりすまし」リンクより

●捏造された歴史;日本書記→教科書・マスコミによる洗脳
万世一系と日本の皇統をデッチあげた日本書紀、これが日本の正統な歴史書とされている。しかし、日本の歴史なんて支配者が都合のいいように作り上げた架空の物語でしかない。
日本書紀は百済からやってきた藤原氏が支配しやすいようにつくった。その際、それまでの各部族が作っていた歴史書はすべて抹殺された。
百済王族、藤原氏3 ~それまでの日本史を根こそぎ抹殺した藤原氏

捏造した歴史書を根拠にした“なりすまし”。これもそろそろ暴かれる時代が来たということ。
マスコミの洗脳力も学者の権威も急降下中なので、時間の問題。

次回、日本の中枢に居座る外来種(主に朝鮮由来の人種)のマッチポンプ支配について明らかにしたい。

by Hiroshi

List    投稿者 nihon | 2019-06-08 | Posted in 04.日本の政治構造, 05.染脳国家日本No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2019/06/8928.html/trackback


Comment



Comment


*