2017年07月20日

田布施一味 VS 官僚の100年戦争

 

不正選挙マシーン+報道管制で万全と思われた安倍政権+自民党。しかし、昨年の暮れあたりから、様々なスキャンダルが吹き出ている。 (さらに…)

  投稿者 nihon | 2017-07-20 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

小池百合子とCIAと国民ファーストと小泉進次郎

7月4日のエントリーで、小池都知事と旧勢力の繋がりについて書きました。今回はその続きです。

小池は政財界の“最後の黒幕”と言われた朝堂院大覚(松浦良右)と深い繋がりを持ち、テレビキャスター時代は大物政治家とのつながりを通じてCIAへ情報を横流していたという説です。

都議会選挙では、都民ファーストの会が圧勝しましたが、これはマスコミによる小池人気に加え、いずれ小池を国政へと導くためのCIAの策略(不正選挙)も加わっていた可能性が濃厚です。

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2017-07-18 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配, 04.日本の政治構造No Comments » 

日本人の活力を再生するには? ~近代思想・自分観念から徹頭徹尾対象認識へ~

最近の記事
プロによる観念支配 ~近代観念による全面閉塞~
世の中を動かしている力の正体は? ~「観念支配の歴史」と突破口~
の続きです。

いままでの記事から、日本人と社会を全面閉塞に陥らせている犯人は「観念支配」であり、その中核は「近代観念」であること、それを植え付けているのがプロ(学者・官僚、マスコミや学校)であることが分かってきました。 (さらに…)

  投稿者 nihon | 2017-07-13 | Posted in 05.染脳国家日本, 13.認識論・科学論No Comments » 

安倍を切り、小池に乗り換えた旧勢力~支配構造は変っていない!~

先日の東京都議会選挙は小池百合子の都民ファーストの会が圧勝。自民党は歴史的敗退とまで言われる結果となりました。

2016年8月の都知事選挙で東京都知事となった小池百合子ですが、そもそもこの選挙自体が不正選挙だったことを忘れてはいけません。(小池氏は自民の傀儡か?今回の都知事選も不正選挙?

そして今回、シナリオどおりに小池党が圧勝しました。汚職・不正で薄汚れた自民党が敗退を喫したのは都民の願ったり叶ったりだと思いますが、都民ファーストの会を第一党と押し上げたことで、今後どうなっていくのでしょうか。明るい都政が待っていると断言できるでしょうか。

(さらに…)

プロによる観念支配 ~近代観念による全面閉塞~

 

前回記事
世の中を動かしている力の正体は? ~「観念支配の歴史」と突破口~

>このがんじがらめの閉塞感を作り出していたのは、この観念支配が正体ということになる。・・・・とりわけ現代は近代思想(根っこはキリスト教)・近代科学による支配が、学校とマスコミによって強力に作用しているということ。

では、近代思想とはどのようなものなのか? (さらに…)

  投稿者 nihon | 2017-06-30 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

現代の学校教育~何で本当のことを教えないのか~

安田講堂

明治に、現代の学校制度が成立してから、約150年が経ちます。

義務教育の中で私たちは読み書きそろばん、歴史や化学や、さらには規範や思想を学びます。

当然学校は厳正な公共機関で、そこで教えられる内容に嘘いつわりは無い、と信じてきました。

しかし、学校で教えることは、本当に真実なのでしょうか。

そもそも真実とは何なのでしょうか。

「学校で教わったから間違いない」という言葉は、裏を返せば好奇心や追求心を封鎖し思考停止に陥らせていると言えるのではないでしょうか。

学校が教えていることは、決して事実ばかりではありません。

その背景には、現代社会が持つ構造的な問題があり、ここに切り込まない限り本質の追求はありえません。

今回はこの点に焦点を当て、実現塾で扱われた内容を元に考えてゆきたいと思います

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2017-06-27 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

世の中を動かしている力の正体は? ~「観念支配の歴史」と突破口~

以前、世の中のがんじがらめ感を生み出しているうものとして、学校・法律・制度について書いた。→このがんじがらめ感・・・国や制度への違和感、半端ない

これらがんじがらめ感=生きる意欲が沸かない=現代の全面閉塞状況
・・・を作り出しているものは何か?

一つは力の原理⇒強制圧力によって統合する国家の成立。
もう一つはそれに具体的な形を与え、法律や制度を規定する言葉・観念である。学校で教えられる内容も言葉・観念。
つまり観念によって社会は制度化され動かされている!

★社会を支配する観念とは?  (さらに…)

  投稿者 nihon | 2017-06-23 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

緊迫化する中東情勢~ロシアが旧勢力を一掃するか~

日本のマスコミは全くと言っていいほど報道していませんが、中東情勢が緊迫化しています。

カタール、イラン、エジプトとサウジアラビアの領土売り渡し、そして米軍によるシリア政府軍機の攻撃。一触即発の状況にあります。

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2017-06-20 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配, 09.国際政治情勢の分析No Comments » 

イギリスのEU離脱は遠のいた?~新時代は、マスコミが発信する旧観念から脱却し、自分達で新しい言葉・観念を創ることで実現する~

先日行われたイギリスでの総選挙では、保守党が議席数を減らし、反対に労働党が議席数を伸ばしました。

この選挙結果を受けて、プーチン大統領は「イギリスのEU離脱はないだろう」との見解を述べています。昨年の国民投票の結果が流産するというのです。

なぜメイ首相はこのような不必要とも言える総選挙を急いだのか、そして敗北を喫したのか。

(さらに…)

世界・人々の意識と逆行する日本の支配層(天皇・田布施一味)

世界的な戦争封鎖の動き、脱強制圧力→脱国家の動き。
参照:戦争の危機が迫っているように見えるが全ては出来レースであり、演技である
’   国家と市場の退場・・・新たな未来像、何が求められるのか?

・・・しかし日本の支配層は、天皇をトップとする神聖政治の国家体制に戻そうと画策しているようだ。
最近の日本の支配層の動きについて分析する。

●自民党は日本会議・神社本庁に取り込まれた。
自民党が選挙に大敗した2009年以降、自民党の新しい支持基盤となったのが「日本会議」だ。自民党は、「日本会議」の全国組織を基盤にして与党になったと言ってもよい。要するに自民党は「日本会議」に吸収された。
参照:安倍政権の背後にある「日本会議」の知られざる実態と自民党=高島康司

(さらに…)

  投稿者 nihon | 2017-06-13 | Posted in 04.日本の政治構造, 05.染脳国家日本2 Comments »