2020年05月03日

なぜ、70日で収束するのか? 〜人間の底の浅い観念やクスリとは、全く別の位相にウイルスも人間の体もある。学ぶべきは自然の摂理。~


コロナウイルス騒ぎは、マスコミから医者から、その辺の正義感ぶった連中まで・・・違和感だらけだが、根本的におかしいと思うのが、

・いつまで“自粛”するつもりで言っている?
・広い環境中にも、多くの人の体の中にも、既にコロナウィルスは広く存在しているのだから、免疫が弱くなったり、適した環境になれば再び流行する(2次感染とか言っているが)。
・再び流行したらその度に封鎖・自粛させる?
    →封鎖や自粛は実質不可能、意味がない!

一貫して感じるのは、“自分はかかりたくない”という気持ちを、マスコミは恐怖感を煽って助長させていること。その観念を根城に自粛警察のような“正義漢”が出てくる。
一方で、出口として、アビガンとかナンチャラとか、薬をチラつかせる。

にほんブログ村 政治ブログへ

こういうせこい人間の考えに対して面白いと思うのは、

イスラエルの著名な数学者が、新型コロナの感染は「ロックダウンをしてもしなくても」どちらも発生から70日間続いた後に収束するという理論を発表

事実、中国もそのくらい、ヨーロッパも早く始まったイタリアなどから収束してきている、ほぼ何も封鎖していないスエーデンも(リンク)。だから自粛とかは全くナンセンス。


★なぜ70日で収束するのか?

ウイルスが宿主と共生する道を選ぶ(宿主が全て死んだら生き残れない)・・・からなんだろう。

人間が都合よく作った底の浅い観念やクスリとは全く別の位相にウイルスはいるし人間の体もそうだ。人間もウイルスとの長い共存の歴史を受け入れ、その上で対策を考えるのが本来なんだと思う。学ぶべきは自然の摂理。

さらにすごいと思うのは、

HIV発見の功績でノーベル賞を受賞したリュック・モンタニエ博士が「新型コロナは人工ウイルス」とする論文を発表。そして「人為的な改変は必ず消える」とパンデミックが干渉と共に終わる道筋を表明

人工的に加えられた改変も、ウイルスは適応のために振り払っていく。ウイルスは賢い。

すでに40日経ったので、人工的に加えられた毒性はほぼ消えているはず。→これから死亡率が下がっていく。そして、70日経った5月末頃日本でも収束する。
(でも小池とか自粛警察とかせこい奴らは、たぶん緊急事態宣言や自粛がうまくいったからというんだろうな。永遠に自粛して出てきて欲しくないな。)

by Hiroshi

List    投稿者 nihon | 2020-05-03 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2020/05/10081.html/trackback


Comment



Comment


*