2011年03月30日

プレートテクトニクス理論は、もっともらしいウソではないか?

2011年03月22日「地震の発生原因⇒プレート説は本当に正しいのか?⇒熱移送説も」で、①プレートテクトニクス説では地震の発生原因を十分には説明できないこと、 ②それに代わる原因仮説として「熱移送説」があることを紹介しました。
調べてみると、他にも「プレートテクトニクス説はもっともらしいウソ」であると断定する説がありました。それを紹介します。

(さらに…)

  投稿者 staff | 2011-03-30 | Posted in 10.日本の時事問題6 Comments » 

『白人の源流~ギリシア・ローマ編~7』 古代ローマは、山賊の寄せ集めだから、略奪を拡大し続けるしかなかった

%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E6%9C%80%E5%A4%A7%E5%9F%9F.gif 

いよいよこのシリーズも残り2回になりました。

【シリーズの過去記事】
『白人の源流~ギリシア・ローマ編~1』プロローグ:大転換の予感⇒人類史を追求する意義
『白人の源流~ギリシア・ローマ編~2』 オリエントの文明の発祥である 『エーゲ文明~クレタ文明』 
『白人の源流~ギリシア・ローマ編~3』クレタ文明を滅ぼした『ミケーネ文明』
『白人の源流~ギリシア・ローマ編~4』ミケーネ文明を滅ぼした、傭兵と奴隷集団『海の民』 
『白人の源流~ギリシア・ローマ編~5』ギリシアの『ポリス社会』 
『白人の源流~ギリシア・ローマ編~6』 ギリシャとエトルリアに挟まれたローマの起源 

前回の記事では『ローマの起源、ローマ人の出自』を明らかにしました。

★ローマ人の出自は、地中海西岸での戦争の敗者の落人か、集団からのはぐれ流れ者が、エトルリアとギリシアの影響の少ないイタリア半島の中部ラティウム地方に逃げ込み定住し、山賊になった集団。

このような山賊集団が、なぜ、あれほどの大帝国を築けたのでしょうか?
今回の第7弾は、この疑問に迫ります。

まずはローマ史の概略を押さえておきましょう。
zu_image002.gif

では、いよいよ本題です。
■古代ローマは、古代ギリシアのポリスに似た都市国家から出発しながら、なぜ、全地中海世界を征服し、大帝国を建設しえたのか?

(さらに…)

  投稿者 kirin | 2011-03-29 | Posted in 未分類 | 3 Comments » 

日本の原子力利権 ~政・官・産・学・マスコミの結託→暴走~

3797.jpg
画像はこちらからお借りしました。

日本の原子力利権 ~原子力閨閥~に続き、日本の原子力利権の実態を見ていく。

(さらに…)

  投稿者 lived104 | 2011-03-28 | Posted in 04.日本の政治構造5 Comments » 

日本の原子力利権 ~原子力閨閥~

518C6FVR4EL__SS500_.jpg
福島第一原子力発電所は、現地作業員が全力で対応に当たっているものの、いまだに安定化の見通しはたたない。
福島の臨戦対応が迫られる一方、日本には54基の原子力発電所が運転中(2010年5月時点)であり、全国(全地球)で原子力発電の見直しが不可欠となっている。
そして、原子力発電に頼らないと、著しく不便な生活になるわけでもないのだ。(これを機に無駄を削減することは望ましいが)
【参考】
東北地方太平洋沖地震~原発は必要か否か 6~原子力が無くても日本の電力は不足しない~「自然の摂理から環境を考える」
では、一体なぜ導入されたのか。
そこには、「利権」が絡んでいる。
しかも、ごく少数の人間が閨閥を形成して権限を掌握し、利権を欲しいままにしているのだ。

(さらに…)

  投稿者 lived104 | 2011-03-27 | Posted in 04.日本の政治構造11 Comments » 

「日本人は何を学ぶべきか~近代社会の騙しの構造」~第9話:原発の虚構

%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%8E%9F%E7%99%BA.jpg
東京電力の福島第一原発で起きた事故は、「想定外」の危機であると報道され国民から批判をあびている。これまで、「何重にも安全システムをとっているから、原発は絶対に大丈夫」と説明してきた電力業界と、それを後押ししてきた経産省を中心とする政府の信用も失墜した。
さらに、最近の放射線による健康被害についての政府やマスコミの報道も、ゴマカシであるとの指摘がネット界を中心に湧き上がっており、社会統合のプロ(政府、マスコミ、専門家)に対する不信感が日増しに強まっている。
武田邦彦:原発緊急情報(10)政府・マスコミ、ごまかし。危ない?!
○植草一秀の『知られざる真実』原発最悪事故収束可能性浮上だが三つの重大問題
原発事故という緊急事態であるからこそ、私たちは何よりも事実が知りたい。
これまでも原発の危険性は各方面から発信されてきた。
今回を機に、私たち日本人は真正面から原発に対して向き合う必要に迫られている。
応援お願いします。

(さらに…)

  投稿者 hassy | 2011-03-26 | Posted in 12.現代意識潮流2 Comments » 

集団を超えた社会をどう統合し直すか?(1)~闘争の場と生殖の場の分断が招いた歪~

            %E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%94%A8%E7%94%BB%E5%83%8F%E9%81%BF%E9%9B%A3%E6%89%80%E3%81%AE%E5%AD%90%E4%BE%9B%E9%81%94.jpg
皆さんこんにちは :D
 最近、暖かくなったり寒くなったりで体調を崩してしまう人が周りでたくさん出てきていますが、みなさん体調はどうですか
 最近の話題といえば専ら東北地方太平洋沖地震のことですよね。被災地では家や財産、家族を失った方々が数多く存在し、今でも不自由な思いをしながら避難生活を続けておられます。そんな中、日本のリーダーである菅直人首相は何をしてくれているのでしょうか?むしろ事態を悪化させているみたいですね
「転がるメロン」さんのブログより

読売新聞
未曽有の大惨事となった東日本巨大地震をめぐり、菅政権の無策ぶりが次々と明らかになっている。「首相が東電の技術者をことあるごとに官邸に呼びつけてどなるので、現場対応の邪魔になっている」政府関係者は嘆いた。首相は避難所視察も希望したが、「迷惑をかける。時期尚早だ」と枝野長官が止めた。
産経ニュース
首相が12日朝現地を訪れ、1時間近く視察したことは現場の作業を遅らせる一因になったとの指摘もあり、責任を問われかねない。
12日朝、首相は原発視察に先立ち、記者団に「現地で責任者ときっちりと話をして、状況を把握したい。必要な判断は場合によっては現地で行うかもしれない」と意気込みを語った。
 政府関係者によると視察は首相が突然言いだした。枝野氏も12日未明の会見で
「陣頭指揮を執らねばならないという強い思いが首相にあった」と説明した。 
 しかし、現場はすでに放射性物質の一部放出をしなければならない事態に陥っていた。そこに首相がヘリコプターから降り立ったため、現場担当者も首相の対応に追われた。

 テレビをつければ「安心してください」とだけ言い続ける学者や政治家、官僚ばかりで、なんら答えを出せないでいます:cry:。 事実を知りたいという私たちの期待とは裏腹に、お茶を濁したような発言ばかりする彼ら特権階級と大衆との間には、ますます大きな隔たりが生じているように感じます。彼らの無能さは今回の地震対応にだけ見られることではなく、すでに多くの場面で社会に悪影響を与えています。 :evil:
「実言論>序文>ロ.肉体破壊・精神破壊と市場の拡大停止」より

いま市場は行き詰まり、多くの経営者が先を読めないでいる。経営者だけではない。政治家も、官僚も、学者も、マスコミも、これまでこの社会を統合する役割を担ってきた者たちの誰一人として、明確な変革の方向を打ち出せないでいる。なぜか?それは時代が、これまで彼らのやってきた小手先の改革で済むようなレベルを遥かに超えた、根本的な変革を必要としているからである。  
   
市場の拡大は、大量の人工物質を生み出して環境を破壊してきたが、それらの人工物質は同時に人類の肉体をも破壊する。例えば、ガンの急増は、体内に摂取された人工物質による突然変異が原因である疑いが強い。更に、ホルモン様の人工物質によって引き起こされる精子絶滅の危険性に至っては、文字通り人類絶滅の危機である。

 これまで、市場拡大によって私益を肥やすことのみで、まったくみんな(=社会)のことを考えていなかったために、東北地方太平洋沖地震のような未曾有の大災害に会ったときに、何も動くことができずさらなる事態悪化を招いてしっています。
 しかしながら、今回の震災をマイナス面ばかりではありません。政治家やマスコミなどの特権階級が答えを出せない一方で、被災地では新たな可能性 を子供たちがみせてくれてるのです。
続きが気になる方、ぽちっと応援よろしくお願いします :D

(さらに…)

  投稿者 kagano | 2011-03-25 | Posted in 14.その他No Comments » 

東日本大震災~原発は必要のウソ~みんなの意識はどこへ向かう?


画像はこちらからお借りしました。
今回の地震~津波を契機とした原発事故は現在も懸命な復旧作業が続けられています。
命懸けで現場作業に従事されている方々には、頭が下がる想いです。
ところで今まで、原発について皆さんはどのようにお考えでしたか?
身のまわりの人に聞いてみると、なんとなく危険なものという意識でありながら、そうは言ってもしょうがない、必要悪というような感覚を持っていた方が大半でした。
実際、政府や電力会社はこれまで電力需要を賄うには、原発が必要と主張してきましたし、今回の原発事故によって電力不足が起こるとして、計画停電の措置をとっています。
彼らの主張は本当なのでしょうか?
応援よろしくお願いします。。。

(さらに…)

  投稿者 kichom | 2011-03-24 | Posted in 10.日本の時事問題2 Comments » 

地震の発生原因⇒プレート説は本当に正しいのか?⇒「熱移送説」も

地震の発生原因として、プレートテクトニクス説が常識化していますが、一方で「プレート説は地震の原因を十分には説明できない」という問題提起もなされています。
埼玉大学の角田史雄名誉教授が提唱する「熱移送説」がそれで、地核で発生し地球の表面へと伝わる熱が、地震や火山の噴火を起こすという説です。

(さらに…)

  投稿者 staff | 2011-03-22 | Posted in 10.日本の時事問題1 Comment » 

放射能を中和する、様々な物質や電場・磁場の相互作用が存在するのでは?

35423-1.jpg
「福島原発に海水を投下するヘリコプター」
画像はこちらからお借りしました。
東北地方太平洋地震を予測したブログ『幸福への近道』「<お知らせとお礼> 2011/3/18」を読んでいて、とても気になる記事をみつけました。
ブログ主の照さん自身はまだうまく言葉化できていませんが、とても重要なことを提起されているように(直感的にですが)思えます。
もしかしたら、今回の福島原発事故の解決の突破口になるかもしれないと思い、紹介させていただきます。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 staff | 2011-03-19 | Posted in 10.日本の時事問題3 Comments » 

日本人は何を学ぶべきか~近代社会の騙しの構造~第8話:近代社会成立の背景

%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E6%BA%90%E5%88%86%E5%B8%83%E3%82%92%E8%A1%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E5%9C%B0%E5%9B%B3.png
『日本人は何を学ぶべきか?~近代社会の騙しの構造~』シリーズは、今回で第8話。
第1話:プロローグ
第2話:自由市場など幻想である
第3話:市場拡大は絶対なのか?
第4話:何故官僚は暴走するのか?
第5話 :支配者の手法~アメリカ発の民主主義
第6話:「権利」はバラバラな個人を作り出す
第7話:アメリカの戦後占領政策
巨大な変化が起こったのは、大東亜戦争後。大東亜戦争の敗北の結果、アメリカによって、わが国の歴史・伝統・文化は否定され、替わりに個人主義・自由主義・デモクラシーこそ、心奉すべき価値として与えられた。
アメリカの戦後占領政策(GHQ)によって、日本に民主化政策(=近代思想)が流入する転換点となった。
それでは、このアメリカによって、齎された近代思想は、どのような形でアメリカ本土で誕生したのだろうか?
本文に入る前に、いつものポチ!を宜しくお願いします。

(さらに…)

  投稿者 kyupibekamu | 2011-03-18 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造4 Comments »