2006年11月05日

アメリカの軍事力も限界を迎えている

2005tora氏がブログ『株式日記と経済日記』で、アメリカの「核の傘」はもはや「破れ傘」だ、と警告している

私と田中宇氏とが共通する見解としてはアメリカの国力が衰えてきたということであり、軍事的な二正面作成は出来ない状況になっている。イラクで足を取られている以上、ヨーロッパや極東で問題が起きてもアメリカはそれに対抗できる力が無い。ヨーロッパはNATOがあるから何とかなるが、極東にはそれが無い。

にほんブログ村 政治ブログへ

フラム氏(※)はそれに対して日本やオーストラリアやニュージーランドと拡大NATOを組めと主張している。アメリカの自分勝手な意見のようにも思えますが、アメリカが国務省などを除けば本音としては日本の核武装は中国や北朝鮮との対抗上やもうえないものと見ている

田中氏の記事によれば、アメリカはイスラエルを動かしてイラン(注:ヤガ修正)攻撃をさせたがっているが、イスラエル自身が梯子を外されることを恐れてためらっているようだ。株式日記でもイスラエルによるイラン攻撃が近いと何度か書きましたが、夏のヒズボラとの戦闘を見てもイスラエル軍の圧倒的な勝利は望めなくなっており、アメリカ軍やイスラエル軍は対ゲリラ戦には弱さを見せる。
このような状況ではイスラエルがイランを攻撃する事は無理だろう。つまりアメリカは中東でも孤立してイラクでも情勢は悪化する一方だ。いずれは外交戦略を180度転換して「孤立主義」になるだろう。そのようになった場合日本はどうなるのか? 「核の傘」も破れ傘である事が見えてきた。平時は「思いやり予算」を貰いながら戦時には役に立たない可能性が強い。

※「悪の枢軸」という言葉を作り、ブッシュに演説で使わせたネオコンのDavid Frum氏。
もはやアメリカの凋落は、軍事面でも決定的なものとなりつつあるようだ。今後アメリカは、否応なく「孤立主義」への政策転換を迫られる。その見通しなしに、アメリカに従っていれば安心だ、などと悠長なことは言っていれば、日本は道連れになるだろう。
賛同していただける方は、クリックお願いします
byヤガ

List    投稿者 yaga | 2006-11-05 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造5 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2006/11/62.html/trackback


コメント5件

 にほん民族解放戦線^o^ | 2006.11.11 0:53

パキスタンはとんだとばっちり。実は10/30マドラサ空爆の真犯人はNATO軍(米軍)?

10月30日に何者かが、アフガニスタン国境近くのマドラサ(イスラム神学校)への空爆を敢行し、民間人を含む80人が死亡した。
http://www.chu

 コミカル・ミュージック | 2006.11.12 6:43

変成女子説

やったー、とうとう共和党が議席を減らしたぞ。しかも連邦議会の両院でだ。これほど嬉しいことはない。ネオリベラル資本主義を強引に押し進めてきた共和党は遂に勝利…

 こうた | 2006.11.15 0:41

先日の新聞記事・・・米中間選挙で民主党に敗北したことを受け、更迭されたラムズフェルド元国防長官語録より
>「自由による混乱だ。自由な人々は、間違いを犯す自由もあれば、犯罪や悪事を働く自由もある。」・・・03年4月、イラクの無法状態を問われて
あたかも、一見無法常態化しているようで、実は遂に「自由」を手に入れることができた証であり、アメリカのやったことは正しい・・・とでも言いたげだが、真面目にそう考えているとしたら、もはや狂人と断定しても良いと思う。
・・・旧観念=倒錯観念の恐ろしさを感じる。

 イラッキ | 2006.11.16 21:24

自由による混乱よりも、圧政による秩序の方がまだましだ
by イラッキ

 hermes handbags austria | 2014.02.02 10:25

hermes bags expensive 日本を守るのに右も左もない | アメリカ中間選挙:保守派vsユダヤの内部闘争?

Comment



Comment


*