2021年06月17日

世界革命と人口削減はセットで進む。生き延びるには自ら考え突破口を見つけ出すこと

イスラエルはネタニヤフ政権が終了。世界革命が表立って動き出せる段階に来たか。(イスラエル 連立政権が発足 12年間続いたネタニヤフ政権交代

国内では内閣不信任案が否決はされたが、これももう時間の問題だ。

にほんブログ村 政治ブログへ

そして日経新聞でも6月15日に、以下のような意見広告が掲載された。 

ワクチンには、どうやらロットナンバーが存在しており、接種後ただちに死に至るもの、数か月後に死に至るもの、3~5年後に死に至るものが、存在しているようだ。下記のロットナンバーは、直ちに死に至るものなのだろう。

ところで、冒頭のイスラエル。マスクの着用義務が不要となり、その時の子どもたちの喜ぶ様子がこれだ。

同様にアメリカでは、ニューヨーク州やカリフォルニア州において、ほぼすべての規制が撤廃され経済活動が全面的に再開された。(リンク

ワクチンの接種者が一定数を超えたことによる解除とされているが、それは表向きの理由に過ぎない。トランプやプーチンや習近平、その背後にいる奥の院による世界革命は、下準備を終えたということだろう。ワクチンによる人口削減はこの革命とセットだ。

一方で明るみになるワクチンの正体。(リンク

やっとニュースになりました!コロナワクチン接種死亡者の解剖→全身臓器にスパイクたんぱく質が付着!

つまり、コロナワクチンは体内で免疫反応を引き起こしたものの、ウイルスの拡散、ひいては有害なウイルスのスパイクタンパク質の体内への拡散を阻止することはできなかったようだ。

これは、コロナワクチンが有益であるよりも有害である可能性が高く、実際にコロナウイルスの拡散を加速させる可能性があることを示す、衝撃的な科学的証拠である。

使用されたワクチンはBNT162b2。これはファイザー社のバイオンテック社のワクチンです。

これから数年かけて急激に世界人口が減少していく。その先にある時代を生きていくためには、このカラクリに気付き、この現実を直視した上で、生き延びることのできる可能性を、それこそマスコミ報道に左右されることなく、自らが考え見つけ出していくしかない。

コロナの正体はスパイクタンパク質による血栓であること、アスピリンはその対処として効果が大きいということは、その一つだ。(リンク

 

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2021/06/12439.html/trackback


Comment



Comment


*