2011年06月09日

政治の混乱と地下原発推進の背後にある闇の勢力の暗闘

【内閣不信任案ドタバタ劇】
%E8%8F%85%E3%81%95%E3%82%93stt11060512010002-n1.jpg
画像は こちら からお借りしました。
菅さん。辞めると言ったじゃないですか?
「辞める!」「辞めない!」「言った!」「言わない!」
いつ辞めさせられてもおかしくない菅首相。でも、なぜか生き永らえている。
不可思議というか、茶番と言うか、あきれ返るばかりである・・・・・
何が、どうなったのか、政治への不信は更に高まるばかりである。
もう、とっくの昔に政治には期待していない方も多いのかも知れませんが。。。。
なぜ、こんなゴタゴタが起こったのか?水面下では何が起こっているのか見ていきたいと思います。
続きを読む前にポチ・ポチ応援お願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ


昨今の政治混乱の背後には、原発問題が絡んでいる。
闇の支配勢力ともいうべき、ロスチャイルドとロックフェラーとの対立。
ここまでは察視がつく方も多いとも思いますが、今回浮き彫りになってきたのが、“日本の闇勢力”の存在である。
“地下式原発の推進”を耳にした方もいらっしゃると思います。
超党派。つまりは、党を超えてメンバーが名を連ねている。
あんなに仲の悪かった(?)、民主党と自民党が・・・・
産経ニュース 

 自民党時代に地下式原発の勉強会を主導した、たちあがれ日本の平沼赳夫代表が会長に就き、民主党の鳩山由紀夫前首相、羽田孜元首相、自民党の森、安倍両元首相が顧問に入る。谷垣禎一自民党総裁、亀井静香国民新党代表、渡部恒三民主党最高顧問も顧問に就任する。

  
%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E5%BC%8F%E5%8E%9F%E7%99%BAchika.jpg
画像は、こちら からお借りしました。
地下式原発の概念図はこんな感じ。地上の原発と安全性の面でどこが違うのか?はだはだ疑問。上空からの爆撃には少しは、耐えられるかも知れないが、いったん(漏洩などの)問題が起こりだしたら、海にも空中にも漏れていくしかない。爆発したら、地上の原発よりも被害が大きいかも。
どうでもいいことに対立している与野党.。もっと力を合わせてやってくれと言いたくなるが・・・。
そこまでして、なぜ原発にこだわる?!
その前に、まずは、原発の世界情勢をみてみよう
原発は、
①世界的には、
ロスチャイルド系・・・・原発推進派
ロックフェラー系・・・・石油推進派(正確には原発消極派)
■世界で稼動中の原発の出力容量ベースにおける建設実績シェア
ブログ「気になったこと・ノート・メモ」より
1位 東芝・米WH:28%
2位 仏アレバ:26%
3位 日立・GE:15%
4位 三菱重工:4%
・ロスチャイルド系:アレバ・三菱重工 30%
・ロックフェラー系:東芝WH・日立GE 43%
■世界における濃縮ウランシェア
「ECOマネジメント」の記事 原発再評価で始まったウラン争奪戦  より
1位 ロシア国営原子力企業「ロスアトム」の濃縮会社「テクスナブエクスポート」:38%
2位 米国濃縮公社「USEC」:22%
3位 仏アレバ社傘下のユーロディフ:20%
4位 英蘭独のURENCO:14%
5位 日本原燃:2%
6位 中国CNNC
・ロスチャイルド系?:ユーロディフ・URENCOとすると、34%
・ロックフェラー系?:USECとすると、22%
※ロスアトムはどっちか? ロシア→ロスチャイルド系だと考えられるので、
ロスチャイルド系は、72%となる。
■ウラン採掘シェア
ロスチャイルド系企業 リオ・チント・ジンク社がほぼ独占
●よって、ハード(建屋)はややロックフェラー系が優勢だが、
ソフト(燃料)は、ロスチャイルド系がかなり優勢と言えよう。
ちなみに、日本は、濃縮ウランをロシアから輸入しているようです。
参考:露首相11日来日 原子力協定調印へ 領土棚上げ…依存深まる
②日本では、
現在のエネルギー供給資源割合からみても解るように原発が推進されてきた。
明治維新から第二次世界大戦前までは、日本はロスチャイルド系の支援によって、大国の中国や多くのアジアのように欧州の植民地化されずに済んだ。
参考:明治維新~日露戦争~日米開戦全てロスチャイルドに仕組まれていた
戦後、
世界の表舞台では、第二次世界大戦で衰えをみせたロスチャイルドから、ロックフェラーが台頭するようになると、日本もその支配下に入ることになった。
戦後からほんの数年前までは、政治家をはじめマスコミなどの統合階級の主要な人物は、ロックフェラー系に支配され続けてきた。逆らえば、失脚、最悪は抹殺されてきた。
だから、“原発(=ロスチャイルド系)”よりも“石油(=ロックフェラー系)”となりそうなものなのに、そうはなっていない。原発保有国世界第3位である。
このズレは、どこから来るのか?
一つには、世界的に見れば、原発=ロスチャイルド系なのだが、ロックフェラー系もハードを中心に市場に食い込んでいる。本来ならお膝元であるアメリカで躍進するハズであったものが、スリーマイル島原発災害により頓挫。日本にターゲットを向け、売込みをかけた。
ハードはロックフェラー系から、燃料は、ロスチャイルド系からと、どちらからも喰い物にされるようになっていった。実は、単に喰い物にされていただけでなく、“日本の闇勢力”も原発を国策として推し進めていた背後があった。
参考:広瀬 隆 著『私物国家―日本の黒幕の系図 その1
参考:広瀬 隆 著『私物国家―日本の黒幕の系図 その2
一般の国民(庶民)にとっては、知ることもなかった。何となくそうなのかもと思いながらも、陰謀論やトンデモ説でかたづけられることが多かったことが、ここ数年の闇の支配勢力どうしの縄張り争いが激戦化し、リーク合戦によって、俄かには信じられない出来事=闇の支配勢力によって動かされて来たことを知る機会が増えてきた。
その鍵を解く一つが、6月5日の なんでや劇場
オススメ6/5なんでや劇場(4) ’85年、御巣鷹山上空で何が起こったのか?
オススメ6/5なんでや劇場(5) ’85年、御巣鷹山上空での日米ソ入り乱れた空中戦の真相
冒頭の疑問に戻って、
なぜ、ここ数日のゴタゴタが起こったのか?
菅首相のG8での原発発言が象徴的だが、
ロックフェラーの最高責任者であるデビッドが高齢のため、ロスチャイルドが勢いづいたのが民主党が政権を奪取した頃である。息を吹き返したデビッドに魂を売ったのが現首相の菅さんである。デビッドにとって、菅さんは扱いやすいのでとりあえずは続けさせたいのだが、以前のような勢力をもたないデビッドにとってロスチャイルド側の意向「G8での原発継続宣言」を条件に続投させることなった。
あれだけの問題=福島原発を起こしながら、一言も原発を止めるとは言っていないのです。
また、この間の菅さんの原発発言には、一貫性がなく両者(ロックとロスチャ)に顔立てしてか(いつもそうであるが)ペテン師的な発言が続いている。
参考:菅首相 原発に関する発言集 3/17~5/31
ロスチャイルド系と手を組んだ(組んでいる)鳩山元首相。そして鳩山さんは、地下式原発推進議員連盟の顧問に名を連ねている。
要は、日本での原発開発(推進)=核兵器をいつでも作り出せる状態にしておきたい“日本の闇勢力”とロックフェラー系、ロスチャイルド系、との3つ巴状態で混乱・混沌としている。この状態は、しばらくは続くであろう。
■参考にさせていただいたブログ
参考:首の皮一枚の菅政権・・・世界変革の足音 
参考:新ベンチャー革命2011年5月22日 No.370
タイトル:日本の核武装推進派が遂に正体暴露:米国戦争屋と全面対決覚悟か

参考:新ベンチャー革命2011年5月23日 No.371
タイトル:地下式原発推進一派は悪徳ペンタゴンからの総攻撃に備えよ!

参考:知らないのは日本人だけ?
世界の原発保有国の語られざる本音
多くの国は本音で核兵器を持ちたがっている

ところで、小沢さんはどうなったのかというと、
内閣不信任案のドタバタ劇2 ロスチャイルドに切られた小沢一郎
とあるが、ロスチャイルドに切られたのだろうか?
背面服従に嫌気が指し(耐えられなくなって)、自ら関係を切ったのではないか?
(元々菅さんのように、闇の支配勢力の傀儡にはなりたくはなかっただろうし)
内閣不信任案のドタバタ劇3 能力的にも「小沢一郎は終わった」
とあるが、感のいい小沢さんは、次代の息吹を感じ取っていたのではないか?と思いたい。
 権力に群がる政治家、闇の支配勢力に傀儡される党首、そんな元で国民の幸せは訪れない。
国民一人一人が立ち上り当事者となり、自らの手で創り上げていく政(祭り)事にしか可能性はない、自分の役目は終わった。」と。

List    投稿者 sodan | 2011-06-09 | Posted in 10.日本の時事問題No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2011/06/1996.html/trackback


Comment



Comment


*