2009年03月10日

中川泥酔会見事件~小沢秘書逮捕劇に見える金貸しの焦り⇒資本主義終焉の最終局面

%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E5%82%B5.jpg
小沢第一秘書逮捕事件に対する、各ブログの見方を以下に挙げる。
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 政治ブログへ


『ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報~竹中疑獄ではなく、「小沢疑獄」に乗り出した特捜部』

小沢の金額が多いということで逮捕・強制捜査することは、明らかに検察官の恣意的な捜査である。検察官が裁判官の前に判決を出しているようなものだ。(中略)権力というのは恐ろしいものだけれども、マスコミが権力と一体化して、こういう<国策捜査>を支援する動きに出る。
「竹中疑獄そらし」か?3日午後の段階では、朝日とテレビ以外はこのネタで報道はやっていないようだ。朝日にリークされたものらしい。おそらく竹中を全面的に支援している朝日新聞が、仕掛けたのは、この疑惑を報じることで、問題となっている給付金、郵政かんぽ問題を全部「べた記事」にしてしまうという思惑がある。(中略)アメリカの意向を伺っている朝日新聞の破壊者である船橋洋一が編集会議でそう決めたのだろう。
これはアメリカ・竹中と、日本の部族原住民政治家たちの戦いである。この竹中VS原住民政治家という構図で物事を見てほしい。これは仕組まれた陰謀だ。小沢の事務所から何かを見つけるための見込み捜査だろう。

『神州の泉~小沢一郎氏が狙われた理由を推測する』

年次改革要望書や米国政府筋の人間を執拗に派遣して郵政民営化を実現させ、その上、三角合併まで解禁させたアメリカは、もうすぐ手中にできる日本の膨大な金融資産の移転を邪魔されたくない。なぜなら、郵政民営化の真の目的はそこにあったからだ。小泉・竹中が企んだ郵政民営化とは、景気浮揚でも改革の本丸でも何でもない。国富のアメリカ朝貢作戦にほかならなかった。従って、麻生首相や鳩山総務相の郵政に関する見直し発言は、晴天の霹靂であり、属国日本がそれを言うことは許されない話だったのだろう。だから、どういう手段を弄してでも、郵政民営化や四分社体制の見直しは阻止することにした。
つまり、彼はアメリカに楯突いた可能性がある。それを証明するかのような小沢氏の発言がある。今月の1日、彼は在日米軍再編に関し「極東におけるプレゼンス(存在)は第7艦隊で十分」と断言した。これがニュースでは米国隷従派の眉を顰(ひそ)めさせたように伝えられたが、実際は小沢氏がアメリカに発信した強力なメッセージだと思う。つまり、小沢氏は、自分は小泉純一郎氏とは違って、あなたがたの傀儡政権は作らないし、郵政民営化も構造改革も小泉・竹中方式は絶対に取らないと態度を明瞭にしたように思う。米国は小沢一郎氏を見限って潰す決意をしたのかもしれない。それが今回の国策捜査になったと思われる。

『植草一秀の「知られざる真実」~選挙妨害に見える国策捜査は世論操作に逆効果」

米国に対しても一定の距離を保ち、米国に対しても言うべきことを言う政権が日本に樹立されることを、米国は強く警戒していると考えられる。小沢一郎氏に対する執拗な攻撃姿勢を見るとき、その異様な状況の裏側を洞察しようとする姿勢が重要である。
小沢一郎代表秘書に対する捜査当局の行動は、客観的に見てあからさまな選挙妨害であると言わざるをえない。このことによって明らかになったことは、民主党を中心とする野党勢力が本格政権を樹立することを絶対に阻止したいと考える勢力の巨大な力が働いている可能性が極めて高い確率で存在していることだ。

『国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」~小沢一郎冤罪謀略事件 何者かによってでっちあげられたと見られる「献金請求書」という証拠 』

漆間巌元警察庁長官(現在、内閣官房副長官)が、「自民党に捜査は及ばない」と異例の発言をしたが、おそらく、これは、小沢氏だけが「証拠」をでっちあげられているからである。その「証拠」というのは、恐らく、「検察」「警察」が、でっちあげるのではなく、証拠だと思わされて「つかまされている」ものである。 つまり、小沢一郎側からの「献金の請求書」が存在しているかららしい。
この請求書については、報道によって漆間巌元警察庁長官が言及しているとされているから、おそらく「存在」するのだろう。ただし、この「献金の請求書」が実は「でっちあげ」だと推定される。つまり、この「献金の請求書」が「西松建設事件の告発者」か、関係者かによって「証拠でございます」と持ち込まれているものであると思われる。ちょっと考えてみてもらいたい。どこの馬鹿が、献金について請求書を作るのか?ちなみに請求書を偽造するなどは恐らく簡単である。

女性記者との合コン→中川泥酔会見事件にしても、今回の献金請求書偽造→小沢秘書逮捕事件にしても、背後にアメリカの意図があるのは各ブログからの指摘の通りだと思うが、私が感じるのは、その手口があまりに稚拙で、あまりに拙速であることだ。あの9・11自作自演よりもはるかにチンケだが、はるかに安易な仕掛け(罠)であり、「最早形振り構わっていられない」といった様相だ。アメリカ(金貸し)の焦りが9・11の時よりはるかに強まっているのは間違いない。何を焦っているのか?
言うまでも無く、世界経済危機の深刻化である。ディビッドであろうがジェイであろうが、ロスチャイルドであろうが、彼らの心理は資金繰りに窮した一般企業の経営者と同じである。目先であっても「とにかく当座の資金繰りを何とかしなければ」。そして、今や唯一の資金の出し手は日本(と中国)である。日本から資金を引っ張るためには、手段を選んでいる暇はない。後先考えずに、どんな稚拙な仕掛けでもやらねばならない。それが金貸しが置かれた今の心理状況である。
最近の日本の政局の混迷は、彼ら追い詰められた金貸したちの最後の足掻きを反映したものである。逆に言うと、今回の世界的な経済危機の深刻さを示している。これまで市場(資本主義)を先導してきた金貸しにも今や出口はない。それどころか日々の資金繰りにも窮する始末である。
そして、金貸しが資金繰りに窮するという事態は、金貸し史上始まって以来初の出来事である。このことが指し示すものは、現在世界中で進行している危機が、資本主義の崩壊という市場の最終局面であるということだ。その深刻さは’29年世界恐慌の比ではない。’29年当時は貧困の時代で、金融システムの崩壊で一旦は経済は底に落ちたが、まだ市場拡大の余地が残っていたので、再び拡大に転じた(また、金貸しが儲かることはあっても資金繰りに窮するなどという事態はなかった)。が、今回の恐慌にはそんな出口はない。
だから、金貸したちは(目先であっても)「明日の資金繰りをどうする?」と焦り、形振り構わぬ足掻きを繰り返しているのではないだろうか。
(本郷猛)
るいネット
メルマガ

List    投稿者 hongou | 2009-03-10 | Posted in 10.日本の時事問題5 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2009/03/1072.html/trackback


コメント5件

 ネトウヨのブログ | 2009.06.29 23:59

NHK偏向番組・共産党が高く評価

 NHKが日本の台湾統治について、偏向した番組を放送しました。現在それに対し、さまざまな訴訟が起こっていますが、共産党だけがNHKをほめたたえていました。…

 匿名 | 2009.06.30 19:46

今後のネット世代予備軍としての子供のネットに対する理解は非常に重要ですね。
今のままでは、2ちゃん同様、いずれ場が荒れてしまって誹謗中傷の場に変化するのは時間の問題のように思いました。
仰るとおり、
>参加者に課題を提示し、場を管理していく、「導き役」の存在が、コミュニティサイトを統合し盛り上げていくのに不可欠<
課題の提示がどうみんなに共認されるのかがポイントだと思います。

 Crazy Train | 2009.06.30 20:18

子供のネット利用の現状がわかりやすくまとまっていてわかりやすかったです。読んでみて改めて感じたことがあります。
●親は子供を安心な場で放し飼い→このサイト周辺なら安心=親が安心なだけで子供はどうだろう?
●子供は共認欠乏→だべるだけ→無目的で解決しない
この状態だと管理者が儲かるだけで利用者、その保護者にとっては充足できる可能性は低いままです。
教育どうする?という事実追求やサイトを導いていく役割が本当に必要だと思いました。

 kaku | 2009.07.03 6:27

コメントありがとうございます
>課題の提示がどうみんなに共認されるのかがポイントだと思います。
その通りです!もし上から押し付けるような形で課題を
示したら、間違いなく無視されるでしょうね^^;
子供たちみんなが求めているのは、より多くの人から必要とされること、役に立つこと、評価されること、つまり【共認充足】であるということを理論的に押さえておく必要があります。
「本当はこの充足を求めていたんだよね」と子どもたちの欠乏を固定し、「実はみんなもそうなんだ!」ということに気付いてもらえれば、さらに盛り上がっていけると思います。

 australia hermes | 2014.02.01 7:37

fake hermes evelyne bag 日本を守るのに右も左もない | 子供たちのネットコミュニティの現状は?

Comment



Comment


*