2018年05月03日

天皇を表に立てる闇勢力とは?

 日本のマスコミや政治を動かして日本を支配する闇勢力がいると思われる。
天皇を表に立て、一体となり日本を私物化・支配してきた。(古代からの市場勢力、秦氏や藤原氏の末裔か?)

これまで彼らは、ロスチャイルドやロックフェラーの尻馬に乗り蓄財と資力増大に注力してきた。
ここに驚くべき数字がある。

にほんブログ村 政治ブログへ

>1867幕末 現在価格7億円 1889日清前343億円(50倍) 1945敗戦3.5兆円(5000倍)
但し、敗戦時の3.5兆円はGHQが確認できた数字だけで、その他に、国土の10%の土地が120兆円、金塊2.4万トンだけでも110兆円等、数百兆(幕末の50万倍)に上ると推定されている。なお、天皇家はその資産の殆どを敗戦前にスイス等の秘密口座に隠している。
リンク

彼らは、世界でも文字通りトップクラスの蓄財を果たしたと思われる。
下記に夥しい証拠記事がある。
金さえ貯めて、それに権威をくっつければ、マスコミや学者、政治家は言うがまま、好きなようにできる。(自分から寄ってくる)

安倍へのマスコミの世論支持率が乱高下しているのは何故か?
言うことを聞かせようとしているか、そろそろ次を考えているのかもしれない。
金貸しからプーチン・習金平・トランプ・北朝鮮という民族派が牛耳る世界へ世界情勢の急変。
日本の闇勢力は何を考えているのか?

いままでのように強い奴等の尻馬に乗ることを考えているに違いない。・・・
彼らは日露戦争、第二次大戦と戦争の度に人々の血と引き換えに肥え太ってきた。
またその血の匂いを嗅ぎ取って準備をしているのかもしれない。
・・・今後、少し彼らの思考について考えてみたい。
※闇勢力は、学者やマスコミをコントロールしながら、神聖な天皇の権威・イメージを作り上げ、事実を覆い隠してきた。
しかし、天皇を巡る事実は驚愕すべきものであり、日本人・民族の権威の頂点に置くには非常に危険な連中であることを認識する必要がある。徹頭徹尾自分達の蓄財・利権であり自己中、日本民族に対する背任行為である。日本を守るためには、事実を公にし、裁く必要がある。

『戦前に最強財閥だった天皇家!天皇家と政治家の癒着が凄すぎワロタwww』(NAVERまとめ)リンクより転載します。
—————————————————————-
●超大富豪となった天皇家
出典 リンク
当時の民衆を操作して、世界でも有数の莫大な富を手に入れる事に成功しました。そして戦争へ向かいます。

・皇室予算だけではこのような金額を貯蓄することは不可能であるが、当時皇室は横浜正金(後の東京銀行)、興銀、三井、三菱ほか、満鉄、台湾銀行、東洋拓殖、王子製紙、台湾製糖、関東電気、日本郵船等、大銀行、大企業の大株主であり、その配当総計は莫大なものであった。
出典:昭和天皇が戦争狂になった訳 中川隆リンク

・大日本帝国憲法下では、皇室財産は御料、御料地と呼ばれ、帝国議会の統制外にありました。
出典:戦前の皇族は世界一の超大富豪と聞いたのですが、具体的にどのくらいだ… – Yahoo!知恵袋リンク

●昭和天皇
出典:リンク
庶民が知らないところで、戦争によって多くの資産を蓄える事に成功しました。

・昭和天皇に関しては大資本家、そして大日本帝国軍の最高指揮官としての商才を遺憾なく発揮した人物
出典:「株式会社 日本」の大株主であった、天皇財閥 2 – るいネットリンク

・戦争中、全ての日本人は餓死寸前の中、軍需工場で「無給」で重労働を行っていたのです。そうした重労働と日本人男性=軍人の死によって戦争によって得られた賠償金を、国民のためでなく自分の私的財産として天皇は着服し、密かに蓄財
出典:天皇家の秘密-再掲: 日本人は知ってはいけない。リンク
出典:リンク

・財閥解体の時にも、天皇の財産は国政返還が行われているが、実際に返還されたのは一部の資産であり、多くの金塊等は自社の保有する船舶(日本郵船)によって、そそくさとスイスやアルゼンチンの銀行に運び込まれた
出典:「株式会社 日本」の大株主であった、天皇財閥 2 – るいネットリンク
*現在も天皇家の資産は、スイスに多くが保管されていて、内務省の一級機密として扱われています。

・天皇は、1940年代初頭からスイス銀行に少しずつ蓄財を「移し」始めますが、ヨーロッパにおいてナチス・ヒトラーがユダヤ人から奪った貴金属を管理していたのもスイス銀行でした。
出典:天皇家の秘密-再掲: 日本人は知ってはいけない。リンク

●他国への侵略戦争でボロ儲けした天皇家
出典 リンク
天皇家と財閥は、他国への侵略戦争で、ボロ儲けしていました。国民が死んでも知ったことではありません。リンク

・国民や農民の資産が 皇室に集まる仕組みが出来上がった。それと同時に軍人勅語・教育勅語等が準備されていく
出典:約20%の日銀株を持つ天皇家 – 紙幣の不思議2 リンク

・アジアへの侵略が深まれば深まるほど儲かる銀行や会社の大株主だったのである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(引用以上)

関連記事
日本には究極の“なりすまし”がいる、・・・天皇一派
田布施システムを構成する大企業、電通、山口組・・・

by Hiroshi

List    投稿者 nihon | 2018-05-03 | Posted in 04.日本の政治構造, 05.染脳国家日本1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2018/05/7551.html/trackback


コメント1件

 喰うかい | 2018.05.23 1:31

大変参考になります。
何か良い方法があるといいですね。
問題点が明確になってきているので、「傾向と対策」が見つかるといいですね。

Comment



Comment


*