2021年02月09日

JFKとジュニアとトランプ

1962年、ダラスをパレード中だったジョン・F・ケネディ大統領が狙撃され死亡した事件は、誰もがご存じだろう。

ケネディ大統領は現在のトランプのようにアメリカを金貸しから取り戻すつもりでいたが、金貸し勢力の出先機関であるCIAの手によって暗殺された。

実行犯として逮捕されたリー・ハーヴェイ・オズワルドは、警察署の地下でマフィアの手下であるジャック・ルビーに至近距離で射殺された。金貸しはこの事件の真相を闇に葬り去るため、このような演出をした。そして、この事件以降、ケネディ家の者達は不遇の死を遂げている。金貸しによる口封じと見せしめなのは言うまでもない。(愛人であったマリリン・モンローも暗殺された)

奥の院の情報開示第一弾:GESARA(ゲサラ)法」の中に、1999年に飛行機事故で亡くなったはずの息子、JFKジュニアが登場する。

そして、来月以降には、ジュニアの名前がとれたJ.F.ケネディー(JFKは亡くなっているので最早ジュニアではなくJFKとなる)に会うことが出来るでしょう。

今、JFKジュニアが生存しているという噂がネットで拡散されている。

にほんブログ村 政治ブログへ

◆JFKジュニアとトランプは友人だった

ネットで拡散されている、事故死とされる依然のJFKジュニアとトランプのツーショット。二人とも愛国心が強い。

そして最近のJFKジュニアの写真。これもネットで拡散されている。

飛行機事故はカモフラージュで、その後20年にわたり潜伏生活を送り続けてきた。トランプ革命を実現するために。

 

◆JFKの暗殺を米軍が内偵

ケネディが金貸しに暗殺されてから、米軍が暗殺組織を内偵するようになった。このころより米軍の愛国派は、金貸し勢力(ロスチャ、CIAや軍産複合体)を国家の敵と明確に意識し始める。そしてトランプという愛国者と共に、今は戒厳令のもと軍が臨時政権となり、DSをことごとく逮捕している。(逮捕者リストを参照)

 

◆プーチンがトランプを育てた

おそらく、トランプを育て上げたのはプーチン(←奥の院)。彼の愛国心を買ったのだ。またトランプのマスコミに対する姿勢は昔から変わっていない。(参考の動画

ところで、プーチンのKGB東ドイツ派遣時代(1985~1990)の活動は、あまり公にされていないし本人も語らない。この欧州に渡った5年の間にプーチンは奥の院と接触し、今もなお、繋がっている。トランプは2000年に、アメリカ合衆国改革党の予備選挙に出馬し落選しているが、プーチン(と奥の院)との関係はこの頃からか。(ちなみに90年代のトランプは事業が難航し、再建のためにロスチャ等の金貸しとも接触しており、その手口を実際に知っている)

 

◆JFKからトランプへ引き継がれる志

トランプはJFKジュニアと友人だが、実は父のJFKがつい最近まで存命だったという。「JFKジュニアがJFKとなる」と冒頭に引用した一文は、そういう意味と受け取れる。JFKは暗殺事件を免れ、先月まで生きていた。暗殺されたのは影武者だったのだろう。

トランプが肩を抱いている老人が、最近まで存命だったJFKだ。トランプとジュニアに志を託して逝ったのだろう。

60年の時を経て、革命が実現しようとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2021/02/11367.html/trackback


Comment



Comment


*