2021年04月18日

トランプ、アメリカ宇宙軍創設は何のため? 宇宙人は存在するのか?

世間はコロナ騒ぎが相変わらずで、いい加減ウザい。東西の大都市の知事の発言が、有権者を楽しませるための喜劇と思っていたら、ワクチンに至って悲劇に見えてきた。マスコミへの点取り虫みたいな各知事(受験脳なんだろな)や政治家の発言を見ていると、真っ先にワクチン打って消えてもらったほうが世のためというもの。
そんな、表向きの世界の裏側、事実界では、何が起こっているのか、何が事実なのか?それを知るには、仮説を組みながら整合性を図るしかない。

にほんブログ村 政治ブログへ

・・・なかなか面白い説を見つけた。

>奥の院とトランプ勢力の闘いになっているのではないか?それが、トランプ側の改革が進まない理由だと考えられる。奥の院勢力は強いとは言え、トランプ、米軍勢力の軍事力からすると、彼らを倒すのは簡単なはず
それが、できない理由はなにか?そこで、真偽のほどはわからないが、奥の院の背後に宇宙人がいて手ごわいという可能性もある。
玉石混交の宇宙人説から事実を読み解く  より

そういえば、トランプが2年ほど前に宇宙軍を創設すると発表していた。
アメリカ軍のUFO、 TR-3B は、宇宙軍の所属だ。

 

 

★宇宙軍設立の目的はなんだったのか?

2年前の主敵は、ディープステートと中国共産党のはず。
今になって分かったのは、DS地下基地の攻撃への狼煙だったということだ。

しかし、それだけか?宇宙人と何かしら関係があるのか?そもそも宇宙人はいるのか?TR-3Bの技術はどこから?・・・と様々な疑問がわいてくる。

ここに面白い記事がある。アメリカの機密情報をハッキングした男からの情報。

NASAをハッキングした男、イギリス人の『ゲイリー・マッキノン』という人物がいる。
彼のハッキングから分かったこと。以下リンクより

「そもそも宇宙人は存在するのか?」

という事です。

あなたはどう思いますか?
宇宙人はいると思いますか?

実は、ある人物がNASAをハッキングして
宇宙人に関する情報を入手したようなんです。

NASAをハッキングして宇宙人の存在を確信

あなたは、ゲイリー・マッキノンという
人物をご存知でしょうか?

日本では有名ではありませんが、
イギリスでは「ゲイリー・マッキノン」という
カテゴリがあるほど人気な人物です。

彼は、イギリス人の凄腕ハッカーです。

  • アメリカ軍
  • アメリカ国防総省
  • アメリカ航空宇宙局(NASA)

に対して、1年以上にわたって
ハッキングを行っていたんです。

先ほども、ご紹介したニコラ・テスラの
フリーエネルギーに関する情報を求めて
ハッキング行為を行っていたようなんです。

ハッキングを続けていたことによって、
マッキノンは宇宙人やUFOに関する情報を
アメリカが持っている事を知りました。

  • UFOに関する情報
  • UFOに関する情報(反重力など)
  • フリーエネルギー
  • 地球外の将校の名前と階級のエクセルファイル
  • アメリカが保有する宇宙戦艦のエクセルファイル

これがもし、事実であるなら
宇宙人は間違いなく存在しているでしょう。

引用以上

関連記事
NASAをハッキングした男!ゲイリー・マッキノンが語るUFOや宇宙人の存在とは⁉ | 宇宙情報ブログ (space-infoblog.com)

ゲイリー・マッキノンがNASAをハッキングしたのは2001年2月から2002年9月の13か月間。
彼のオタク的な追求心に溢れた表情からは、ウソとも思えない。(どこまで真実かは検証要だが。)

彼のハッキングした情報が事実とすると、宇宙人だけではなく宇宙人の軍が存在し、既に当時アメリカの宇宙戦艦も存在していたことになる。
当時はトランプもまだ権力を握っていない、DS側のアメリカ。

宇宙人が存在するとしたら、生物史・人類史そのものへの関与が想定され、根本的に見直す必要がある。
奥の院そのものが宇宙人の可能性も想像される。

by Hiroshi

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2021/04/12086.html/trackback


Comment



Comment


*