2011年05月19日

集団を超えた社会をどう統合し直すか?まとめ1~市場原理から脱却することが社会統合のスタートライン~

これまで、集団を超えた社会をどう統合し直すか?シリーズでは、最近の一番の感心事である「東北大震災」や、その後の人災とも云える原発問題から、人々の意識変化(心底での欠乏)⇒人々が求める社会統合とは何かに迫ろうと(1)~(8)に亘って記事を書いてきました。
その中で見えてきたのが、社会統合という課題は「市場原理の中で物事を考えていても何も可能性は見えてこない」ことです。その証拠となる投稿がるいネットにありますので紹介します。
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
この記事を図解化してみると・・・
%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E3%81%A8%E5%B8%82%E5%A0%B4.jpg
上記の図解から見て取れるのは、そもそも国家と市場は原理的に異なる存在であること。これこそが、国家(社会統合)の課題を市場原理では解決できない根本の理由です。
では、現在の原発などの社会問題に目を向けてみるとどうでしょうか?
ずっと嘘だったんだぜ

原発の問題もそう。被害者も出て、今後も決して余談を許さない状況であるにもかかわらず、自らの利権を守るために、原発がなくてはならない世の中を維持させようと計画停電を推進している政府、それに後押しするマスコミ。

市場原理の中で、特権階級が己の利権を守るために繰り返されるウソ、ゴマカシの数々。これでは私たちみんなが求める新たな社会統合など望めるはずもありません。
では、なぜこれほどまでに市場原理の中で物事を考えようと・・・市場原理を延命させようとしているのでしょうか?
続きを読む前に是非応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ


このことを考えていくためには、市場原理の親玉:国際金融資本家(金貸し)と政治との関係を抑えておく必要があります。
下記の図をご覧ください。
%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%99%A9.jpg
原子力には大きな利権が絡みます。そしてその大部分を、金貸しの欧州中心派:ロスチャイルドが握っているといわれています。そして、大きな資金が日本の政局(欧州中心派⇒民主党)に流れています。
何故、これだけ原発に対する不安の声が広がっているのに、特権階級(政治家、官僚、マスコミ)はウソやゴマカシを繰り返すのか。この、市場原理と政治とのつながりを見れば、一目瞭然ですよね。
市場原理では、原理的に異なる存在故に、新しい社会統合など実現しない。
でも、市場原理を延命しようとしている大きな力が存在している。
この2つの矛盾がいつまで経っても、新たな社会統合に向かえない理由のひとつです。
新たな社会統合を実現するためには、


①市場場原理から脱却すること。
②「事実は何なのか」を市場抜きに考えられる私たち素人の追及が必要

私たち素人が事実の追求をしていかなくては、いつまで経っても、騙す側(特権階級)と騙される側(国民という構図は続き、市場原理の脱却=新たな社会統合のスタートラインに立つことはできません。
今回のまとめ1では、市場原理が延命して今う問題構造にスポットを当てました。
次回のまとめ2では、市場原理を超える可能性にスポットを当てていきますのでお楽しみに

List    投稿者 kura | 2011-05-19 | Posted in 04.日本の政治構造1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2011/05/1979.html/trackback


コメント1件

 hermes handbags danmark | 2014.02.02 23:34

fake hermes bags online 日本を守るのに右も左もない | 魔術から近代科学へ3~略奪による共認破壊→恐怖と暗黒⇒自我収束をエネルギー源として架空観念を追求したギリシアの要素還元主義者

Comment



Comment


*