2007年06月30日

『消えた年金』問題は、朝日新聞が作り出した!?

「週刊アカシックレコード」より
   
自民党の支持率を急落させた「消えた年金」問題は、実は朝日新聞によって作為的に作り出されたテーマだった、とする驚くべき分析があったので、紹介します。
こちらをクリックしていただくと、読者が増えます :D

(さらに…)

  投稿者 yaga | 2007-06-30 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配1 Comment » 

アメリカ連邦準備制度(FRB)を解明する

FRB.jpg
『晴耕雨読』さんの「連邦準備銀行と日銀の違い:ドル紙幣は貨幣ではなく「利子がつかない小額の国債」」は卓見である。
その要旨は、

アメリカ連邦準備制度(FRB)は、ドル紙幣を印刷してアメリカ政府の国債を引き受ける。 アメリカのドル紙幣とは「利子のつかない国債=借用証書」である。FRBの株主たち=出資銀行団は、国債の利息分を丸儲けしている。国家財政が赤字になればなるほど、FRBは儲かるという仕組みである。しかも法人税まで免除という特典つき。

「これは、アメリカ国民の富の略奪以外の何ものでもない…」では済まず、日本をはじめ世界からの富の略奪機関がFRBだと思っています。(中略)FRBについては実態も論理もまだ読み切っていないので、資料や考えるきっかけを提供していただければ助かります。

アメリカの金融支配の中核にあるFRBの解明に入ろうと思う。
 

(さらに…)

  投稿者 hongou | 2007-06-29 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造1 Comment » 

売国政策の王道パターン~社会保険庁の解体

1.JPG
社保庁の公的個人年金のCM(クリックしてもリンクしません!)
 
次から次へと噴出する社会保険庁問題。テレビや新聞を見ると、社会保険庁はケシカラン!と怒りたくなる気持ちもわかりますが、まあ落ち着け。
↓続きを読む前にクリックをお願いします↓

(さらに…)

  投稿者 taku | 2007-06-28 | Posted in 02.アメリカに食い尽される日本4 Comments » 

医療制度の改正は「誰のため」のものなのか?

ないとう@なんで屋です。

 小泉元総理の時代から、日本の医療制度の改革が急速に進んでいます。
郵政民営化に引き続き、あらゆる「日本の資本」がターゲットになっています。
例えば、医療費の自己負担率アップも、国家財政が逼迫しているという単純な理由だけではないようです。混合診療の解禁も検討され続けていますが、これも、未承認薬を使用しやすくする、という単純な理由だけではないようです。また、「医療費が国家財政を圧迫している」と公的医療費(→国民負担率)を抑制しようとしていますが、これもこんなに単純なものではありません。 

自己負担率アップには(アメリカの)民間保険会社 
混合診療の解禁 には
(アメリカの)製薬会社 
公的医療費の抑制には
(アメリカの)民間保険会社 
の強い意図と強い圧力が背景にあります。 

詳しい内容は下段に譲りますが、医療制度や医療法の改正がこんなところまでアメリカの意図と圧力によって形作られているのを知ると、一体「日本の医療」とは誰のためのものなのか?と非常に違和感を持ちます。
 こんな状態に至ってしまうのは、対処療法に過ぎない(西洋)医学の限界に近づきつづあることと、地域共同体が破壊しつくされ何をするにも金がかかる市場原理社会の限界に近づきつつある事の二つが大きな原因だと思います。「根本から考えようとする人がほとんどいない」現状にも危機感を覚えます。

市場原理主義の怖さ;アメリカの実情は日本の将来図

(さらに…)

  投稿者 tnaito | 2007-06-27 | Posted in 02.アメリカに食い尽される日本7 Comments » 

2005年の衆議院選挙(小泉選挙)を振り返る

郵政民営化反対か否か。」
小泉さんの連呼が思い出される。
郵政民営化が、るいネットを通じ、『年次改革要望書』→アメリカの国益になっても、日本国民の国益にはならないことを知っていたが、(何も出来ず)自民党圧勝で幕を閉じた。
来月、参議院選挙を向かえるにあたって、又、国益派(議員)という視点で見たときに、
郵政民営化に反対した議員は、一つのカギになるのではないかと思う。実際、サイトを探索すると、真剣に国益のことを考えて「郵政民営化反対」を訴えている議員がいることを知った。また、テレビの議論番組で訴えていたが、全てカットされている事実も見受けられる。
続きを読む前にポちっとお願いします。

(さらに…)

  投稿者 sodan | 2007-06-26 | Posted in 02.アメリカに食い尽される日本10 Comments » 

膨む世界の金融資産、巨大化するウォール街金融機関

6月22日の日経新聞に現在の世界金融資産の総額と、それを吸収して巨大化するウォール街金融機関について記事がでていた。
・マネー、「京」単位
>みずほコーポレイト銀行の推計によると、世界の金融資産総額は140兆ドル。円換算で約1京7千兆円と「京」の単位に膨らんだ。その金額は世界の国内総生産(GDP)の3倍強にのぼる。
・ウォール街 金融高度化で「膨張」
>もはや大手米銀のビジネスの柱は単なる融資ではない。証券会社も株式や債券を販売するだけの存在ではない。ファンドと一緒に投資案件を発掘し、自らも資金を供給して収益を追及するビジネスがウォール街の主流だ。
>典型がゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、シティなど。イングランド銀行が「巨大複合金融機関」とよぶ米欧の大手16社の総資産は昨年末現在で22兆5千億ドル。米国とユーロ圏のGDP合計額に匹敵する。

(さらに…)

  投稿者 ihiro | 2007-06-25 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造9 Comments » 

アメリカの民主党・共和党

%E7%84%A1%E9%A1%8C1.bmp
アメリカの今後の動向を知る上で、アメリカの2大政党である、民主党・共和党のそれぞれの成立過程・宗教的思想・支持母体・外国との戦争を開始した事例を調べてみました。
興味がある方はランキングUPのためにクリックに協力願います。
 ↓ ↓ ↓
以下ウィキペディアより抜粋

(さらに…)

  投稿者 tamio | 2007-06-24 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造2 Comments » 

IMF・世界銀行・WTOの正体 : 民営化・自由化させることで国家資産を収奪する機関

IMFや、世界銀行の本当の役回りについては、もう少し詳しく調べておく必要がある。IMFや世界銀行の真の姿についてよく知っている人物がいる。グローバリズムの危険性について警告を繰り返している、ジョセフ・スティグリッツ氏。
ジョセフ・スティグリッツは、かって世界銀行のチーフ・エコノミストだった。彼は世界中から収奪するグローバリズムを推し進める世銀の方法に気がつき、反抗してクビになった。以下の引用は、事情をよく知る彼の内部告発でもあります。
    ph.jpg            %E9%87%91%E3%81%A7%E8%B2%B7%E3%81%88%E3%82%8B.bmp

(さらに…)

  投稿者 ihiro | 2007-06-24 | Posted in 08.近現代史と金貸し13 Comments » 

アメリカ崩壊→世界同時崩壊を防ぐには?

こんばんは~、しのぶです
最近、「これだけアメリカが侵略 ばかりしているのは、実は相当追い込まれているからでは? 」と思うようになりました (参考投稿→戦争がなくならないのはなんで?:ノート2
そんなアメリカは、どうやら最近中国に、一生懸命ラブコール を送っている模様

>ウォルフは、G7をやめて、代わりにアメリカ、欧州(ユーロ圏)、日本、中国という世界4極会議を持った方が良いという、大胆な主張までしている。※マーティン・ウォルフ:FT紙(フィナンシャルタイムス)の主席の解説記者
>5月中旬に海軍どうしの軍事交流のために中国を訪問したアメリカのキーティング海軍大将は、中国側の軍幹部から、中国も空母を持ちたいという希望を聞き「空母の建造と運営は大変な事業だが、中国が本当に空母を持ちたいと望むなら、その気持ちは理解できるので、アメリカは喜んで協力したい。アメリカはこの分野で中国と不必要に敵対するつもりはない」と記者会見で表明した。
>5月下旬には、欧米間の軍事同盟体であるNATOの幹部も、インタビューの中で、中国との緊張関係を完全に解き、軍人どうしの交流関係を持ちたいと表明している。

でも中国は 8) ・・・

(さらに…)

  投稿者 nisi | 2007-06-24 | Posted in 06.経済破局の行方11 Comments » 

地球温暖化防止のアピールは闇の支配勢力による原子炉利権が狙い

%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%82%89.jpg
京都議定書の離脱表明に見られるように、これまでアメリカは地球温暖化対策に対して全く協力的ではなかった。これはブッシュの背後にいる闇の支配勢力の石油利権を守るためであったと考えられる。しかしアメリカ民主党勢力の台頭によって、アメリカの地球温暖化防止に対する姿勢が少しづつ変わっているようだ。つい先日、ついにブッシュも地球温暖化に対する政策転換を打ち出している。
しかし、この動きの背後にはもう一つの闇の支配勢力がからんでいるようで、アメリカ民主党を軸としたこの勢力が地球温暖化を前面に打ち出す裏には、原子炉を売ることを目的とし、エネルギーで世界を支配することを画策しているようだ。
続きの前にポチポチッとお願いします。

(さらに…)

  投稿者 hiroaki | 2007-06-23 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造4 Comments »