2011年09月04日

野田新首相誕生 小沢の連敗と民主派の挫折

misyutou.jpg
今回の民主党総裁選は野田氏に決まり、総理大臣となりました。
民主党の総裁選は、1回目の選挙は小沢派が推す海江田氏がリードしており、そのまま総理大臣になるかと思われていましたが、2回目の決戦選挙では野田氏が逆転する、というなかなかお目にかかれない形で決まりました。

にほんブログ村 政治ブログへ


■野田政権は、どんな政権になるのか?
noda.jpg
野田氏はその政治家人生の中でも、明確に政策を打ち出したことはあまり無いようです。民主党の政治家の中でも街頭演説に立つ回数が多かったことでも知られるそうですか、挨拶と名前を繰り返すばかりで、政治的な主張をほとんどすることは無かったようです。(野田佳彦という人
ここから、「首相になったら、どういう政策を推進するか」ということについては、ほとんど考えた事が無い(あるいは、隠し続けてきた)ことが分かります。しかも、「そのような政治家でなければ、総理になることはできない」ことを示唆しているように思えます。
これらのことからも、「明確な政策方針無く進んでいく」可能性が、非常に高い政権だと言えそうです。

■小沢氏の連敗
misyutou2.jpg
野田政権が成立したこと以上にネット界に衝撃を与えたのは、『小沢氏の連敗』でした。今回の選挙結果は、小沢氏の政治的手腕や求心力が急速に衰えていることを、図らずも露呈しました。ネット界で政治的主張をしている人の中では、『小沢期待』が根強く残っているのですが、小沢連敗という事実によって、動揺が走っているように思えます。

■基盤を失った民主主義派=民主派
※「民主主義」という制度を不動の前提として信じている人たちを民主主義派=民主派と呼びます。
戦後政治の中で圧倒的多数を占めてきた民主主義派(←右派にも左派にもいる)でしたが、その最大の後ろ盾は「マスコミ」でした。マスコミは戦後一貫して「左派寄り」の論調を堅守しており、その意味で民主派の見方として存在してきました。
しかし、2001年に小泉政権が成立して以降は、全マスメディアが政府官邸の言いなりに甘んじています。この時から、民主派にとって、マスコミは一転して「敵」となっていきます。これは民主派が最大の基盤を失ったことを意味しています。
この時から、右であれ左であれ、民主派は「反マスコミ」に大きく傾き、マスコミに代わる世論形成の場を求めて「ネット界」へと参入してきました。しかし、「反マスコミ」を主張するだけでは、現実世界は何も変わりません。そこで現実世界の期待としては、政党(投票)期待へと落ち着き、民主党、中でも小沢期待を強めていくことになります。結局のところ、民主派の最終的な収束先(出口)は、政党・政治家しかなかったのです。だからこそ、民主派は小沢への期待に収束し続けてきたと言えます。

■大衆意識との断絶が広がっていく
今回の民主党総裁選の盛り上がり不足が示しているように、大衆的には民主党への期待は大幅に縮小しています。野田であろうと、小沢であろうと、誰がやっても変わらないという諦念がますます広がっています。
一方、今回の小沢連敗によって、民主派の中でも小沢に期待し続ける人は大きく減りました。(未だに小沢に期待し続けている層は一部であり、ネット界の保守系論壇の中でも浮き始めているように思えます。)それでも、民主派の最終的な収束先(出口)が政党・政治家でしかない以上、「小沢以外だったら、誰に期待できるのか」に議論が移り始めています。
これまで、「反マスコミ」「民主党(小沢)支持」という点で、大衆意識との繋がりを保ってきた民主派も、今後は「大衆意識との断絶が広がっていく」可能性が高まっています。
※既に囁かれている「小沢の引退」など、彼らが期待できる政治家が全くいなくなってしまったら、民主派の可能性収束先が消失してしまうことになります。そうなれば、民主派は大きな挫折感を味わうことになるでしょう。

(ないとう)

List    投稿者 tnaito | 2011-09-04 | Posted in 10.日本の時事問題3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2011/09/2068.html/trackback


コメント3件

 tanigakihachinanomekake | 2012.08.10 1:30

従米でなく、反日への転向でしょう.くそ慰安婦とか南京むしとか

 通りがけ | 2012.08.10 8:52

「善良」ではなかった日本の「指導者」  ~中部大 武田邦彦教授(ふじふじのフィルターさま)
イタリアでは、豪華客船座礁で真っ先に逃げた船長、警備隊に船に戻るよう促される(気ままなログ倉庫様)ということがありましたが、日本では原発爆発事故で、行政と官邸とマスコミが結託して住民・国民に危険を全く知らせず、「安全デマ」すら流布し被ばくさせる一方、米軍には教えて、行政と官邸とマスコミと米軍と米人が安全なところへ避難するという事態が起きていました。東大OBには避難呼びかけがメーリングリストで回っていたのです。
 今年の1月13日にイタリア沖の地中海で起きた、日本人乗客ら約4200人以上を乗せた豪華客船「コスタ・コンコルディア」が座礁する事故は、1月28日時点で死者17人、行方不明者15人となり、燃料の拡散の懸念も問題となりましたが、滑って落ちたところが救命ボートだったと信じがたいいい逃れをして乗客を捨て置いて真っ先に逃げたフランチェスコ・スケッティーノ船長(52歳)は、詐欺容疑で逮捕され、「自宅軟禁」のち裁判で懲役14万1078年の有罪判決となりました。
 このイタリアの豪華客船の船長は、キッチリと責任を問われたのですが、我が国の原発事故は、住民国民を騙して大量被ばくさせ、いまだに被ばくさせ続けているのに、責任を問われることもなく、もちろん何らの逮捕も罪に問われることもないという、異常事態になっています。住民国民を欺いていた連中がそのまま権力の座に行政の立場にい続けているのです。
 地震・津波・原発禍で避難している住民を何ら救済しないまま、加害者が責任を問われるどころか、東電は値上げして原発事故のしりぬぐいを電力使用者に押しつけ、野田政権は原発の再稼働と輸出をもくろんでいるというありさま。
続きを読む>>http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-2281.html

 hermes dark gray | 2014.02.03 0:48

hermes website service 日本を守るのに右も左もない | あじさい(紫陽花)革命に可能性はあるのか?(3) ~’85年以降、左翼から従米へ転向した日本のインテリ階級~

Comment



Comment


*