2006年11月29日

政策議論を踏絵にするな!~「造反組」復党問題~

「民営化反対とは言っていない」復党4人が弁明会見

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061128i103.htm

堀内氏は、「温かい気持ちをもって、首相に復党のゴーサインを出してもらい、感謝の気持ちでいっぱいだ。基本的に郵政民営化に反対ではなく、選挙期間中の会見、公報でも反対とはひと言も言っていない。賛成だ」と強調した。山口氏も「民営化自体は反対ではない。衆院選でも党内手続きがあまりに乱暴だったということを論争した」と語った。



ないとう@なんで屋です。

「反対とは口では言っていないけど、反対票は投じた」郵政民営化造反組が自民党に復党した今日この頃、いかがお過ごしですか?(復党の是か非か以前に、この発言だけでも紛糾しそう・・・)
そもそも、この復党問題は、小泉氏の「郵政民営化に反対したものは、立候補する資格なし」という信念(?)が自民党内で幅を利かせ、刺客候補が立てられていった事に端を発している。
しかし、日本全体の状況を考えて見たときに、郵政民営化の問題は、財政政策問題の一つに過ぎないのであり、それを「信念の闘い」などと言い切った中川秀直幹事長の言葉は、小泉と同じサル芝居にしか過ぎない。
安倍晋三総理大臣と中川秀直幹事長は、「スジを通すため(=支持率を低下させないため)」に誓約書を書かせたのだろうが、そもそも「郵政民営化が日本のためになる」って言うスジがズレているんだから、スジもクソもないしね。
しかも、そのズレているスジは、一つの政策問題でしかないのに、それをもって自民党を「やめるかやめないか」とか「入党していいかどうか」などという問題に拡大する事がオカシイ。
今日も読んで頂いてありがとうございますm(__)m
ポチっと押してから、続きを読むへ。

にほんブログ村 政治ブログへ


★今回の復党問題に関しては、他のブログでも様々な意見が書かれています★
文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』
復党議員に告ぐ。二度と「正論」を吐くな。

馬鹿かこいつら。日本人の恥だね。ここまで日本の政治家は堕ちたのか。こいつらの発言と行動は、二度と信じないし、見たくないね。人間として、日本人として、政治家として最低だね。

日本がアブナイ!
教基法改正の世論 + いじめで出席停止?! +  復党問題の「みそぎ」と安倍氏不在

安倍氏が自民党の代表&責任者であるにもかかわらず、結局、最後までこの件に距離を置いて人任せにするような形のままであることに、もっと疑問や批判の声が出てもいいのではないかとも思う。

らんきーブログ
筋ナシ政治家 11名 一丁あがり

しかし、私はキライです。郵政民営化の是が非かを問う選挙をこいつらは無にしたのです。こいつらの政策はこれから何も信じられません。
生きる為に「男の筋」を差し上げる政治家なのです。筋フェチからも嫌われるでしょう。
彼らの出世や、やりたい仕事への道筋はもうエロ蛙に握られているのです。二度と逆らえない自民党という古い体質の中でただの党議拘束の僕(しもべ)として「ただいる」だけの政治家として頑張ってください

或る浪人の手記
造反議員、復党へ

 更に、上にも記したように、この連中の軽薄な行動により、国民の政治不信は更に加速し、次の参院選での投票率が下がってしまう事も想定され、そのような事態になれば、創価学会という巨大な組織票を持つ公明党なる腐れ外道が、ますますその力を余す事無く発揮する事となり、連立与党内での発言権を更に強めるという事にも繋がります。

佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
本当の踏み絵は憲法改正

来年の参院選は安倍晋三首相にとって、憲法改正への最大の勝負所だ。郵政の後始末など中川幹事長に丸投げで十分なのだ。こんなことにまででしゃばっているようでは逆に心もとない。郵政民営化のことなど国民には既にどうでもよいことで、思い出に過ぎない。復党によるマイナスはほとんどないと見ていいだろう。

木走日記
国民への説明責任をまったく果たしていない魑魅魍魎たち

彼らは自身の後援会の顔色しか見ていないようですが、彼らに貴重な一票を投じたのは何も後援会の人だけではないのです、「復党を望む支援者の声が強かった」(古屋圭司(岐阜5区))などと都合のいいことを言ってますが、それでは政治的筋がまったく通らないでしょう。

王様の耳はロバの耳
郵政造反組 11名復党

自民党は党利および私怨を隠し平沼氏を排除した
小泉前総理に端を発している権力闘争を無かった様に口を拭い平沼氏が復党出来ないような条件を突きつけて「国民の理解を得る云々」はまやかしである
それに「そんな事は中川幹事長に言われたくない」との不見識な行動が幹事長になかったのか?

List    投稿者 tnaito | 2006-11-29 | Posted in 10.日本の時事問題3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2006/11/93.html/trackback


コメント3件

  | 2006.12.07 22:20

 信じられないような無残な事件だが実際に起きている。
 本能では同種を殺せない筈なのに、狂った観念によって人は殺人を犯す。事件簿を手繰ると狂った観念がさせた狂気の行動が累々と連なる。
 非充足の心は観念を歪ませるし、歪んだ刷り込みは心を蝕んでいく。狂った観念を塗り替える観念が必要だし、非充足状態の心=回路が再生されることも必要。
 人類とは、生物とはどういうものか?その構造を理解して、充足に向かう方法をみんなで広めていくしかない。

 匿名 | 2006.12.08 9:28

>このところ、幼児殺人、虐待、親族殺人が茶飯事
>信じられないような無残な事件だが実際に起きている
殺人が頻繁に起きているとか信じられないような事件が、と言う人は、テレビの見過ぎです。

 hermes handbags spain | 2014.02.02 20:37

hermes usa career 日本を守るのに右も左もない | 自己中は有罪、心身症は無罪、その原因は?

Comment



Comment


*