2017年02月17日

日本の支配層=二重の売国勢力

トランプ・安倍会談での両者の嬉しそうな顔。
安倍がトランプに日本の国民の年金から50兆円を差し出したという。
今更そんなことでは驚かない、いままでどれだけアメリカに献上してきたことか?
参照:日本国民の預貯金650兆円が米国連邦政府の財政を支えてきたと知れ!

にほんブログ村 政治ブログへ

日本の支配層は勤勉な国民が生み出す富を強国に献上して、自らの立場を守るということが本能になっている。

・日本の支配層は、朝鮮出身、大国(中国やアメリカ)の言うことを聞いて自分の権益を守ってもらうという奴隷根性が骨身に染みている。その為に国民からは骨の髄まで搾り取る。
(ex第二次大戦、裏ではアメリカと通じながら、国民には徹底的な窮乏と戦死。現代のアメリカへの徹底奉仕)
・日本の国家機構、試験体制→東大を頭に官僚機構(財政・外交・司法・警察・・・)が強固に固められている。彼らの中央集権下、政界にも進出して上から国家を強力に動かしている。
そして、彼らはアメリカと米軍の下部機構となることで、中央集権の生き残りを図った。彼らが半永続的に米軍を駐留させている。参照:日本の権力構造と在日米軍

日本の権力機構は以上の二重体制になっている。

●第一勢力:田布施・天皇
出自は朝鮮人ばかり。百済出身、古代からの藤原・天皇家。
それに塗り重ねられるように、ロスチャイルドの支援で明治維新のクーデターを起こした朝鮮人部落の田布施一味、これはテロリストに近い。
その下に連なる財閥・電通・山口組や宗教・右翼団体が一体で動いている。
※彼らは自分たちが、朝鮮人とバレないように、愛国を気取り、右翼勢力も取り込んでいるが、ヤラセ。天皇も同様で、あの柔和なつくり顔は真実を隠すための演技である。
国民を売って金儲け、正真正銘の売国奴=天皇
国民が知らなければいけない「天皇家の秘密」とは?
※表に出てくる安部、麻生は彼らの一味。学力では第二勢力に劣るため、よくバカにされる。

●第二勢力:官僚機構
第一勢力が政治勢力(→経済勢力)であるとすると、第二勢力は官僚機構。
政治勢力が、4年毎の選挙があり安定しないのに対して、彼らは国家機構をその仕組みから自分勝手に動かせる利点がある。しかし弱点は、政治権力がないこと。そこで彼らは、官僚がアメリカ(ex外務省)やアメリカの傀儡として機能することで国会(政治権力)よりも上位に立つ官僚独裁機構を作り上げた。アメリカの指示なら第一勢力も従わざるを得ないという朝鮮人支配層の習性を利用したものだ。

以上日本の現在の支配層は、強国の顔色しか伺うことができない、下に対しては弾圧するばかりの中間搾取的朝鮮人支配層(第一勢力)と、試験勉強の暗記脳しか持たない、官僚機構により占拠されている。これが、大変革期であるにもかかわらず、日本が全然変わる気がしない原因である。

(by Hiroshi)

List    投稿者 nihon | 2017-02-17 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2017/02/6493.html/trackback

トラックバック(1)


コメント1件

 カレー | 2017.02.17 12:22

そもそも明治維新がイギリスフリーメーソンによる日本の乗っ取りクーデターですからね。それが戦後そのままアメリカに引き継がれただけ。
田布施って百済系なんですか?新羅系だと思うんですけどね。おそらくそこは間違ってますよ。確かに、麻生とかは百済系の藤原氏ですけど、安倍をはじめとする長州田布施一味はむしろ、新羅とか今の北朝鮮あたりから移住してきた人間ですよ。明治維新でそういった田布施が権力を握り今でも独裁やってる国なんで、こいつらをクーデターで打倒しない限り北朝鮮と同じでしょうね。

Comment



Comment


*