2020年03月26日

コロナ騒動の背後、奥の院の狙い

コロナウィルス騒動、シナリオ書いてるのは誰だ?
コロナ騒ぎ →ドル・中銀破綻 →国家紙幣・BIへのシナリオ。・・・スピード導入か?
世界を脱グローバリズム→民族自決とBIへ移行させる「奥の院」とは
の続きです。

コロナ騒ぎから、最も背後に欧州奥の院の存在。
ここが震源地だから、ここを追求してみたい。

奥の院とは
アラビアの遊牧民(5000年前以前) →古代フェニキアの海洋交易民(4000~3000年前頃)
→カルタゴ →ベネチアの黒い貴族(1300年前以降):十字軍と大航海
→その後スイスに本拠:宗教改革とハプスブルグ潰し
→第一次・二次大戦(ロックフェラー→ロスチャ潰し)と共産革命

にほんブログ村 政治ブログへ

彼らは実に4000~3000年に渡って、同じ家系・部族で生き抜いてきた。
通常の王朝が長くても200~300年程度しか持たないのに比べて、驚異的な生存能力を持っている。

勃興しては滅びていく権力者たちを横目で見ていた筈。
その時々での生き馬の目を抜く現実把握と外圧状況をつかめなければ生き抜けない、かつその時代での制覇力への欠乏の強さ。
武器は諜報部隊と金融。

彼らは制覇力としての、金(カネ)の可能性を見抜いた。
2つの勢力にカネと傭兵を貸しながら、カネの力を見せつけて、両勢力を支配。
その結果欧州においてカネが制覇力になった。それが植民地支配を通じて全世界に広まり現在のカネ社会をもたらしている。
※最大の危機は、ローマ帝国支配時、カルタゴが殲滅され、一強の帝国が存在すると滅ぼされる恐れがある。

★彼らにとって、現在の最大の外圧(危機意識)は何か?
①市場崩壊、環境破壊、人工物質、電磁波・・・いろいろありそうだが、人工物質が最も危うい。全人類が滅亡する恐れがある。
②彼らが作り出してきた共産主義が1990年頃崩壊、次の世界システムをどうするか?このままだとアメリカに次いで、同じような大国である中国が覇権を握りそうだ。最強の帝国が出現すると危うい。既に中国は一体一路でユーラシアを席捲しつつある。

★環境破壊と人工物質もたらしたものは何か?
→300年前ごろの産業資本の成立(イギリスの産業革命、供給者はヘッセン家とロスチャ)
→それを求めたのは、大衆の需要(=貧困だから)
→貧困をもたらしたものは、権力支配。

★現在の状況をどう読んでいるか?
①供給過剰の世界 →カネで人々を支配するのはもう無理。ゼロ金利→金貸し業が成立しない。力の源泉が失われる。
但し、権力支配は強制圧力と貧困を作り出せば成立する(ex中国やアメリカ)。→ヤバい。
②結局、私権収束 ⇒権力支配 →富の偏在が、大国も権力者も貧困も作り出している。しかし供給過剰なのだから富の偏在を是正すれば権力者も大国も必要なくなる。…奥の院は当然そこに気が付いているはず。

金融支配力は消滅するが、帝国(権力支配)も消滅させることができる。最後の帝国を解体し、同時に市場も自給自足型に変えていく。今回それを一気にやろうとしている。
これからコロナ騒動から経済封鎖、新基軸通貨→ドル暴落→大国の分裂を誘発。平行して国家紙幣とBIで安定化させ小国家分立型に誘導するだろう。
一気に駆け抜ける・・・とするとコロナ封鎖はこれからもっと激しくなる。

by Hiroshi

 

List    投稿者 nihon | 2020-03-26 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2020/03/9861.html/trackback


Comment



Comment


*