2020年09月27日

脱頭脳支配 ~“常識” や “知識” を捨て、腹で考える~

ヨーロッパの国々では、多くの町で大聖堂が聳え立っている。
街の大きさに比して100mを超える巨大な塔を持つものも多い。聖バルバラ
巨大な怪物のように、都市全体を圧し、睥睨している。

にほんブログ村 政治ブログへ

それらが作られたのは、人々が貧困に喘いでいた中世。キリスト教の支配力がどれだけ凄まじかったのか、想像に難くない。
キリスト教に異を唱えることは、王でさえ破門の憂き目にあう時代、
※もちろん、キリスト教の内容は事実とは言えない、旧約聖書をはじめとして、誰かが作ったストーリー。しかし、多くの人を信じさせさえすれば、異を唱える者を、魔女狩りetc裁断する大きな力を持つ。

現代の日本、いや世界、大聖堂のような目に見える巨大な支配装置はない。
しかし、厳然と大衆を動員する大きな頭脳支配が存在している。
“常識”や“知識”
現代人は、学校で詰め込まれた知識、マスコミやネットで知った知識で動いている。
それをインプットされたら、分かったつもり。
情報や知識を流布しているのは誰なのか?なんのためなのか?
教科書を作っているのは誰なのか?なんのためなのか?

かっての日本人は
 とことん対象そのものを見て同化・追求した。鉄砲が来れば、徹底的に調べて、元のもの以上のものを作った。ザビエルが来たら、その欺瞞性を見抜いて、質問攻めにした。

今は、情報をインプットされて、その通りに動くだけ。その飼い慣らし装置が「学校」と「マスコミ」。お上による従順な人間を作るのが目的。

・・・みんな同じ方に向かっていく。滅亡の時がせまっても誰も気が付かない危うさ。
すでに、精子9割に激減、体は人工物質まみれ、頭脳は支配されて活力は世界最低。
それら比べたらコロナなんて屁みたい。

頭で考えるのを止めて、本能(腹)でとらえる、対象に同化することから始めたい。
現実直視・対象直視。

by Hiroshi

List    投稿者 nihon | 2020-09-27 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2020/09/10642.html/trackback


Comment



Comment


*